CtoC(Consumer to Consumer)

CtoC(Consumer to Consumer)とは

CtoC(Consumer to Consumer)とは、電子商取引(Electronic commerce)の一つの方式、方法のことを言います。Consumerは一般の消費者のことで、一般消費者同士で行われる取引のことや、この消費者同士の取引を補助する仕組みのことを指すこともあります。
このCtoC(Consumer to Consumer)を実現した方法として、インターネット上では例えばオークションがあります。一般消費者がインターネットネット上でオークションを行うためのシステムを構築し、そこに参加したり取引の内容に応じて、出品者や購入者から手数料を徴収する事業が一定の栄光を収めています。このインターネットオークションを行っている事業者は多数あり、そのオークションだけを専門に行っている業者や、インターネットの検索ポータルサイトなどと組み合わせた企業など、さまざまな展開が行われています。

CtoC(Consumer to Consumer)のお役立ち情報

CtoC(Consumer to Consumer)は、国内の商取引の中でも、年を追って規模を拡大しています。これはインターネット通販自体がスマートフォンの普及が拡大し、誰でも手軽に売り買いに参加できるといった、流通業界の一般的な購入形態を変化させていることによります。インターネットでの消費は、スーパーマーケットやコンビニ、百貨店での消費を上回りつつあります。
さらに最近では、インターネットのオークションのほかに、だれでも簡単にインターネット上のお店を持つことができるようになってきました。サイトの基本的なデザインや、お金のやり取りをクレジットカードなどで行う仕組みなどはあらかじめ準備されているため、利用者は販売したい商品を登録するだけとなっています。
こういった新しい切り口の、CtoC(Consumer to Consumer)が現れ、されに市場を拡大しています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績