DCCM理論

DCCM理論とは

すぐれた商品を開発したとしても、それがすでに市場に出回っているようなものであれば、その開発は意味をなしません。類似商品があれば価格競争が起こり、それによって価格は引き下げられるために、利益を得る事は難しくなってくるのです。そのため、類似企業を競争によって打ち負かすことができれば、市場で有利に利益を得る事ができます。DCCM理論とは、この競争によって打ち負かす力に関する理論です。DCCM理論のDはDiffentiating、つまり差別化を意味します。類似商品を販売する企業と競争をすれば不利になるわけですから、それを避けるために類似商品ではないということをアピールすれば良く、そのためには差別化が必要です。

DCCM理論のお役立ち情報

競争に打ち勝つためには、差別化はもちろん必要なのですが、それ以外にもいくつかのことが必要です。DCCM理論では、差別会議のものも重要視されます。DCCM理論の一つ目のCはCompetitive、つまり優位性を指します。類似商品よりも優れている点を意味するのです。二つ目はConvincing、説得性を指します。説得力のある事実、あるいはイメージが必要とされるのです。MはMarketability、市場性を指します。消費者が必要とするものでなければ市場が存在しません。できるだけおおくの消費者が必要とするような市場を選んだ方が、差別化や優位性、あるいは説得力はさらに効果が高くなると考えられるのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績