DNS(Domain Name Service)

DNS(Domain Name Service)とは

DNS(Domain Name Service)のドメインとは、インターネット上の住所のようなものといえます。本来、住所はIPアドレスと呼ばれるビット列なのですが、これだと正確に入力することが難しく、入力できたかどうかの判断も難しいといえます。その点、DNS(Domain Name Service)を使用すると、文字で表現できるので、間違いが少なくなるとともに、文字に意味を持たせることができるようになります。DNS(Domain Name Service)を使うことは、宣伝の第一歩ともいえるのです。ただし、ドメインを取ることは早いもの勝ちの世界です。取りたいドメインの、事前の取得準備をしておくことが必要になります。

DNS(Domain Name Service)のお役立ち情報

DNS(Domain Name Service)は、ドメインとIPアドレスを結びつけてインターネット上の住所を使いやすくする仕組みといえます。ドメインを指定すると、ネームサーバと呼ばれるサーバを使ってIPアドレスとドメインを結びつけ、IPアドレスを使って実際のサーバにアクセスすることになります。これは、サーバを移転しても、アクセスするためのドメインは、DNS(Domain Name Service)を使っている限り変更をする必要がないということです。ただし、IPアドレスを切り替えた(サーバを移転した)場合は、完全に切り替わるまでに最大で数日の時間がかかる場合があるので、その分のタイムラグが発生することは覚えておきたいところです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績