GTD(Getting Things Done)

GTD(Getting Things Done)とは

GTD(Getting Things Done)とはワークフローの管理方法の一種です。同名の書籍の中でデビットアレンという人が提唱していたことからGTD(Getting Things Done)と呼ばれるようになりました。主にアメリカでのナレッジワーカーを中心に非常に人気を博していましたが、最近では日本においても徐々に取れいれられてきています。仕事術ともいえ、予定やスケジュールの管理はもちろんですが、モチベーションを祖なわないための体制なども含まれることが大きな特徴です。
目的は生産性をあげることに他なりませんが、心理的な負担を減らすことに特に力をいれたワークフローの管理方法です。5つのメソッドをリストとして記録しておき、そのリストに沿って実際の仕事をこなします。

GTD(Getting Things Done)のお役立ち情報

GTD(Getting Things Done)は従来の単調なタイムマネジメント(時間管理手法)で補えなかった年々複雑化している昨今の仕事場において次々に割り込んでくる仕事やトラブルによって破綻しないことが大きな特徴です。従来では仕事に優先順位をつけて優先度の高いものから順にこなしていく方法が主流でした。GTD(Getting Things Done)ではタスクリストを作ることを進めており、新しい仕事が舞い込んできた場合、すぐに終わるような仕事だった場合など、状況によっては優先度を考えずにすぐに終わらせるべきだと主張しています。
GTD(Getting Things Done)では特別な道具やソフトなどは必要ありません。紙やクリップ、それから手帳などができれば誰でもできることで、最近では簡単なソフトウェアやEvernoteなどのネット上の簡単なサービスを利用する場合もあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績