JPEG

JPEGとは

コンピュータやインターネットの発達により様々の情報が表示できたり通信によりやりとりが出来る様になってきました。その為にコンピュータやインターネットで取り扱われるデータの量も飛躍的に大きくなってきています。この様な状況の中において、インターネットの通信時間の短縮や記憶装置の容量資産の有効利用の為に圧縮技術が発達してきています。中でも、これらのデータの中で最も大きな容量を必要とするものが画像である為、画像の圧縮技術については様々の形式が考案されています。画像圧縮技術の1つであるJPEG(Joint Photographic Experts Group)は、多数ある関連技術の中で最も高い圧縮率が実現できる画像圧縮方法です。JPEGはホームページでの表示などで最も使われている画像の形式です。

JPEGのお役立ち情報

画像圧縮技術には、画像の圧縮と復元が可逆的に行なえ圧縮画像を完全に元画像に戻せる可逆圧縮と画像圧縮と復元が非可逆的にしか行なえず圧縮画像から完全には元画像に戻せない非可逆圧縮があります。可逆圧縮は完全に元の画像に復元できますが圧縮率をある程度以上にする事は難しくなります。それに対し非可逆圧縮は、完全には元の画像を復元できませんが、容量を比べ飛躍的に小さく出来ます。JPEG形式は非可逆圧縮による画像形式であり、その容量の小ささからホームページ上の画像で最も使われています。JPEG形式での画像圧縮の場合には幾つかのオプションによって圧縮率の調整を行う事が出来ますが、圧縮率を高くすると完全な再現はできなくなり、コントラストの高い画素の境界にブロックノイズと呼ばれるノイズが発生します。この形式での画像圧縮時には再現される画像に必要なスペックを予め検討しておく必要があります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績