KJ法(ケイジェーホウ)

KJ法(ケイジェーホウ)とは

KJ法(ケイジェーホウ)とは文化人類学者の川喜多二郎氏が開発した集団による一つの問題解決法です。開発者のイニシャルからKJ法(ケイジェーホウ)と呼ばれています。集団でアイデアを出し合い、それぞれのアイデアをまとめ、グループ化し、それについてグループで話し合い、原因の分析を行い問題解決の結論を文章化します。一般的な会社の研修ではポストイットに自分のアイデアや意見を書き、模造紙にはりつけていくやり方が多いようです。一見、シンプルで容易に見えるKJ法ですがプロセスの随所で細かい注意があり、認知度の高い割にはその本質まで理解している人は少ないようです。正しく学んだ指導者のもとでKJ法を行うことが問題解決への第一歩といえるのかもしれません。

KJ法(ケイジェーホウ)のお役立ち情報

KJ法(ケイジェーホウ)は少数意見も十分に尊重され、自由な雰囲気の中で行われるので、新人研修に取り入れられることも多いです。慣れないスーツを着て、緊張した新入社員を待ち受けている最初の関門、新人研修。正しい社会人としてのマナーを身につける新人研修ですが、KJ法(ケイジェーホウ)かぎっては、リラックスした状態で、さまざまな意見を出し合い、それをポストイットに書き、言葉だけを見てグループ化するのではなく、言葉の深い意味や背景の類似性をつなげ、新しい発見や斬新なアイデアや発想で新人らしい解決方法をみつけることがよいやり方でしょう。言葉にとらわれずお互いの考えを知り、尊重することを知ることは社会人にとっては大事なことであり、コミュニケーション力の向上につながります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績