KPI(重要業績評価指標)

KPI(重要業績評価指標)とは

KPI(重要業績評価指標)は、企業で目標とする業績を達成させようとする場合に、業績達成の度合いを計る定量的な指標として使われるものです。また企業では、経営戦略の一環として、現在の業績の状況から目標とする業績を達成するために、今後の施策により業績をどのように変えていく必要があるのかを予測する際に役に立てることができます。
企業が業績目標を達成するためには、企業の成長が欠かせない条件になり、人材の雇用、人材育成、顧客へのサービスの提供度合い、顧客の満足度、企業の評価などさまざまな要素が関連します。目標となる施策を考える際に、KPI(重要業績評価指標)は、このような一般的には定量的に測ることが困難な要素を、一定の基準で定量化した指標にして用いられます。

KPI(重要業績評価指標)のお役立ち情報

企業がKPI(重要業績評価指標)をうまく活用していくためには、関連組織での具体的な業務への落とし込みによる業務改善を普段から行っていくことがポイントとなります。
例えば、重要項目を明記した業務フローチャートにて、KPI(重要業績評価指標)を活用することができます。業務プロセス上にて、業務目標を阻害する要因はないか、また改善できる可能性の程度はどれくらいになるかなどを検討していきます。
業務の流れで、業務の枝分かれが多い部分では標準化ができていなく、統合化するべき業務が存在する可能性があり改善が必要です。
また担当者の流れでは、担当者間にある業務の頻度や担当者数に着眼し、業務自体が複数の担当者間で行われている場合は、ミスが発生しやすい可能性があり改善が必要です。
情報の流れでは、業務の種類、数などに着眼し、確認や照合の作業が多 い箇所には、効率性の低下を招く業務がある可能性があり改善が必要とされます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績