LBM(ロケーションベースマーケティング)

LBM(ロケーションベースマーケティング)とは

LBM(ロケーションベースマーケティング)とは、ローケーション、つまり位置情報をもとにして情報配信することを指します。ここ最近になってスマホを持つ人が増えてきたために、これが可能になったと言えるでしょう。スマホなどの携帯電話には位置情報を提供するサービスがあります。これを利用すれば、現在の位置情報を提供することができます。これによって位置に応じた情報を提供することが可能なのです。例えば、LBM(ロケーションベースマーケティング)を利用すれば現在地の近くにあって、アクセスしやすい店舗の情報を伝えることもできますから、ユーザとしては、希望している商品やサービスをすぐに見つけられるというメリットがあります。

LBM(ロケーションベースマーケティング)のお役立ち情報

位置情報を利用してマーケティングを行うLBM(ロケーションベースマーケティング)は、一般的なマーケティング手法よりも優れています。居住している住所を元にしてターゲットを絞り込むという手法は有名ですが、LBM(ロケーションベースマーケティング)では住所だけではなくて、現在いる場所をもとにして情報提供を行いますから、効果は非常に高いと言えるでしょう。通常の広告では、ユーザが広告を見てから店舗に行くまでに時間が経過しているケースが多いですが、LBM(ロケーションベースマーケティング)を利用すれば、この時間を短くできる事が多いです。商圏内にいるユーザにタイムセールの情報を提供するなどの方法も非常に効果的です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績