OSO (On-Site Optimization)

OSO (On-Site Optimization)とは

OSO (On-Site Optimization)はSEOの概念の一種です。ユーザがウェブサイトに接触したデータを分析して、それぞれのユーザにとって最適なものが何なのかをクラスタリングします。OSO (On-Site Optimization)の考え方によれば、Webサイトを訪れた人の訪問回数や地域、アクションなどの情報によってクラスタリングして最適なページを自動配信させることができます。SEOによって最適なページを表示させるのと同じような手法が用いられているのです。そのためには、ユーザの一人一人の属性を把握しておくことは必要となってきます。すでにアメリカではこのサービスが提供されていて、実際に利用されています。

OSO (On-Site Optimization)のお役立ち情報

OSO (On-Site Optimization)をそのまま日本語に訳せば、ウェブサイトの最適化となります。この「最適化」のOptimizationは、SEOのOと同じです。SEOでは、検索エンジンに対して最適化をします。つまり、検索エンジンにヒットしやすいような環境を作るというのがSEOなのです。これに対して、ウェブサイト上で最適なページを表示させるといった手法がOSO (On-Site Optimization)です。両者は異なるのですが、基本的な概念は同じで、ユーザが必要としているページに誘導するのが目的だと言えるでしょう。スマホが普及したことで、この手法は非常に重要なものになったと言えるでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績