PDCAサイクル

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルのPDCAとはP=Plan、D=Do、C=Check、A=Actionの頭文字をとって名付けられています。
これは、企業が実施する一連の活動のフレームワークとしても用いられています。
具体的には目標を設定し、その目標を達成するための計画の作成(Plan)、そして企てた計画を実際に行動に移す(Do)。行動した結果を振り返ることで当初の目標と比較し、問題や改善点がないか確認し(Check)、解決策や改善を実施すること(Action)で良くしていく流れになります。
また、Actionの後にはPlanの段階に戻り、次のPDCAサイクルを実施します。これを繰り返すことで確実にプロセスが改善することが期待されます。

PDCAサイクルのお役立ち情報

PDCAサイクルは企業の活動だけでなく、個人に対しても応用できます。
具体的には企業の場合と同じく目標達成や習慣の形成といった目的に向かって行動する場合、PDCAサイクルを用いることはフィードバックにおいて大いに役立ちます。また、フィードバックに基づき問題点や改善点を分析し、解決策や改善策を実施することで目標としている理想の状態や自分に近づけることが出来ます。
最後にCheckの結果を確認にした段階は、大まかに3つに分割できます。1つ目に実行できた上に効果もあった。2つ目に実行したが、効果はなかった。3つ目に実行できなかった場合です。1つ目の場合は継続することで今後も効果が期待できます。2つ目の場合は効果がないので別の観点から計画を練り直す必要があります。3つ目に関しては、2つ目と同様に別の観点から計画を練るか、同じ観点でも別の手法を考えるかの2つの選択肢が生じます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績