PHP (Hypertext Preprocessor)

PHP (Hypertext Preprocessor)とは

PHP (Hypertext Preprocessor)は、Webサイトを容易に構築出来るように開発されたプログラミング言語です。
ビジネスの世界でもPHP (Hypertext Preprocessor)はよく使われており、特にECサイトやポータルサイトやソーシャルネットワークなどのネットサービスの開発に使われています。
PHPの特徴としては、HTMLとの親和性があります。
HTMLにPHPを組み込んで拡張子を「php」にすることでPHPプログラムとして動作させることが出来ます。
また、SQLを使ったデータベースとの連携も他の言語以上に行い易く、ネットサービスに必要な機能を構築しやすいというメリットがあります。

PHP (Hypertext Preprocessor)のお役立ち情報

PHP (Hypertext Preprocessor)はデータベースとの連携がしやすいことから、ECサイトなど電子商取引が出来るサイトを企業が構築する際によく使われています。
ネットサービスを構築する上でPHP製のMVCフレームワークが導入されるケースが多いです。
デザイン部分とロジック部分を切り離すことでメンテナンス性の高いWebサイトを開発することが出来ます。
Webマーケティングに必要なアクセス解析機能を作ることで、サイトにアクセスしてきた人の行動分析を行なって、ターゲットに合ったコンテンツを作成するのに役立てたり、Webフォームを作って顧客からの問い合わせが出来るようにするなど様々なことを実現させられます。
PHP (Hypertext Preprocessor)は、Webサービス構築の為だけではなく、UNIX系OSにおいてコマンドラインでスクリプトとして動作させることも可能です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績