ROAS(広告費用対効果)

ROAS(広告費用対効果)とは

企業はオンラインショップで商品を販売したり、サービスを提供したりする時に、ネット広告を通して宣伝を行なうことが一般的です。
ROAS(広告費用対効果)は、売上を広告費で割った指数であり、ROAS(広告費用対効果)によって、使った広告費に対して何倍の売上を得ることが出来たかを示しています。
ROAS(広告費用対効果)の数字が高いほど、効率的に広告の効果を得ているということになります。
オンラインショップは、検索エンジンによる検索結果ページからアクセスする人だけでなく、ネット広告からアクセスする人も多いです。
その為、ROAS(広告費用対効果)を見ながら、広告を出していくことは重要であり、結果的にコンバージョン率を引き上げることになります。

ROAS(広告費用対効果)のお役立ち情報

ROAS(広告費用対効果)を高める為には、広告文最適化を行ったり、検索エンジン運営会社やポータルサイト運営会社などが提供しているネット広告サービスを使っていくことが大切です。
ネット広告には、テキストタイプや画像タイプや動画タイプがありますが、動画などリッチメディアを使う物ほど費用が掛かってきます。
ROAS(広告費用対効果)を高めていくには、売上に合った広告を選択していくことになります。
売上が十分にある場合には、動画コンテンツを採用した広告を採用すると、消費者に商品やサービスのイメージや機能を伝えやすいというメリットを享受することが出来ます。
売上が出ていない場合には、テキストタイプの広告で商品を分かりやすいように簡潔に紹介していくことから始めていくことが重要です。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績