ROI (投資対収益率)

ROI (投資対収益率)とは

ROI (投資対収益率)とは投資した利益に対する利益の割合を言います。ROI(Return On Investment)という意味です。分子が利益率で分母に投資がきます。ROIが良いとは、利益率が大きく、投資が少ないことです。WEBの広告では、広告にかけた費用に対して、どれくらいの効果、実績があったか表現するときの指標になります。実績には商品販売の売り上げが伸びたかがわかれば一番良いですが、分析するのが困難なので、問い合わせ件数とか、資料要求件数などが使用されます。ROI (投資対収益率)は広告に限らず、ビジネスにおけるすべての投資に対して必要となる重要な指標です。無駄な投資をしたり、効果が得られない事業を続けたりすることを見極めたり、改善するのにもつかわれています。

ROI (投資対収益率)のお役立ち情報

WEBマーケティングのROI (投資対収益率)を向上させるには、集客数をより多くして、離脱率を小さくすることが大事です。広告主各社とも検索連動型広告を代表とするSEM施策や、さまざまな集客施策に力を入れていることに重点をおいています。せっかく獲得したアクセスを無駄なくコンバージョンにつなげるための施策に関しては、積極的に実行している広告主は少ないです。購買につながる見込客が検索連動型広告などをクリックした後に、最初にアクセスする広告商品のWebサイトの入り口であるランディングページを改善することがROI (投資対収益率)では有効な手段です。最近LPOといわれるランディングページを最適化する手法を取り入れることが多くなってきています。最終的な目的である、広告サイトに到達するまでの、コンバージョン率を高めることにつながるので、各社がいろいろな方法に取り組んでいます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績