RSSリーダー

RSSリーダーとは

RSSはブログやWebサイトなどの更新情報を発信する為のXMLベースのフォーマットのことです。
更新日時や要約やタイトル該当ページへのリンクなどを記載することができ、この情報を読み込んで収集し、リンク形式で表示するソフトウェアがRSSリーダーです。
レンタル出来るブログサービスではRSSが標準装備されており、閲覧者はRSSをRSSリーダーに登録しておくことで、定期的にRSSを収集してくれるようになります。
メタデータがXMLで構造化されているので、プログラミング言語を使って情報を取り出しやすいというメリットがあります。
RSSリーダーには、常駐型やWebサイトに表示するホームページ型やヘッドラインを表示するティッカー型などがあります。

RSSリーダーのお役立ち情報

RSSは、Webマーケティングにおいて役立ちます。
RSSリーダーを使っている人々へ情報発信を行なうことができ、ホームページ型のRSSリーダーを使うことで、更新情報をXMLで管理してプログラムで加工をしてWebサイトに表示するといった使い方も出来ます。
RSSを生成するには、Webサイトのコンテンツの更新と同時にRSSを作成するように、サーバーでプログラムを動作させるのが一般的です。
CMSツールやブログサービスを利用すると、自動的にRSSを生成してくれる仕組みになっていますので、一般的にはこれらのツールを使えば、意識をせずにRSSを生成することが出来ます。
SEO対策にも有効ですので、RSSを発信するように設定しておくと良いでしょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績