RT(リツート)

RT(リツート)とは

RT(リツート)とは、リツイートとも言われ、ツイッターにおいて使われている言葉のことで、よくイメージとして返信のイメージをよく持っていることが多いのですが、返信という機能ではなく、ツイッターでツイート(つぶやき)を行ったものをフォロワー(フォローしてもらっている)が見ることで、そのつぶやきをほかの人やいろんな人へ見てもらいたい、知ってもらいたいというときに用いられるものでRT(リツート)という機能を用いて自分がつぶやいたものをいろんな人へ発信するということができるのです。これにより、自分が直接フォローし合っている人だけでなく、さまざまな人へと情報を発信する機能であり、これによって情報伝達をよりよくしている機能であります。

RT(リツート)のお役立ち情報

RT(リツート)は、自分がつぶやいたツイートを自分をフォローしているフォロワーが見た際に、RT(リツート)という機能を通してほかのユーザーへと配信する機能のことで、つぶやきを見た人がこのつぶやきをほかの人に見てもらいたい、ほかの人につぶやきを知ってもらいたいなどの場合にRT(リツート)という機能を用いて、ほかの人へと情報を配信するという情報伝達において幅広く用いられております。
もともと、RT(リツート)はツイッターで公式的に作られたものではなく、海外の方がより簡単に情報伝達をしやすく、ネットを使用するため、世界中の人たちとコミュニケーションをとるためのよりよいツールとして活用されるようになりました。今では、世界中の人々とコミュニケーションをとるためにRT(リツート)は欠かせないものとなっております。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績