RTB(Real Time Bidding)

RTB(Real Time Bidding)とは

RTB(Real Time Bidding)は、リアルタイム入札とも言われます。リアルタイムに入札する仕組みで、広告枠の競争入札が常に行われていると言えるでしょう。常に競争入札が行われていますから、配信していたものが急に配信されなくなると言ったこともあり得ることなのです。リアルタイムに競争入札をするためには、入札する広告主は、先に色々なことを設定しておかなければなりません。広告の掲載基準やクリエイティブは先に登録しておかなければなりませんし、ターゲットがどのような人なのかを事前に登録しておくことも必要となります。RTB(Real Time Bidding)の入札はミリ秒単位で行われ、ほぼリアルタイムだと言っても良いのです。

RTB(Real Time Bidding)のお役立ち情報

RTB(Real Time Bidding)が普及し始めたのは自動化が進んできたからだと言えるでしょう。コンピュータによる自動化が進んだことによって、いつでも入札できるようになったのです。広告企業側としては、コンピュータが自動的に処理を行ってくれることによって、コストを抑えることができるというメリットがあります。普及した理由は、RTB(Real Time Bidding)が優れた技術であると言うこともあるのですが、広告主側のコスト削減や、それによる単価の引き下げが大きく影響していると考えられるのです。もともとは2,010年頃に登場したサービスで、日本でもベンチャー企業がサービスを提供していて、大手の検索エンジンも採用しています。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績