S-Rモデル

S-Rモデルとは

S-Rモデルは、消費者行動に関するモデルのうち、代表的なものです。S-RモデルのSはStimulus、つまり刺激を指します。RはResponse、つまり応答を指します。何らかの刺激が与えられ、そしてそれに基づいて行動が行われます。刺激となるのは実際の製品を見ることや、広告を見ることなどを指します。実際の製品を見たり広告を見たりして、それを自分が購入したいのかどうかを検討します。インターネット上での広告も一つの刺激となります。この刺激を元にして消費者がどのようにして購入するかどうかを判断するのかを分析すれば、売上アップに貢献することができるでしょう。また、分析によってマーケティングの問題点を知ることもできます。

S-Rモデルのお役立ち情報

S-Rモデルの刺激は3種類あります。消費者が直接的に商品やサービスに接することを実体的刺激と呼びます。インターネット広告を含めた広告を用いた刺激は象徴的刺激と呼ばれ、いろいろな広告が含まれます。もう一つは社会的刺激で、知人同士の会話から生まれる刺激や、あるいはネット上での個人間のやりとりによって得られる刺激を指します。これらをきちんと分析することによって購買意欲をかき立てることができます。一度購入した購買者が再び購入してくれるのかどうかも、S-Rモデルにいおって分析することができます。顧客の新規開拓につなげるためにも用いられますし、顧客のライフタイムバリューを高めるためにも用いられているのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績