STP戦略

STP戦略とは

STP戦略とはSegmentation(セグメンテーション)Targeting(ターニング)Positioning(ポジショニング)の3つの頭文字を取り名付けられたマーケティング戦略でフィリップ・コトラーが提唱した戦略になります。

STP戦略は市場の開拓を効率よく行うための戦略で、具体的にはマーケティングの目的である自身の会社が誰をターゲットとして、何を提供するのかという事を明確化することで、マーケティングを効率よく行うための戦略という事です。

当然のことながらターゲットを決めるだけでは足りないので、そこからどのようにして伝えるのかや、そのタイミングなどを包含してマーケティングを考えなければなりません。

STP戦略のお役立ち情報

STP戦略を提唱したフィリップ・コトラーは市場を細分化して、ターゲット層を抽出する、最後にターゲット層に対する競争優位性を設定することが重要と語っています。

市場を細分化するにはセグメンテーションですが、これは市場においての顧客のニーズをグループ化することをいい、様々な角度から市場調査していきユーザ層、購買層といったものを調査して、明確化していくことになります。

次にターゲット層を抽出するにはターゲティングになりますが、これはセグメンテーションの結果によって競争優位が得られる可能性が高い市場を選定していきます。

STP戦略の最後はターゲット層に対する競争優位性を設定することですが、これはポジショニングで自らのポジションを確立して、顧客に対する利益を検討していきます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績