SWOT分析(スウォット)

SWOT分析(スウォット)とは

SWOT分析(スウォット)のSはStrengths、WはWeeknesses、OはOpportunities、TはThreatsを指します。それぞれ強み、弱み、機会、脅威を意味します。経営資源を最適化するためにはいろいろな要因を分析しなければなりませんが、これらの要因をこの4つに分類して分析することがSWOT分析(スウォット)です。様々な要因を分類することによって、分析しやすくなります。この分析を元にして、どの経営資源をどこに配分するのかを計算することで、経営資源を最大限に活用して利益を高めることができると考えられています。この概念は1,920年代から用いられているもので、アメリカの大学で研究されています。

SWOT分析(スウォット)のお役立ち情報

SWOT分析(スウォット)の4つの要因は内的要因と外的要因とに分けられます。強みと弱みは企業の内的要因であり、機会と脅威は企業から見れば外的要因となります。内的要因はある目標に対して分析されるものですから、別の目的に対しては別のものになる可能性があります。例えば、ある目的に対しては強みとなっているものが、別の要因に対しては弱みになっていると言うこともあり得るのです。具体的には人材、財務などが基本的な門とおあり、それ以外にも商品亜y価格、販促、立地なども含まれます。外的要因としてはマクロ経済や技術革新、法令などが関係してきます。SWOT分析(スウォット)によってこれらを統合的に分析することができるのです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績