W3C(ダブリュースリーシー)

W3C(ダブリュースリーシー)とは

W3C(ダブリュースリーシー)は、Web技術に関して標準化を行っていくことを目的に設立された団体です。
W3C(ダブリュースリーシー)で取り扱っている技術には、HTMLやDOMやCSSなどWebサイトを構築する上で欠かせない技術が揃っています。
W3C(ダブリュースリーシー)が策定した基準でWebサイトを作成すると、アクセビリティの向上などを図ることができ、メンテナンス性の高いサイトを構築することが可能になります。
Webマーケティングにおいても効果があり、W3C(ダブリュースリーシー)が策定した基準に合わせることでSEO効果を高めていくことも出来ます。
W3C(ダブリュースリーシー)には、世界の研究者や技術者や有名企業が参加しています。

W3C(ダブリュースリーシー)のお役立ち情報

W3C(ダブリュースリーシー)勧告したWeb技術を使用してWebサイトを構築することで、検索エンジンに最適化したサイトを作りやすくなるというメリットがあります。
検索エンジンでは、メタタグの内容やコンテンツの内容など様々な部分を総合的に評価してランク付けをして、検索結果ページに表示していきます。
W3C(ダブリュースリーシー)勧告に準拠したサイトを作ることで、検索エンジンのクローラは正しくサイトの情報を得やすくなります。
また、W3C(ダブリュースリーシー)準拠にしておくと、チームでサイト構築作業をする際に、技術共有がしやすいという利点もあります。
WebオーサリングツールやWebフレームワークのHTMLテンプレートはW3C(ダブリュースリーシー)準拠にしていることが多いです。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績