WCM(ウェブセンタリングマーケティング)

WCM(ウェブセンタリングマーケティング)とは

WCM(ウェブセンタリングマーケティング)とは、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌などの広告媒体を用いて、Webサイト(広告サイト)へ誘導する役割として利用し、Webサイトでさらに詳しく商品やサービスなどを宣伝することで、より大きな宣伝効果となるように行うマーケティング活動のことです。これまで、テレビや新聞などのマス媒体をメインの広告方法としていましたが、近年のインターネットの普及やブロードバンド化に伴い、多くの人がネット環境を利用できるようになったことで、マス媒体やネット媒体(ネット広告、メール広告、ブログ、SNS等)などの媒体とWebサイトを連結させ、すべての広告の中心としてWebサイトを位置づけることでWCM(ウェブセンタリングマーケティング)を行います。

WCM(ウェブセンタリングマーケティング)のお役立ち情報

WCM(ウェブセンタリングマーケティング)は、大きな宣伝効果だけではなく、情報収集を行うことで今後のマーケティング活動に有効活用させて大きな利益を得ることができます。WCM(ウェブセンタリングマーケティング)のマーケティング活動がない以前から、Webサイトではユーザーのアクセスログ解析が行われていましたが、Webサイトが広告の中心となったことで、アクセスログが重要なマーケティングのデータとして位置づけられ、そのデータを分析して今後の企業の商品やサービスなどの改善に有効活用できるようになります。そのためには、自社の商品やサービスなどを担当者がよく把握をしてからデータを適切に分析・解析を行うことが重要になります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績