WEBビーコン

WEBビーコンとは

WEBビーコンとは別名WEBバグとも呼ばれるものでHTMLを利用して構成されているWebサイトやメールの閲覧者を識別する画像、もしくは識別するための仕組みのことを指します。WEBバグとは呼ばれているものの、ここでいうバグとはセキュリティホールのようなソフトウェアの設計ミスなどで発生するものではありません。多くの場合ユーザーのアクセスサイトなどに役立つもので、企業用サイトなどで取り入れられています。
ただしWEBビーコンはユーザーの個人情報までアクセス動向などから分かる場合があり、プライバシーの観点から批判する人も多く、一部のブラウザやメーラーではこれらを排除するためのツールやアドオンなどがリリースされています。

WEBビーコンのお役立ち情報

WEBビーコンは主に縦横1ピクセルほどの画像が用いられます。WEBビーコンが出始めてた当初はプライバシーの観点から非常に嫌われたものであり、それこそWEBビーコンを排除するツールなどが出回っていない当時は画像をOFFにした状態での閲覧や、オンラインでページをダウンロードした後に閲覧はオフラインで行うなどの行為もありましたが、最近ではほぼ全ての企業用ホームページで取り入れられていることもあり、手間や知名度の問題からそういった行為は減ってきました。
尚、広義の意味ではブログなどに設置されているアクセス解析ツールなどもこのWEBビーコンの一種であり、JavaScriptを用いたものでも同様です。具体的にはIPや閲覧時刻、リファラなどが分かります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績