eコマース

eコマースとは

eコマース(Electronic commerce)とはネットワーク上での電子的な情報通信によって、商品やサービスを売買することをいいます。
ネットワークの発達に伴い、個人でネットワークの端末を保有できることで、eコマースビジネスが大きく広がりました。
eコマースにはB2C(B to C, Business to Consumer)、C2C(C to C, Consumer to Consumer)、B2B(B to B, Business to Business)の3つに分けられます。B2Cはネットショップなどの企業が消費者に商品やサービスを販売する形態をいいます。C2Cはネットオークションなどの個人と個人とで商品やサービスを売買する形態をいいます。B2Bはバイヤーが工場から直接、商品を仕入れるような企業間同士で商品やサービスの売買を行う形態をいいます。

eコマースのお役立ち情報

eコマースはネットワークの発達にともない、多くのeコマースビジネスが生まれています。ビジネスする上でのメリットとしては実店舗と比べて、顧客の範囲が広いこと、運用コストが安くすむことが挙げられます。
しかし、顧客の範囲が広いということは逆に、実店舗と比べて競合他社との競争が激しいといえます。
例えば、A社のネットショップで商品Pを1000円で売っている場合、競合他社であるB社のネットショップが商品Pを800円で売り始めると、顧客はB社で商品Pを購入します。実店舗の場合、A社のショップが近所にあり、B社のショップは電車や自動車で行かなければならず、その分の費用がかかれば、A社のショップで商品Pを購入するでしょう。
そういう意味では、競合他社がいないような独自の商品、サービスがeコマースビジネスに適していると言えます。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績