not provided(ノットプロバイデッド)

not provided(ノットプロバイデッド)とは

not provided(ノットプロバイデッド)への対応は、ウェブサイトの運営者にとって重要なものだと言えるでしょう。運営者の多くは検索されたキーワードを分析してアクセスアップに役立てています。そのため、運営するウェブサイトがどのようなキーワードで検索されているのかを知ることは大事ですし、それが適していなければ修正することも必要となってきます。かつては、Googleアナリティクスで検索キーワードを調べることができたのですが、グーグル検索がSSLに対応したことによって、Googleアナリティクスではnot provided(ノットプロバイデッド)と表示されることが多くなったのです。つまり、キーワードが分からないという意味を指します。

not provided(ノットプロバイデッド)のお役立ち情報

そもそもnot provided(ノットプロバイデッド)が表示されるようになったのは、SSLによる暗号化が原因です。SSLに対応したことによって、個人情報は守られるようになりました。Googleで検索したキーワードについても個人情報と見なされるために、ウェブサイトの運営者はキーワードを知ることができなくなったとも言えるでしょう。しかし、SSLを用いた検索であっても、広告クリックからのアクセスの場合、キーワードは保護されません。つまり、Googleアドわー図を利言おうして広告主になっている場合には、調べることができ、not provided(ノットプロバイデッド)を減らすことができるというメリットがあります。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績