strongタグ(ストロングタグ)

strongタグ(ストロングタグ) とは

strongタグ(ストロングタグ)とbタグでは、実際にブラウザで見た目の違いと言うのは判りませんが、用いる意味合意が違うのでSEO対策の見地から見ても違いがあります。

strongタグ(ストロングタグ)を使用するとそのキーワードが論理的な意味を持って強調されていると言うことになります。
そのため、検索エンジンでヒットしやすくなると言う傾向になります。

しかし、このstrongタグ(ストロングタグ)を多用することはHTMLの使い方としても誤っているのは確かですのでペナルティーを受けてしまうために、返って検索エンジンで上位にならないこともありますので、適切な使い方を意識して行いましょう。
装飾の意味で使ってはならないと言うことです。

strongタグ(ストロングタグ) のお役立ち情報

strongタグ(ストロングタグ)を使うには、論理的にその文字を強調する必要がある場合に使うようにするのが相応しいと言えます。
実際に、strongタグ(ストロングタグ)は、適度に使用するようにすると、検索エンジンのSEO対策にはある程度の効果があると言われているからです。

見た目に文字を大きく目立たせる場合には、HTMLのstrongタグ(ストロングタグ)を用いるよりは、スタイルシートで指定する記述を用いるのがスマートであり、そのように勧告されています。

見出しには、見出しに必要なh1、h2などのタグを適切に使うのが正しいので、単に相対的に見た目の感覚でstrongタグ(ストロングタグ)を用いるのはお勧めできません。

strongタグ(ストロングタグ)と言うのは、あくまで強調するという意味で使うものだと把握しておきましょう。

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績