• ZERO TOP
  • PR記事広告・記事LP制作

PR記事広告はZEROへお任せください 創業以来LP制作の第一線で売り上げを 伸ばしてきた株式会社ZERO 我々の”ZEROメソッド”を武器に 売れるPR記事広告を制作します。 お問い合わせはこちら

PR記事広告はZERO。記事LP制作はお任せください。

グノシーや、ライブドアニュース、フェイスブック広告など、その他ネイティブアド系の記事風のPR記事広告の制作を得意としております。 通常は広告からダイレクトにランディングページへ誘導しますが、記事広告の場合ですと、広告から記事広告ページへ誘導し、そこからランディングページへ誘導します。

コンバージョン率の高い広告展開をするなら断然PR記事!

コンバージョンの鍵はPR記事
みなさん、こんにちは! 私たちはWeb制作を中心に、SEO対策・記事コンテンツ作成代行・FacebookやInstagramなどのSNS広告運用代行などのインターネットマーケティング業務を行っている会社です。この記事を読んでいる方は恐らく、企業の広告やマーケティング担当の方、あるいはマーケッターを目指す学生の方がほとんどでしょう。 突然ですが、あなたは以下のようなお悩みを抱えていませんか?
  • 広告戦略で悩んでいる
  • そもそもPR記事がどういうものかわからない
  • PR記事の書き方がわからない
  • 良いPR記事とはどういうものなのか
  • コンバージョンアップの効果的な施策を知りたい
  これまで私たちは多くのクライアント様とのお付き合いを通じて、多くの成功事例を生み出すことができました。 例えば、

実績1 アプリ開発会社 A社の場合 自社開発のアプリのダウンロード数がPR記事リリースから1週間で5000ダウンロード数突破!

実績2 不動産買取会社 B社の場合 買取用の物件の問い合わせがそれまでの月間平均4件から、PR記事リリースの翌月には37件とおよそ10倍に!

実績3 健康食品販売会社 C社の場合 ヘルスケア情報を発信する自社メディアのPV数が半年後に60万PV達成!売上も約3倍に!

今回の記事ではそんな人たちのために、売れるPR記事の作成のための5つの秘訣をお伝えしようと思います。  

お問い合わせはこちら

そもそもPR記事とは何なのか?

PR記事が注目されるワケ
PR記事とは簡単にいうと、各種ネットメディアに自然に溶け込むように表示され、一見すると広告だと感じさせない広告のことです。バナー広告やリスティング広告はそれぞれ所定の広告枠に表示されるものなので、誰がどう見ても広告と認識できますが、PR記事は通常のコンテンツと同じレイアウト、デザインで表示されているため、じっくり読み進めていくことで初めて広告だと認識されるんです。
近年のユーザーはあからさまな広告を嫌う傾向があり、現にバナー広告のクリック率は減少傾向にあります。 “2009年にComScore社が発表した「Natural Born Clickers」というレポートによると、「84%のユーザーは、1か月の間に一度もバナー広告をクリックしない」「4%のヘビークリッカー(1か月に4回以上バナーをクリックするユーザー)が、バナー広告の全クリックの67%を占めている」というバナー・ブラインドネスの実態が報告されています。“MarkeZineより引用
また近年のスマートフォンの普及で、webブラウザに触れる割合において、スマホがPCを逆転したことで、画面の小さいスマホではあまり従来の広告はクリックされにくくなり、変わりに勢いを増してきたグノシーやライブドアニュースのようなキュレーションメディア内におけるプロモーションが注目されてきたのです。特にスマホは記事をじっくり読むのに適しており、スマホの普及がPR記事の成長に寄与したと言っても過言ではないでしょう。“PCとスマートフォンを合わせたインターネット利用時間全体を見ると、スマートフォンからの利用は70%を占めていることがわかった。
また、利用時間の長いサービスカテゴリTOP3を比較すると、ゲームや動画を含む「エンターテイメント」、およびサーチやSNSを含む「サーチ、ポータルとコミュニティ」では、スマートフォンからの利用が約70%を占めていた。 ”MarkeZine 「ネット利用の70%はスマホ/ECはサービスによってPC利用が多いものも【ニールセン調査】」より引用
 

お問い合わせはこちら

売れるPR記事を作成するための5つの秘訣

コンバージョンの鍵はPR記事

秘訣1 「誰に、何を」伝えるのか明確にする

ターゲットとなるユーザーのペルソナをしっかり設定することが大事です。「誰に、何を」伝えるのか、という部分を明確にしたうえで、その人達が欲しいと思うであろう情報をしっかりと洗い出し、コンテンツとしてまとめることができれば、それはユーザーにとって役に立つ情報になります。

秘訣2 ユーザーの「感情」を徹底的に分析する

ターゲットとなるユーザーがどのような気持ちで記事を読んでいるのかを想像しながら、作成することが重要です。例えるなら、目の前の相手に語りかけるイメージです。 ユーザーは様々な感情を抱いて記事を読んでいます。単純な好奇心だけでなく、自分の悩みを解決できるのか、あるいは役に立つ情報なのかどうかなど。記事の冒頭から結末までのユーザーの感情の推移を常に意識するようにしましょう。

秘訣3 ユーザーの行動ロジックを設計する

ロジックとはターゲットがコンバージョンに至る最終的なキッカケのようなものです。例えば、効果がある、料金が他社より安い、一番売れているらしい、といったロジックで買う人もいれば、そうじゃない人もいるだろう、と想定することです。人が製品の購入に至るまでにはこちらが予想だにしない多彩なロジックがあるため、徹底的にリサーチ及びヒアリングが必要です。売りたい製品・サービスやターゲットとなるユーザーごとに変わるものなので、記事を作成する前にしっかり設計しましょう。

秘訣4 こちらが伝えたいこと、ユーザーが知りたいこと、には乖離があることを知る

ほとんどのユーザーは自分が知りたい情報しかみようとしません。世の中のPR記事には、いかにこの製品が優れているのか、売れているのか、 など、こちらが伝えたいことを一方的に述べてしまっている記事が多く見られます。 通常の人と人とのコミュニケーションでも自分のことばかり一方的にベラベラと喋る人は嫌われますよね? まずは相手の話を聞く、つまりユーザーの知りたい情報を冒頭で出し、徐々にこちらが伝えたいことを出していく記事構成にしましょう。

秘訣5 最後まで読ませるストーリーを演出する

記事はもちろん最後まで読ませなければ意味がありません。そのためユーザーを飽きさせない演出が必要です。 そこでオススメなのがエピソード型の記事構成です。 例えば3ヶ月前までは太ってバカにされていた僕が、〇〇を試してみた結果、今ではムキムキボディを手に入れ、可愛い彼女もGETしました!のようなイメージです。 ユーザーが「他人事ではなく自分事」だと認識するストーリーを作り上げるようにしましょう。  

お問い合わせはこちら

まとめ 〜良いPR記事は良いコンテンツである〜

いかがでしたでしょうか? もし、記事コンテンツがユーザーにとって有益な情報であれば、それが最終的に特定の製品の広告だったとしても、ユーザーはそんなに不快感を感じないと思いませんか? それどころかタメになる情報をくれた企業に対して、親近感を感じてくれたり、場合によっては製品を購入してくれる例も十分あるでしょう。 つまり自社のブランディングにもなるのです。 こうしたファンとなるユーザーを一定数確保できれば、彼らが自発的にSNSなどで宣伝してくれるなど、企業にとってプラスになる効果が期待できるのです。 良いPR記事は良質なコンテンツなのです。

お問い合わせはこちら

PR記事制作の流れ

PR記事制作の流れ

①メールかお電話にてご相談

弊社の問い合わせフォームまたはお電話でご質問事項をうかがい、2営業日以内にお電話かメールにてご連絡します

②お電話またはSkypeにてご要望をヒアリング

弊社より予めお送りしたヒアリングシートを元に確認とご要望をお電話またはSkypeにて詳細にヒアリング。 競合やターゲットについてもうかがいます。 ※ご訪問でのヒアリングをご希望の場合、別途料金を頂戴します。

③ヒアリングを元に構成立案

ロヒアリングを基に、マインドマップなどを駆使して、ターゲットのペルソナや競合などを分析をし、情報の整理整頓を行います。

④記事の執筆・納品

プロのWEBライターが情報を元に記事を執筆します。 納品までは記事の長さにもよりますが、5〜10営業日を目安にしてください。 ※記事の修正は1回までとさせていただきます。

PR記事制作料金

文字数などにより変動します。 詳しくはお問い合わせください。  

お問い合わせはこちら