オウンドメディアの記事作成代行。コンテンツマーケティング・コンテンツSEO対策。

質の高いコンテンツで広告費ゼロを実現させた集客に特化したZERO式コンテンツマーケティング

リスティング広告なんてもう古い!?
長期的・継続的にアクセス数を増やすプロ集団
コンテンツマーケティング×売れるランディングページ

コンテンツSEOとLPOのプロ集団が全力バックアップ!

・業界最安値1記事 8,000円~
・安心のワンストップサービス
・最短12ヶ月!月間10万PV獲得

 

 

このようなお悩みはありませんか?

□高騰し続けるリスティング広告から脱却したい
□効率よく顧客を獲得したい
□自社でコンテンツを作る余裕がない
□質の高いコンテンツが作れない
□コンテンツ数を増やしても効果が出ない
□Googleに評価されるサイトにしたい

上記のいずれかに該当する企業様へ
弊社のサービスを通じて以下を改善します。

□コンテンツマーケティングのノウハウを提供します。
□広告費ゼロでアクセス数を増やす仕組みを構築します。
□質の高いコンテンツを継続的に提供します。
□商材に合わせたオウンドメディアを制作します。
□コンテンツ制作から配信代行まで包括してサポートします。
□長期的に売れる仕組みを構築します。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、潜在顧客にとって価値のあるコンテンツを継続的に配信することによって、興味や関心を寄せて結果的に自社の売上につながる行動を起こさせるマーケティング戦略のひとつです。つまり、商品やサービスに関連するコンテンツによって読者の共感を得て、潜在顧客から見込み客、そして購買に誘導させるための効果的な施策になります。
一般的にリスティング広告は、見込み客(特定の商品やサービスを求めて検索している人)を対象とするため、人気が高いキーワードは単価が高騰します。一方、コンテンツマーケティングは見込み客になる前の潜在顧客(特定の商品やサービスに関心はあるが、認識していない人)に対して配信するものであり、具体的なニーズを引き出す効果があります。例えば、肌に悩みがある人が「肌荒れ」と検索した時に肌荒れ対策に関するブログに到着し、その横にあるバナーをクリックしてランディングページに着地するという流れが想定されます。

なんでコンテンツマーケティングなのか?

リスティング広告は即戦力になり得ても、短期的な手法に過ぎません。広告費が高騰している中で注目されているのがコンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングでは、アクセスを集めるための資産を蓄積することできリスティング広告よりも長期的な成果が期待されます。例えば、月間1記事3,000PVを獲得する記事を100記事保有することで毎月300,000PVを獲得できる計算になります。
さらに検索エンジンを意識したオウンドメディアを構築し、質の高いコンテンツを配信することによってより高い効果が見込まれます。長期的に見れば、リスティング広告よりも費用対効果の高い施策であることは一目瞭然です。

 

コンテンツマーケティングのメリット

□アクセスが継続的に増えていく
□アクセスを集める資産が蓄積される
□ビッグワードの上位表示が狙える
□SNSとの相性がいい
□質の高い記事を配信することでサイト自体の信頼が高まる

コンテンツマーケティングのデメリット

□SEOに関するノウハウが必須である□短期的な戦略では使えない
□質の高いコンテンツの作成が難しい
□継続して配信し続ける必要がある
□投資から回収までのスパンが長い

 

リスティング広告は費用対効果が低い?!8割の中小企業が陥る落とし穴

コンテンツマーケティング×売れるランディングページ

これからの時代はコンテンツマーケティング
長期的・継続的にアクセスを集める仕組みを作ることが
リスティング広告が高騰し続ける中で生き残るために必要な方法です。
しかし
安定して質の高いコンテンツを配信するリソースやノウハウのある
会社は少ないため、コンテンツマーケティングは参入障壁が非常に高いです。
株式会社ZEROは
1年後、2年後の「広告費ゼロ」を目指して、
質の高いコンテンツとノウハウを惜しみなく提供します。

 

コンテンツマーケティング×売れるランディングページ
ZERO式コンテンツマーケティング
3つの秘訣

 

リサーチを徹底する

コンテンツマーケティングでは、単に書きたいコンテンツを作成して配信するだけでは効果は出ません。ターゲットを明確に定め、読者に興味や関心を抱いてもらえるようなコンテンツを作成する必要があります。
そのための第一歩が「リサーチ」です。

ターゲット選定

誰に売りたいかを決めずにただ商品を並べても一向に売れません。それと同じようにどんな人をターゲットにしているかが明確になっていないと自社の売上につなげるためのコンテンツマーケティングにならず、コンテンツを配信し続けても効果はありません。まず、読んでもらいたいターゲットを選定し、そのターゲットに自社の商品やサービスに興味や関心を抱いていてもらえるようなコンテンツ、つまり、「ターゲットに役立つ情報」である必要があります。

キーワード設定

キーワードの設定方法として、実際にGoogleなどでよく検索されるキーワードを参考する方法があります。これは最も効率的な方法であり、ターゲットが実際に検索しているキーワードであるため、とても理にかなった方法と言えます。
例えば、化粧品販売会社が化粧水を売りたいとします。化粧水は「肌」に関係する商品ですので、「肌」で検索すると下記のように関連するキーワードが表示され、検索結果の下部にも関連キーワードが出てきます。
さらに、Googleが無料で提供している「キーワードプランナー」を活用することによってあらゆるキーワードの検索ボリュームを調べることができます。

ニーズ調査

キーワードを設定する上で、Googleなどで実際に検索されているキーワードを参考にするため、一定のニーズ(ターゲットが求めていること)があることは分かります。さらにYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで検索することによって、そのキーワードに対するターゲットが抱いている疑問(知りたい情報)を具体的に調べることができます。
また、競合のオウンドメディアを調査することも大切です。同じ業界やカテゴリーでコンテンツを配信しているサイトを調査し、そのコンテンツとの差別化を図ることもコンテンツマーケティングでは重要になります。
実際に検索されているキーワードをピックアップし、その上で優先順位を決めてコンテンツを作成していきます。「検索数が少ない=ニーズがない」とは一概には言えませんのでその商品やサービスに合わせてニーズを調査してください。

ターゲットが求めている情報や疑問を
コンテンツによって応えてあげることが重要です。

 

確かな反響を狙う質の高いコンテンツ

どの媒体(オウンドメディア、SNSなど)から配信するのか、コンテンツマーケティングのゴールは何か。
得たい成果によってコンテンツの作成方法が変わる。
オウンドメディア⇒SEOを意識して適切なキーワードを盛り込む。
※オウンドメディア=ニーズ⇒検索⇒コンテンツ
SNS⇒他の人と共有したくなるような生活に密接するコンテンツ。
※SNS=コンテンツ⇒共感⇒シェア(拡散)

SEOを意識したコンテンツ

コンテンツマーケティングとSEOは密接に関係しています。ユーザーがキーワードを検索する時は、そのキーワードに関連する情報を知りたい時やそのキーワードを購入したい時で、「キーワード=ニーズ」と言えます。
つまり、そのキーワードを検索して表示されたコンテンツは、ユーザーのニーズに応える内容でなければいけないということです。キーワードと関連性がない内容だったり、期待と乖離する内容だと、ユーザーはそのページから離脱してしまいます。そのため、ユーザーが検索するキーワードに対してどんなコンテンツを企画・制作できるかが重要なポイントです。
次に重要なポイントは、タイトルにターゲットキーワードを入れることで、上位表示に有利になります。検索結果に表示されるのは最大32文字ですので、なるべく32文字以内にします。サイト内に訪問してもらわないと意味がないので魅力的な32文字にしましょう。

大手情報サイトに注目されるコンテンツ

Yahoo!ニュースやグノシーなどの大手情報サイトに取り上げられるようコンテンツを企画することが重要です。その上で最も重要なことは「話題性」です。特にグノシーはFacebookやTwitterで話題になったコンテンツを多く取り上げているため、ユーザーの関心が強い内容にすることで反響を得やすくなります。

SNSで拡散させるコンテンツ

オウンドメディアで掲載したコンテンツはFacebook、TwitterなどのSNSでも投稿しましょう。SNSでコンテンツを配信するメリットは、利用者が多いため、拡散力があるということです。これはあくまでも潜在的な可能性であって、どんなコンテンツでも拡散するという意味ではありません。コンテンツがユーザーにとって役立つ情報であることは必須条件です。Facebookでは自社ページの広告を行い、「いいね!」を多く集めてから配信するとより効果的です。
では、そもそも読んでもらうためにはどうすればいいのか。
そこで有効なのがアイキャッチ画像です。SNSの場合は、ユーザーが積極的に何かを探しているのではなく、自分の投稿や友達の投稿を閲覧している時に使用します。そのため、一般的に自分とは関係ない投稿は目に留まりにくいものです。
言葉の通り、「お!?」とユーザーの注意を引いてコンテンツへと誘導させるイメージ画像を用意することで、文章で訴えるよりも効果的になります。

確かな反響を狙うためには
コンテンツの内容だけではなく、
配信する過程での戦略も重要になります。

 

全記事に対する分析・細かな運用

コンテンツマーケティングは、単にコンテンツを作成して配信したら終わるものでありません。
コンテンツを配信して初めてコンテンツマーケティングのスタートラインに立つことができますので、確かな成果を出すためにも全記事に対する分析を徹底し、細かく運用していきましょう。

PV状況・順位分析

コンテンツを配信したら全記事に対してPV数(記事へのアクセス数)を確認し、どの記事にどれだけのアクセスがあるのか、その中でどの記事が多くのアクセスがあるのかを確認・分析します。コンテンツマーケティングは、コンテンツを利用して自社の商品やサービスの購入に誘導するための戦略ですので、数多く配信したコンテンツの中で「どんな内容のコンテンツで、どれくらいのアクセスがあるのか」を細かく分析することで、ユーザーの関心がある内容が分かってきます。
実際に高いPV数を獲得している記事については、インフィード広告型の記事にリライトします。インフィード広告は記事を読んでいる途中に表示される広告なので、通常のバナー広告に比べてクリック率が高いと言われています。オウンドメディアで配信する記事をインフィード広告のように記事の途中や最後に商品やサービスのランディングページのバナーを設置することですでにアクセスを集めている記事で広告を出した時のような効果が期待できます。

全記事ページへのSEO施策

コンテンツマーケティングの目的達成を加速させるための方法として、配信したコンテンツへのSEO施策があります。コンテンツマーケティングではもともと検索エンジンを意識して作成するのが一般的で、ユーザーが検索するであろうキーワード(ターゲットキーワード)を含めてコンテンツを作成します。
実はこれだけでは「SEO施策をしている」とは言えないのです。ターゲットキーワードを適切に盛り込んでコンテンツを作成することは当然ですが、Googleなどの検索エンジンに適切なコンテンツであると判断してもらう必要があります。
SEO施策には、コンテンツの充実度や内部リンク構造などの施策を行う内部対策と、良質な外部リンク数を増やす外部対策があり、その両方を行うことによって検索エンジンに適切なコンテンツであると判断されやすくなります。

SNSとの連携

FacebookやTwitterなどのSNSとブログなどの自社サイトを連携することでさらなるアクセス数の増加が期待できます。「SNSで拡散させるコンテンツ」でもあるようにターゲットキーワードを積極的に求めていない人にもアプローチできるのがSNSです。つまり、自社の商品やサービスの存在すら知らないユーザーの潜在的なニーズを引き出すことができるということです。

SNSと連携して自社サイトに誘導させるために必要なのが「クリックを促すメッセージ」です。一見単純なことですが、そのメッセージがあるのとないのとでは結果は大きく変わってきます。適切なアイキャッチ画像でユーザーの注意を引き付け、コンテンツの冒頭文や共感を得るようなコメントの下に「続きはここをクリック」などの続きを自社サイトで読んでもらうような工夫をします。

コンテンツマーケティングで
最も重要なポイントは運用・分析です。
しっかり計画を立てましょう。

 

PV数を獲得してからが本番です。
コンテンツからのコンバージョンを最大化します。

PV数の獲得は単なる通過点です。繰り返しにはなりますが、コンテンツマーケティングの最終目的は自社の売上につなげることです。適切なターゲット選定、コンテンツ制作、分析・運用を経て、コンテンツを読んだユーザーに自然な流れで商品やサービスの販売サイト(ランディングページ)に誘導します。

 

ランディングページのバナー制作

「PV状況・順位分析」で、高いPV数を獲得した後にインフィード広告へ出稿することで通常のバナー広告よりも高いクリック率が期待できると紹介しました。それと同じで自社で配信するコンテンツの間にもバナーを設置します。

売れるランディングページ制作

コンテンツマーケティングでは、コンテンツページから誘導するサイト(ランディングページ)が最終的な着地点となり、そこでクロージングをかけることになります。
SNSや検索エンジンからユーザーの関心を引き付け、コンテンツにも共感を得た後にランディングページに到達しますので、飛び込み営業で例えれば、何度もコンタクトを取ってやっとアポイントを取れた状況です。苦労してアポイントを取れても、そこで自社の商品やサービスに魅力を感じてもらい、「これが必要だ」と思ってもらえなければ実際にお金を支払うことはありません。
つまり、コンテンツマーケティングでアクセスを集め、最終的にランディングページでクロージングをかけるためには「売れるストーリー」を脚本・演出することが何よりも大切なポイントであるということです。

ライターのプロフィールは記事の最後に

ブログから集客につなげている人の多くは自分のプロフィールを戦略的に掲載している傾向があります。ターゲットキーワードをもとに作成したコンテンツの最後にライターのプロフィールを掲載することは、集約や成約につなげる重要な要素になります。
最終的にプロフィールを見てからアクセスにつながるパターンがとても多いため、正しい場所に、正しい内容を掲載しましょう。
まず、プロフィールは記事の最後に掲載します。固定ページに掲載されているブログもありますが、そもそも初めて訪れたブログのプロフィールページまで見る可能性はないでしょう。

 

以下に該当する方はコンテンツマーケティング施策は
合わないため、ご遠慮願いします。

①記事に対するこだわりが強すぎる方

②結果を急いでしまう方

③弊社の戦略に同意していただけない方

 

株式会社ZEROについて

私たちは、東京都渋谷区千駄ヶ谷にある、Web制作からマーケティングまでのWebサービス全般を得意とする会社です。
ランディングページ制作300件以上、ホームページ制作100件以上、コンテンツ制作月間1,000記事以上を手掛けるWebマーケティングのプロ集団です。

特に「売れるZERO式ランディングページ制作」と称し、売上につなげるための企画提案やその効果を最大化するためのコンテンツマーケティングを得意としております。
「コンテンツマーケティング×売れるランディングページ」は、限られた予算の中で中小企業が大企業に勝てる唯一の方法であると考えています。
「低予算で最大限の成果を出す」それを実現させるのが『ZERO式マーケティング』です。

すべてのサービスは細かく丁寧なヒアリングが始まりますので、まずは気軽にお問い合わせください。親切丁寧を心掛けて、真摯に対応させていただきます。