ランディングページ集客に向いている商材とそうでない商材

ランディングページは、とても効果的なマーケティング手法ですが、すべての商材に有効だとは言えません。

「いくら効果的と言われても、うちの業界に合うのか分からない・・・」と疑問に思っている方も多いと思います。

そんな方のために、ランディングページでの集客に向いている商材とあまり向いていない商材について紹介します。

また、商材以外にも、サイトの種類での比較も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

1.ランディングページ集客に向いている商材

2.ランディングページ集客に向いていない商材

3.ランディングページ集客に向いているサイトの種類

4.まとめ

 

 

1.ランディングページ集客に向いている商材

 

ランディングページを活用したWebマーケティングの代表的な手法は、「リスティング広告への出稿」と「メールマーケティング」の2つあります。

 

リスティング広告に出稿する場合、原価率が高い商品や、単価が3,000円以下の少額商品には向いていないケースが多いです。

リスティング広告にはランニングコストがかかるため、それなりの利幅がないと費用対効果が合わないのです。

 

小売りの場合は、横展開が可能な商品か、ヒット商品に絞ってランディングページを作成すると良いでしょう。

 

それによって顧客リストを取得することできます。顧客リストを取得することができれば、メールマーケティングに活かすことができます。

この場合、他社の商品との差別化が主張できることが重要になります。

 

 

それでは、健康食品を販売している会社のケースを見てみましょう。

 

累計販売数1,000万個突破記念!

たった1ヶ月で40万個売れた「スペシャル青汁」今なら無料お試し実施中!

さらに、3月31日までに定期購入をお申し込みの方には1か月分無料プレゼント!

 

ここで購入した方には、栄養ドリンクやビタミン剤などの別商品をメールやDMでセールスすることが可能になります。

まさにメールマーケティングです。

 

ちなみに、安さばかりをアピールしてしまうと失敗します。

ユーザーは必ず、「何でこんなに安いの?」と疑問に思いますので、安さをアピールする場合はその理由を説明する必要があります。

 

今回のケースでは、「累計販売数1,000万個突破記念!」が安さの理由になります。

ユーザーに「〇〇だから安いんだな」と納得してもらわなければ、不信感を与えてしまい、逆効果になってしまいますので、注意が必要です。

 

安さの理由としては、他にも「決算セール」「モニター限定」「完全返金保証」などがありますので、商品や季節に合わせて安さの理由を用意すると良いでしょう。

 

 

2.ランディングページ集客に向いていない商材

 

飲食店の集客では、ランディングページはあまり向いていません。

 

一般的に飲食店の場合は、食べログなどのポータルサイトを利用することが多いため、通常の飲食店はランディングページによって集客することは難しいです。

 

ただし、他にはない特徴やここでしか食べることができない食材がある場合は集客が可能です。

 

 

また、アパレルもランディングページでの集客は難しいです。

 

機能性やコストパフォーマンスを追求した商品であれば、前述した小売りの手法を応用することができますが、ファッション性やブランドをウリにしている場合には問題があります。

 

アパレルでブランド力を武器にして集客する場合は、それなりに周知されていなければいけません。

小規模であれば、なかなかブランド力をアピールすることが難しく、ネット通販でもかなりのマーケティング活動が必要になります。

 

もし、ランディングページを活用して販売するのであれば、Webサイトのトップページから特設ページに飛ばして、特徴を強くアピールした縦長のランディングページにすると良いでしょう。

 

これらのケースは、リスティング広告を利用した集客はおすすめできませんが、商品の価格や独自性をアピールすることによって、メールマーケティング等の別の方法で集客をすることができます。

 

商品の独自性は、マーケティング活動の幅を広げてくれますので、まず、独自の強みを探してみてください。

 

 

3.ランディングページ集客が向いているサイトの種類

 

上記では、ランディングページ集客を行う商材に着目しましたが、ここでは「何を売っているのか」ではなく、「何を目的にしているのか、ランディングページの現状はどうなのか」という視点で比較してみます。

 

サイトの種類 LPO適合性 理由
インターネット上で商品を販売するサイト ユーザーの心理状態に合わせたコンテンツを提供しやすい
資料請求を目的としているサイト ユーザーの心理状態に合わせたコンテンツを提供しやすい
問い合わせを目的としているサイト ユーザーの心理状態に合わせたコンテンツを提供しやすい
不動産検索を目的としているサイト ランディングページの特徴を活かして表示方法を工夫することで、ユーザーがより使いやすいサイトに改善することができる
離脱率が高いサイト 離脱の原因がランディングページにある可能性がある
主に会社名で検索されるサイト SEO対策を検討した方が良い
特定のキーワードでのみ検索されるサイト SEO対策を検討した方が良い

 

4.まとめ

 

ランディングページ集客に向いている商材とそうでない商材についてまとめると以下のようになります。

 

・原価率が高い商品や少額商品の場合は、リスティング広告への出稿は向かない

・小売りの場合は、横展開が可能な商品か、ヒット商品に絞り、顧客リストを取得してメールマーケティング手法を利用する。

・飲食店は、その店独自の特徴がない限り、ランディングページ集客は向かない

・アパレルは、ブランドイメージが周知されていない限り、ブランド力で売り込むのは難しい。機能性やコストパフォーマンスで売り込む工夫が必要になる。

 

ランディングページの制作費用は、決して安いものではありません。

だからこそ、ランディングページを活用することによって、期待している成果を出すことができるのかどうかを事前に検討する必要があります。

ランディングページを作りたい方はこちらをご覧くださいませ。

その中で、本記事が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。