ZERO式ランディングページ制作。LP制作は株式会社ZERO。 | コンテンツマーケティング×ランディングページ制作。株式会社ZERO。

Contents
コンバージョン率の高いランディングページを作りたい 売れない商品・サービスを売れるようにしたい こんなお悩みの経営者様へ 300社を超えるLP改善実績から生まれた売れるストーリーを脚本・演出 LANDING PAGE ZERO色ランディングページ制作 ランディングページ制作実績300社突破・ホームページ実績120社突破・リスティング広告運用実績80社突破
お得なキャンペーン実施中

もしランディングページをご検討中であれば
ZEROの提案を聞いてみてください。
確実にあなたにメリットのある情報提供をさせていただきます。

今お問い合わせいただいた方・お申し込みいただいた方にプレゼント 無料相談・お見積もり依頼 無料相談・お見積もり依頼

こんなありませんか?

  • コンバージョン率の高い
    ランディングページを作りたい
  • ランディングページ作成後、
    ネット広告の運用もしたい
  • 売れない商品・サービスを売れるように
    したい
  • 新規顧客のアポイントが取れる仕組みを
    作りたい
  • 商品・サービスのセールスポイントや
    ターゲットを明確にしたい
  • ランディングページ制作・改善まで
    一気通貫できる会社を探している
こんなお悩みありませんか

上記に一つでも当てはまるクライアント様は
ZEROにお任せください。
サービス提供を通じて、以下の点を改善できます。

  • ターゲットに訴求できる
    ランディングページを提供します
  • 競合に打ち勝つ商品のセールスポイントを
    明確にします
  • 制作後のランディングページの運用改善を
    提案します
  • ネット広告の運用改善を提案します
  • ネット集客における総合的なサービスを
    提案します
  • ネットで売れる仕組みを構築します
サービス提供を通じて、以下の点を改善できます

ZERO式
ランディングページ制作ですべて解決!

まずはランディングページ制作の
実績をご覧ください

実績1 実績2 実績3 実績4 実績5 実績6 実績7 実績8 実績9 実績10 実績11 実績12 実績13 実績14 実績15 実績16 実績17
実績1

メリットの訴求とストーリー構成の改善により、成約率の改善をした事例です。
イラストと図解を使用し、複雑なウォーターサーバーの仕組みを解説することで、ウォーターサーバーを乗り換えない理由を無くすことを意識しました。
また、同時にDSP広告とリスティング広告のアカウント改善及びバナー改善を行い、成約率を2倍以上に引き上げました。

実績2

六角水のタンブラーがあることの認知の拡大と、六角水の体への効能と、六角水のメリットをわかりやすく説明。
テレビショッピングの放送に合わせて、リスティング・YDN・GDNメインでセグメント配信し、大きく販売数を引き上げることができた事例です。
他メディアで広告を打つ場合は、リスティング広告配信を同時配信することにより、低コストで+アルファの獲得数を大きく伸ばすことができるんです!

実績3

メイン画像ではオーガニック感とみずみずしさを表現し、間接的に香りの鮮度感を訴求。あまり長くせず、シンプルに商品の魅力を訴求したページを作りました。
また、リスティング広告のリンク先をホームページからランディングページに変更し、成約率を最大1.58倍まで引き上げました。
通常のホームページで広告を打つよりもランディングページで広告を打つほうが遥かに成約率の改善ができるんです!

実績4

保育士の仕事は肉体労働の割に給与が安いという現状を踏まえて、多数ある案件を強みにしたストーリー作りで、大きく成約率を改善した事例です。

また、BtoC向け商材の場合はスマートフォンが非常に重要になるため、スマホ最適化を徹底することにより簡単に成約率の改善ができるんです!

実績5

通常のお問い合わせではなかなか反響を獲得できなかったため、冊子プレゼントの2ステップマーケティングに切り替えて、新たにLPを制作。小冊子の内容を少し紹介し、あえて、疑問を残すことで大きく成約率の改善に成功した事例です。
コンバージョンのハードルが高い場合は2ステップマーケティングに切り替えて、アウトバンドマーケティングをしていくことが非常に重要なんです!

実績1 実績2 実績3 実績4 実績5
お得なキャンペーン実施中

もしランディングページをご検討中であれば
ZEROの提案を聞いてみてください。
確実にあなたにメリットのある情報提供をさせていただきます。

今お問い合わせいただいた方・お申し込みいただいた方にプレゼント 無料相談・お見積もり依頼 無料相談・お見積もり依頼
売れない理由はランディングページにある!?

ランディングページの制作・改善が
最も費用対効果が高いマーケティング手法

ランディングページの成約率が低いのは穴の開いたバケツで水を汲むようなものです。
ランディングページの訪問者数を増やすためには、PPC広告やSEOがどうしても必要となりますが、
広告に掛けられる予算は限られているかと思います。
従って、限られた広告予算の中で多くの成約数を獲得するためには、
「CVR(成約率)」をいかに高めるのか?
という点にフォーカスすることが
『最も費用対効果が高いマーケティング手法である』
とZEROでは考えています。
そのため、ランディングページ制作には妥協をせずに作り込み・改善をしていくことがネット集客の最重要課題となります。

ランディングページの制作・運用支援

売れるZERO式ランディングページ制作3つの秘訣

01

徹底力の3C分析マーケティング

3C分析とは

3C分析とは
「顧客(customer)」
「競合(competitor)」 
「自社(company)」

の頭文字です。
自社の戦略に活かすため
この順番で行います。

顧客分析の結果に基づき競合分析を行い、
競合分析の結果に基づき自社分析を行います。あくまで起点は顧客。
それに対して自社の現状はどうなのかを分析することで
成果に繋がるランディングページ戦略を組み立てることができます。

顧客分析の目的は、顧客のニーズを知り、ターゲットを決めるためです。
そのために材料を集めてユーザーの欲求を洗い出し、
ランディングページのターゲット層から架空の人物(ペルソナ)を作り上げていきます。

顧客分析

A子さんが、「最初に商品・サービスが必要だと感じたきっかけ」⇒「キーワード検索」⇒「実際にランディングページに到達する」までのストーリーをイメージしていきます。

ストーリーをイメージ

そのストーリーの流れを全体的に把握しておくことが、縦長ランディングページの文章を作成する際にユーザーの心理・行動に
ともなった「共感」を生むセールストークを作りやすくなります。
また、ZEROではカスタマージャーマップを活用し、よりユーザーの心理・行動を整理・分析しています。

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップにユーザーの心理・行動を整理することで、コンバージョンまでのストーリーがより明確になります。
ユーザーの心理・行動を明確にすることで、ランディングページだけでなくリスティング広告や購入後の追客など一貫性を
持たせたマーケティング戦略に繋げています。

ペルソナ像を作り込むことでよりユーザーに刺さるセールスコピーを作成しやすくなります

顧客分析でメインターゲットとするニーズ(検索キーワード)を決めたら、Google・Yahoo!で実際にその検索キーワードで検索を
します。検索結果1ページ目に表示されたランディングページ一覧を1つずつ閲覧して確認しながら、競合になりうるランディング
ページについて調査していきます。
このとき自然検索結果とリスティング広告の両方を調査します。競合ランディングページのチェックは、
検索結果1ページ目に表示された競合ランディングページを開き、競合ランディングページの分析をします。

競合調査

企業名
(サービス名)
競合A 競合B 競合C
メイン
ビジュアル
競合1 競合2 競合3
サービスの
優位性
アプリダウンロード数
第1位。
安心のセキュリティで会員多数
お見合い会社で知名度が高い。
結婚情報サービスも充実
マッチング率が高い。
出会える可能性が高い。
メイン訴求 簡単にダウンロード。
出会える率が高い
相性を第一に考えている。
操作しやすい
文字が読みやすい。
機能が多い
ターゲット 結婚は意識していない
出会いを求めている
ユーザー
出会いを求めたい
20~30代の
ユーザー。
結婚を考えている
結婚・再婚を意識した
30~50代のユーザー
特典 定額制で、継続3か月以上は
月額500OFF
カップルになったら、
食事券プレゼント
女性は3ヶ月無料
お試し加入
他社サービスを徹底的にリサーチし、自社サービスの優位性や差別化できるポイントを探します

自社分析の目的は、競合分析の結果を踏まえて、自社が打つべき対策を立てることです。
これをZEROでは「後出しじゃんけん方式」と呼んでいます。競合が強い部分は「あいこ」狙い。競合が弱い部分は確実に勝つ!
顧客の相対評価ポイントを積み重ね、確実に負けないランディングページを作るための材料を集めます。

また、自社分析には、マインドマップを採用し、ZEROなりにクライアント様の商材の強みや特徴をまとめていきます

自社分析のマインドマップ

競合が訴求できていない
ポイントに対して
自社の対応を書き出す

分析

競合が訴求できていないポイントに対して自社の対応を記入するとき、
競合の訴求が強くて自社では勝てなさそうな場合は、無理に勝とうとせず
「あいこ」狙いの内容を埋めます。

もし「実績数が足りない」など全く同じ項目で「あいこ」も厳しい場合は、
思い切って戦う土俵を変え別の項目で、競合が訴求できていない部分を見つけ
その項目で自社が勝てるような訴求をするようにします。

自社の訴求ポイントは、全ての項目について必須ではありませんが、それぞれの
大項目でみたときに、バランスよく訴求ポイントが配置されるようにしましょう。

マインドマップに自社の強みを整理することでランディングページの訴求ポイントを明確にできます
02

売れる完璧なストーリーを脚本

売れる完璧なストーリーを脚本

LPはひとつの長いストーリー仕立てで、
最後まで読んでもらう
ために構成します。
三大法則としては
「AIDMAの法則」
「QUESTの法則」
「Pasonaの法則」
が挙げられます。
商品を説明すればするほど納得してもらう
のに適しているのは
QUESTやPasonaの
法則。認知度が低い商品やサービスには
AIDMAの法則が適しています。

ZERO式では法則+3C分析にて集めた情報を基に、ストーリーを作り上げて
ユーザーの心に響く構成を作ります。
下のスマホ版LPは、法則を組み合わせて作成しています。

3C分析で集めた材料をもとに、検索キーワードに合わせて、分かりやすい商品や企業ごとにストーリーを作り上げていきます。
このストーリー構築は、事前リサーチを徹底すればするほど、完璧に出来上がります。
*検索キーワードとは、リスティング広告等で定めるキーワードのことで、ユーザーが検索するであろうキーワードを示します。

ストーリー1

ファーストビューは、ユーザーが最初に目にするヘッダーコンテンツ。
LPでは最も重要な部分です。
ユーザーは3秒以内にファーストビューの良し悪しを決断するため、
離脱するか留まるかはここで決まるといっても過言ではありません。
商品のイメージが良く見えるクリエイティブ、心に響くコピー、
イメージにあったフォントなどで、
顧客分析で作り上げたユーザーの注意を引きます。

ストーリー2

ここでは商品の特徴をアピールします。
できるだけわかりやすく表現することがポイントです。
分かりづらいと、せっかくのユーザーが離れていってしまいます。

キーワード検索で訪れたユーザーのニーズに合っていて、かつ、
返金保証や権威付けで商品を購入するお得感を打ち出します。

料金やサービスについて、実際の料金はいくらなのかを明確にします。

この場合、一番買ってもらいたい商品をお得感を出して紹介しています。
「初回半額」や「お得な毎月お届け定期コース」、
「送料・代引き手数料無料」と、お得な要素を全て入れ込みます。

ストーリー3

お客様の悩みを理解していることを表します。
「こんなこと思った事ありますよね?
解決策も知っているけれど不安もありますよね?」と、
ユーザーの悩みに共感してあげることが大切です。

このLPに訪れたユーザーの悩みを理解して共感します。

ストーリー4

途中で漫画を入れることにより、悩みが分かりやすくイメージされます。
ランディングページは長いので、途中で飽きてしまい離脱する可能性も
防げます。

ユーザーは求める情報がそこにあるかどうかを瞬時に判断します。
そのためユーザーをつなぎとめる施策として漫画は最適です。

ストーリー5

ユーザーに提供する商品やサービスのメリットをしっかり伝えます。
ここで商品の理解を深めてもらい、商品やサービスを理解し、
納得していただきます。

このLPの場合は「歯ブラシにつけて磨くだけ!」という簡単さを表し、
簡単なのにこんなに歯が白く!という商品のメリットを伝えます。

ストーリー6

漫画の続きです。
漫画で購入後、どうなるかというイメージを分かりやすく表します。

漫画ではよく「つづく・・・」などとありますが、
前述の漫画の後半部分で、購入後のユーザーを想像させています。

ストーリー7

ほかにも同じような商品やサービスがあるのでは?
と思うユーザーを引き留めます。

他社との比較を明確にして自社商品やサービスがよいことを伝え、
「だからみなさんから選ばれているのです!」とさらに購入を促します。

ストーリー8

購入者の実際の声を出すことで、感情を高ぶらせ、
「この人たちはこうだったのか」と思ってもらい、商品やサービスを
欲しくさせる部分です。

ここでは購入後のユーザーの未来を想像させる部分です。
メリットや特徴だけを一方的に伝えるだけでなく、実際に「こうなる」
ことを具体的に伝わるようにイメージさせ、気持ちを高揚させます。

ストーリー9

クロージングは、購入の決意を持った人へ、最後にもう一度、
商品購入の提示をする箇所です。

購入を決定していても、「どこにボタンがあったかしら?」と、迷って、
購入決定意思を妨げないように配慮しています。
ユーザーの悩みの解決でもありますので、
最後にも必ず入れるようにしましょう。

クロージングのあとに、もう一度商品の説明を入れることで、
「あなたの問題を解決するのはこの商品(サービス)です」
ということを再確認してもらます。

クロージング後、購入の決意を持った人へ、最後にもう一度、
商品購入の提示をする箇所です。

購入を決定していても、「どこにボタンがあったかしら?」と、
迷って、購入決定意思を妨げないように配慮しています。
ユーザーの悩みの解決でもありますので、
最後にも必ず入れるようにしましょう。

ユーザー
ユーザー求めている情報
順序
わかりやすく伝えたい順序
画像
わかりやすい画像伝えることで
ランディングページの成約率を大きく改善することができます
ユーザー
ユーザー求めている情報
順序
わかりやすく伝えたい順序
画像
わかりやすい画像伝えることで
ランディングページの成約率を大きく改善することができます
03

購買意欲を描き立たせる演出

購買意欲

購買意欲とは?
ユーザーが「こんなものが欲しい」と思う
心理のことです。
商品やサービスを購入したいと思う心理が高まれば自然と
欲しいものを探します。
現在はインターネットを使って探す場合が多いので、
ユーザーの購買意欲を
掻き立たせるランディングページを
作ることが重要です。

ユーザーは3秒でデザインの良し悪しを本能で決めるといわれています。
そのためZEROでは、3秒以内に商材やサービスの価値がわかるよう以下のポイントを意識しています。

・商品や企業の価値の理解を促すコピー
・商品や企業の特徴が分かるイメージデザイン
・質感もシズル感や擬声語
・背景の色、イメージに合ったフォントタイプや大きさ

上記のポイントを意識することで、ユーザーの理解・共感を深め、続きが読みたくなるように誘導することができます。

ファーストビュー1
ファーストビュー2
商品のシズル感とキャッチコピー、デザインで魅力を訴求3秒以内にユーザーの心を掴むことがファーストビューの役割です

漫画はスマホユーザーには効果的!

ランディングページを作ったけれどインパクトがなく読みずらく理解しづらい・・・
商品や企業によっては、その価値をハッキリ伝えづらい場合もあります。
広告表記、薬事法など法的にNGとされる文言は使わず、ユーザーに商品や企業のメリットを伝えるには、漫画が最適です
ファーストビューで使うのもインパクトがあります。どこの場所に漫画を入れ込むかにより長いランディングページを飽きさせず
最後まで読んでもらう効果もあり、スマホユーザーには効果的です。

漫画
漫画やイラストは、熟読率を向上させる効果があるので長いランディングページとの相性は抜群です

LPの目的は、集客や購入率の増加などです
そのためには、その企業や商品の価値を効率良く訴求する必要があります。
そこで効果的な一つの方法が動画です

映像と音声で情報を伝達できる動画は、ユーザーの理解を深めることに最適なのです。
理解が深まれば深まるほど、結果、購買行動にも影響が出ることが確実です。
米Animoto社のユーザー調査によると、「64%の回答者がその企業を理解する上で動画が役立つ」
「96%もの人がオンラインでの購買を決定する際に動画が役に立つ」と答えています。
購入だけでなく、リード獲得でも動画は有効です。

動画

FX(外国為替証拠金取引)トレード用のプラットフォームを
提供しているeToroは、プラットフォームのダウンロード数
増加のため、メリットをアピールする動画をランディング
ページのファーストビューに導入した結果、
動画付きのLPでCVRが約32%UPしました。

参考:movieTIMESより

動画を使用することでサービスや商品をわかりやすく解説するだけでなく他社との差別化にもつながります
お得なキャンペーン実施中

もしランディングページをご検討中であれば
ZEROの提案を聞いてみてください。
確実にあなたにメリットのある情報提供をさせていただきます。

今お問い合わせいただいた方・お申し込みいただいた方にプレゼント 無料相談・お見積もり依頼 無料相談・お見積もり依頼

制作してからが本当の勝負
運用改善を行い、コンバージョン数の
最大化を図ります

運用

ランディングページは制作して終わりではありません。
公開後にユーザーのアクセス数を増やしたり、熟読率や
クリック率などの分析を行い、改善していく必要があります。

ZEROでは、ランディングページのアクセス数を増やすために
「コンテンツSEO」と「リスティング広告」の運用を。
改善のために「ヒートマップツールの導入」と
「ABテスト」を行っています。

ランディングページを運用する上で、まずはじめに気になるのはどれくらいのPV(ページビュー)があるのか?ではないでしょうか。
ZEROではこのPV数を増やすためにコンテンツSEOを行っています。
コンテンツSEOとは、ユーザーに効果的なコンテンツを配信し、Googleなどの検索エンジンから集客する方法です。
コンテンツSEOで集客したユーザーをランディングページへ誘導することで、ランディングページのPV数を飛躍的に伸ばすことができます。

PV数とコンバージョン率は比例するため、PVを増やすことでコンバージョン数の増加およびファンの囲い込み(お気に入り登録・
SNSでのシェアの増加など)、競合ランディングページとの差別化に非常に効果的
だとZEROでは考えます。

コンテンツマーケティングの全体図 記事ページを増やすことによりPV数の増加およびSEOにも効果的です
リスティング広告とランディングページを組み合わせることで圧倒的に高い集客を実現できます

リスティング広告とは、
Yahoo!やGoogleの検索結果に連動して、上・右・下に表示される広告のことです。

リスティング広告

リスティング広告では、表示させたいユーザーを、地域、曜日別、時間帯別、デバイス別などターゲットを設定して、
配信することができるため、狙ったユーザー層のみに広告を表示することが可能です。

例 東京の新宿区に在住のスマホユーザーに対して、毎週金曜日の16時~22時に広告を出稿料金はクリック課金制のため、
1クリック10円~出稿可能となっており、何回クリックされたら反響が鳴るのか、データー分析ができるようになっているので、
1コンバージョン当たりにかかったコストが明確にわかる点もリスティング広告の特徴です。

※顧客分析の項目でお伝えしたペルソナマーケティングがここでも重要になってきます。

リスティング広告と並行して、フェイスブック広告やリマーケティング広告を実施するとより効果的な集客ができます

ABテストとは?

2種類のページを用意し、制約しやすいページを判断するテストのことです。

ABテスト
ABテスト
ABテスト
結果… 成約率の高いBを使おう!

ABテストで重要なことは、変更するポイントを1箇所に絞ることです。
一度にコピーやデザイン全てを変更してテストしてしまうと、何ががよくて成約率が上がったのか下がったのかがわかりません。
デザインを変更する場合は、コピーはそのまま。
コピーを変更する場合はデザインをそのままにすることを意識してABテストを行います。
また、 リスティング広告を運用しながらABテストを行うことで、アクセスを素早く集めることができ、テストの期間を大幅に
短縮することができます

リスティング広告と並行して、ABテストを行うことで改善検証のサイクルを効率的に回せます

アクセス解析ツール

ランディングページを制作する目的は、
あくまでコンバージョン(成果)を獲得すること。
アクセスしたユーザーが会員になったり商品を購入したりした
場合、コンバージョン率が上がったことになります。
複雑なページ遷移もなく、数値もシンプルなため、
新しい商品・サービスの効果的な見せ方を研究・改善することに
おいてとても有効です。さらにアクセス解析ツールで解析すれば、
●ページ内のどのボタンが何%クリックされているのか、
●ページのどの時点で何%のユーザが離脱しているのかなど数字で
表されるので分かりやすいです。この解析を基にLPの改善もしやすく、
高い確率でコンバージョン率の向上を実現することができます。

アクセス解析

運用改善例

ランディングページを制作してリスティングを回したが、コンバージョン率が思った以上に上がらなかったため、ABテストとアクセス解析で、キャッチコピーとボディコピーを改善し続け、4か月目でコンバージョン率が2倍以上に改善した事例です。
ランディングページは作るのがゴールではなく、運用し続けることにより、更にコンバージョン率が向上するので、常に改善を続けることが重要です。

運用改善例
ヒートマップを用いてデータに基づいた改善をおこなうことで売れるランディングページへと進化させていきます

ランディングページ制作の
料金体系・制作の流れ

ランディングページ制作料金

毎月10社様限定一式400,000円

※長さはA4×6枚分程度の長さとなります。 
※ページの長さにより価格が変わります。

オプションは別途料金になります。
貴社のご予算に応じてご提案をさせていただきますので、
お気軽にご相談くださいませ。

オプション 無料相談・お見積もり依頼 無料相談・お見積もり依頼

ランディングページ制作の流れ

STEP1STEP1

お問い合わせ

ランディングページの運用で成果が出なくて困っている場合や
ネット集客全般に悩んでいる場合はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
STEP2STEP2

初回ヒアリング

販売したい商材やターゲット、予算等を電話又はスカイプで確認させていただきます。

初回ヒアリング
STEP3STEP3

初期提案および見積書発行

簡易的なヒアリングと同種・類似商品(サービス)のLPをリサーチした上で、
初期提案およびお見積書を発行し、提出させていただきます。

初期提案および見積書発行
STEP4STEP4

契約・着手金支払い

お見積書をご確認の上、署名捺印をお願い致します。
その後、着手金の請求書を発行し、ご入金の確認ができ次第、ご契約となります。

契約・着手金支払い
STEP5STEP5

ヒアリングシート送付

貴社の商材に合わせた専用のヒアリングシートを作成致します。
ご回答いただくだけで商材の特徴などを整理する良い機会になると思います。

ヒアリングシート送付
STEP6STEP6

制作前ヒアリング・正式スケジュール送付

ヒアリングシート記入後、制作前に詳細なヒアリングをスカイプまたは電話で行います。
その後、正式なスケジュールを確定し、制作に入ります。

制作前ヒアリング・正式スケジュール送付
STEP7STEP7

ヒアリングを元に企画構成案を提出

ヒアリングを基に競合分析・自社分析・顧客分析を行い、企画構成案(LPの骨組み)を
提出します。企画構成案はどのような情報をどのような順番で入れるかを示したLPの
土台になります。弊社及びクライアント様が納得いくまで修正改善を繰り返し、
進めていきます。

ヒアリングを元に企画構成案を提出
STEP8STEP8

ワイヤーフレーム制作

企画構成案を基にワイヤーフレームを制作します。
どこに何をどのようなレイアウトで見せていくかを形にしていきます。

ワイヤーフレーム制作
STEP9STEP9

執筆

ワイヤーフレームが確定したら執筆をクライアント様に行っていただきます。
弊社がご用意したワイヤーフレームに直接執筆していただきます。執筆していただいた
原稿を基に弊社にて、LP用に編集・校閲させていただく場合があります。

執筆
STEP10STEP10

デザイン準備

執筆完了後、デザイン準備に入ります。
デザインに必要な写真素材や画像データを
ご用意いただき、弊社にご共有ください。素材がない場合、弊社で有料写真等を代行購入
させていただきますが、費用はクライアント様負担となるため予めご了承ください。

デザイン準備
STEP11STEP11

デザイン

デザイン準備完了後、ワイヤーフレームを元にLPのデザインを制作していきます。
制作は、「PCファーストビュー ⇒ PC下層デザイン ⇒ SPデザイン」の順で行って
いきます。SPデザインはPCデザインをリサイズし、SP専用のデザインを制作致します。

デザイン
STEP12STEP12

フロントエンド・コーディング

デザイン確定後、コーディング作業に入ります。
実際にユーザーに見ていただくLPですので、綿密なチェックを行います。
*デザイン未確定のままコーディングを先行して進めることはできませんので予めご了承ください。

フロントエンド・コーディング
STEP13STEP13

納品・後金支払い

コーディング完了後、クライアント様にチェックしていただき、問題なければ後金の
ご入金をお願い致します。ご入金確認後、HTML・CSSデータを納品致します。
デザインデータに関しては別料金となります。
*素材の購入費用もご一緒に請求させていただきます。

納品・後金支払い
STEP14STEP14

運用・改善

運用・改善までご依頼いただいたクライアント様には、アナリティクスや
ヒートマップツールを使用し更なる改善のためサポート致します。

運用・改善

よくある質問

商材やLPの長さなどにもよりますが、おおよそ1.5~2ヶ月程度かかります。
お問い合わせの際にどのようなLPを制作したいかご教授いただければ、おおよその納期をご提示致します。
修正の回数は設けていません。
ですが、ご提出させていただくスケジュールは、1回の修正を前提に制作していますので、
2回以上の修正が発生した場合、納期が遅れてしまう可能性があることをご了承いただけますと幸いです。
もちろんお任せください。いずれのお客様にも丁寧にご説明やご提案を致します。
商材の魅力を最もよくご存知なのはお客様ですので、制作前にはご要望などを聞き取らせていただきるよう、
わかりやすい言葉で綿密な打ち合わせを行います。
誠に恐れ入りますが、お客様それぞれの事例により異なりますので、
まずはお問い合わせをお待ちしております。良心的にお客様に合ったプランをご提案致します。
納品ファイルはHTMLとCSSファイルになります。
デザインデータに関しては、別途料金が発生しますので予めご了承ください。
可能です。
使用したいカートのコード情報を事前に共有していただければ、LPに合わせてデザインすることが可能です。
カートの代行申し込みや構築等は承っておりませんのでご了承ください。
電話・Skypeでの打ち合わせが基本ですが、東京にて直接の打ち合わせが可能です。
基本的に写真・イラスト素材はお客様にご用意いただきます。
弊社で代行して写真素材を購入する場合は、別途料金がかかりますので何卒ご了承ください。
イラスト等の制作は可能なので、別料金にはなりますが、お気軽にご連絡ください。
もちろん可能です。LPを制作したほうがいい商材なのか、どのような運用方法が効果的なのかなど
お客様に合わせてご提案致します。
可能です。デザイン以外にも、ライティングだけ、企画構成のみ等、クライアント様の現状に合わせて
ご対応致します。

株式会社ZEROについて

売れるストーリーで企業の経営課題を解決する

私たちは、東京都港区にある、Web制作からマーケティング
までの
Webサービス全般を得意とする会社です。

ランディングページ制作延べ300件以上、
ホームページ制作延べ
100件以上、ネット広告運用代行延べ80社以上、
オウンドメディア運用代行(コンテンツ制作)
延べ1,000記事以上を手掛ける
Webマーケティングのプロフェッショナルです。

ランディングページ制作で最も重要なことは
「ターゲットに対して、情報を整理整頓し、
売れるストーリーを作り上げる」
ことです。

クライアント様が求める成果に対し、
一つずつ戦略を組み立てていきます。

数多くの案件を担当してきた経験豊富な
ディレクターやデザイナーがいますので、
どんな細かな疑問でも
明確な根拠をもとにお答えできます。
すべてのサービスは
細かく丁寧なヒアリングが始まりますので、
まずは気軽にお問い合わせください。
親切丁寧を心掛けて、真摯に対応させていただきます。

株式会社ZERO 代表取締役 池田直樹

最後にZERO式ランディングページ制作の
メリットをまとめます

  • 細かい悩みでも親切丁寧に対応してもらえる
  • 競合に打ち勝つ商品・サービスのセールスポイントを明確にします
  • 売れなかった商品・サービスの売り方がわかる
  • 売れなかった商品・サービスのブランディングができる
  • ターゲットに訴求できるランディングページができる
  • 制作後のランディングページの運用改善の相談ができる
  • ネット広告の運用改善の相談ができる
  • ネット集客における総合的なサービスの相談ができる
  • ネットで売れる仕組みを構築できる
  • WEB業界の最先端の情報提供ができる
お得なキャンペーン実施中

もしランディングページをご検討中であれば
ZEROの提案を聞いてみてください。
確実にあなたにメリットのある情報提供をさせていただきます。

今お問い合わせいただいた方・お申し込みいただいた方にプレゼント 無料相談・お見積もり依頼 無料相談・お見積もり依頼