ランディングページの3つのメリット

ランディングページの作成を検討する上で、一番気になることは「メリット」だと思います。

 

ランディングページの何が優れているのか。

一般的なWebサイトと何が違うのか。

費用対効果は高いのか。

 

そこで今回は、ランディングページの作成する3つのメリットについて紹介します。

 

 

1.とにかく自由自在

2.伝えたいことを伝えたい順序で伝えられる

3.費用対効果を上げやすい

4.まとめ

 

 

1.とにかく自由自在

 

一般的なWebサイトは、会社情報や、他の商品やサービスへのリンクがある場合が多く、1ページにいろいろな情報が詰まっています。仮にWebサイトのトップページを広告で使用した場合、求めている情報がどこにあるのかが分かりづらく、離脱してしまう可能性が高くなります。

 

一方、ランディングページは、ひとつの商品やサービスについてデザインされるため、会社情報などの不要な情報を載せる必要がなく、既存のWebサイトのデザインや情報に縛られないで自由に表現することができます。

街で飲食店のチラシをもらった時のことをイメージしてみてください。

そのチラシは、おすすめ商品の画像や特徴が大きく書かれていて、ユーザーが求めていない会社情報やその他の情報は小さく書かれているはずです。

 

このように表現できるのが、ランディングページです。

Webサイトから独立して、自由に表現できることがランディングページの強みと言えます。

 

 

2.伝えたいことを伝えたい順序で伝えられる

 

検索キーワードによって、ユーザーの目的や求めている情報が違います。

 

例えば、女性向けの洗顔料と男性向けの洗顔料を販売している会社があったとします。

両者とも同じ洗顔料ですが、女性と男性ではアプローチの仕方が違います。

一般的に男性は女性に比べて皮脂の量が多いので、女性用の洗顔料に比べて洗顔力が強くなっていることが多いです。一方、女性は水分量が少なかったり、男性に比べて肌が弱いため、「優しく洗い流す」「しっかり保湿する」などのポイントが重要になります。

 

このように売る商品、ターゲットによってアプローチの仕方がまったく違います。

これを同じWebサイトで売ろうとすると、ユーザーが求めている情報が見つけづらく、結果的に離脱してしまう可能性が高くなります。

 

しかし、ランディングページでは、その商品を求めるユーザーの目的に合わせて魅力的な情報を、「売る側が伝えたい順序で」伝えることができます。

イメージしやすいように画像を多く使ったり、読みやすさを重視した分かりやすいデザインにすることができます。

ランディングページを作る際は、ユーザーの目的を考え、「先を読みたい」と思わせるデザイン・順序を意識するとよいでしょう。

伝えたいことを伝えたい順序で伝えるの具体的な説明はこちらのZEROのランディングページをご覧ください。

 

3.費用対効果を上げやすい

 

ランディングページは、ユーザーの離脱を防ぎ、コンバージョン(問い合わせ・資料請求・購入)へとつなげやすくすることに特化したページです。

 

一般的なWebサイトの制作期間・納期に比べて短期間で、かつ、安い料金で作ることができ、効果測定や修正が容易なため、費用対効果の高いWebマーケティングが可能であるというメリットがあります。

 

さらに、SEOやリスティング広告と組み合わせることで、より高い効果を望むことができます。

 

 

4.まとめ

 

いかがでしょうか?

 

ランディングページは、Webマーケティングにおいてとても重要になるため、制作を検討されている方には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

最後にランディングページのメリットを復習します。

・既存のWebサイトのデザインや情報に縛られることなく、自由に表現できる

・ユーザーの目的や求めている情報に合わせて、売る側が伝えたい順序で伝えられる

・一般的なWebサイトに比べて費用対効果の高いWebマーケティングが可能になる。

 

ここでは、メリットについて説明してきましたが、一定の流入数が前提になっていたり、テキストが少ないため、SEOで評価されづらいという側面もあります。

 

自社の商品がランディングページでのWebマーケティングに向いているかどうか、1時間で無料診断しますので、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。