【思わず読みたくなる】LPの5つのライティングテクニック|外注費用も解説 

ランディングページ制作と運用を成功させるためには、きめ細やかな分析や確かな設計が重要ですが、設計に肉付けをしていく『ライティング』技術もまた欠くことのできないものです。Web媒体における販売戦略では、コピーライティングの出来栄えが成否の鍵を握る場合も少なくありません。

そこで今回は、ランディングページで扱う商品の魅力を過不足なくユーザーに伝えるためのコピーライティング技術について解説します。顕在的および潜在的顧客に対し、商品の魅力を訴求するのに必要なライティングのコツが詰まった内容となっていますのでご期待ください!

この記事を読んだらわかること

・文章とコピーライティングの違い
・ランディングページで読まれるライティングの基本構成
・誰でもライティングの実力が上がる5つのテクニック
・コピーライティングを外注した場合の費用・相場
目 次表示
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め300社以上のランディングページ制作に携わってきました。
ランディングページは、企画構成が重要で、これを怠ると思うような結果は出ません。
我々は数多くの制作実績から蓄積された経験と企画構成力で商材に合わせた売れるためのランディングページを提案できますので、お気軽にご相談ください!

文章とコピーライティングの違い

コピーライティングとは、なるべく多くのユーザーの目を引き、その先のコンバージョンにつながるよう工夫された文章です。一方、通常の記事などで使う文章は、読むこと自体を目的とされています。

コピーというと、タイトルや標語のような短い文章を連想する方もいるでしょうが、コピーライティングとは短文に限らず、広告媒体で使用される文章全般を指します。

もちろんWebだけではなく紙媒体の広告でもコピーライティングはありますが、Web制作の現場にはそれ特有のコツやテクニックが存在します。商品の魅力を余すところなく伝え、ユーザーの購買意欲を引き出すためには、ライティング技術を駆使したランディングページを作ることが重要です。

ランディングページで読まれるライティングの基本構成

そもそもランディングページとは、どのような構成でライティングしていくものなのでしょうか?ここでは、コピーライティングをするうえで知っておくべき、ランディングページの基本構成をパートごとにご説明します。

ファーストコピー

ファーストコピーとは、ページタイトルに該当するものです。また、このタイトル部分を補足説明する短文も作成し、読者の興味をより強いものとします。ファーストコピーの役割はランディングページを前へ前へ読み進めてもらうことです。そのために重要となるコツを次にご紹介します。

【思わず読みたくなる】ファーストコピーを作る3つのコツ

続きを読み進めてもらわないことには始まらないのがランディングページ。そのファーストビューには重く責任がのしかかります。ファーストビューの2大要素となるのがアイキャッチ画像とファーストコピー。このうちファーストコピーでは、以下の要素を重視してライティングします。

・目新しさがあること
『最新情報』『20○○年版』といった情報の新しさをアピールする文言や、競合にはない角度からコンテンツを書くことは効果的です。

・お得感があること
この商材を知り、購入した人だけが得することを説明する文章にすることが大事です。

・好奇心を誘う
ペルソナの興味の対象をとらえ、その好奇心を誘うようなライティングを行います。共感が得られる書き方を意識しましょう。

ボディコピー

ボディコピーとは、言ってみればランディングページのメインパーツとなる本文です。商材の基本情報を読んでもらうための箇所で、商品の特徴・魅力・信頼性などを説明していきます。ボディコピーは大見出し・中見出し・小見出しに分けてそれぞれ本文コピーを書くのが一般的です。

見出しを使って読みやすくまとめる

大見出しには、そのブロックの中で得られる情報をキャッチーなタイトルとして見せる役割があります。さらに、中見出しと小見出しを使うことによって商材情報を詳細な情報ごとに分類し、わかりやすく伝えます。

見出しとは、読めばそこで何を知ることができるのか瞬時に判断できるだけでなく、コンテンツごとに読みやすくまとめる機能も持つ便利なものです。

また、見出しはWeb広告でありがちな『流し読みされて終わる』パターンの対策にもなります。興味を引く短文でユーザーの目を留められるほか、パッと見ただけで離脱してしまうユーザーを引き止めるきっかけにもなり得ます。

読まれる本文の共通点

離脱せずについつい読み進めてしまう本文コピーとはどのようなものでしょうか?
読まれる本文に共通するポイントは、

①わかりやすい:難しい言葉をなるべく使わず、結論は後回しにしないで最初に書きましょう。
②端的:1つの文章をだらだらと長くしないで簡潔に情報を伝えることで読者を読む気にさせます。
③具体的:わかりにくい説明には例え話や他の言葉への置き換えでイメージしやすくさせます。
④流れ:文頭や文末を工夫し、文章を自然で読みやすくつなげられるかどうかが鍵です。

上記、4つに尽きます。

クロージングコピー

クロージングコピーはボトムコピーなどとも呼ばれ、主にページの終盤にコンバージョンを念押しするためのパーツです。ランディングページ全体をまとめるような内容とともに、いわゆるCTA(コール・トゥ・アクション=行動喚起)を促すためのコンテンツが必要となります。具体的な書き方を見ていきましょう。

問い合わせが増えるクロージングコピーの書き方

クロージングコピーでは「オファー」「比較」「ベネフィット」「追伸」の4つのコンテンツが重要
です。それぞれ簡単に解説します。

・オファー:期間限定価格・特典・アフターフォロー・使用方法の簡便性等を提示します。
・比較:競合との比較を客観的な数字などで示して自社の優位性をアピール。
・ベネフィット:買うことで得られるメリットを改めて認識させコンバージョンにつなげます。
・追伸:商材を開発した思いなどを綴ることにより、ユーザーの共感が得られます。

参考:【クローンジングコピーの役割】ランディングページの成約率を上げる4つのポイント

image image
クロージングコピーはLPの後半部分だけではありません
ボディコピーの各見出しの最後に、ポイントを抑えたクロージングコピーを入れることでユーザーの購買行動を後押し、見出しのまとめ的な役割を果たすのでより読まれやすくなります。
池田直樹
ZERO式ランディングページ制作はこちら

誰でもライティングの実力が上がる5つのテクニック

ライティングの力でコンテンツを読ませて、さらにコンバージョンにつなげるというのは至難のワザです。ここではライティング技術の中でも重要でいて、すぐに実践できる5つのテクニックをご紹介します。

誰に向けた文章なのか明確にする

書いた文章を読むのは誰なのかをはっきりさせ、その目線を意識してライティングしないと、説得力に欠けるコンテンツとなってしまいます。例えば20歳前後の女性と50歳前後の女性では、同じ化粧水を探すにしても、求める効果は異なります。

自分とは無関係だと感じた文章を読み進めようという人は多くはありません。狙ったターゲット層の心理・状況を分析し、その気持ちに寄り添うようにして書くことで、初めてユーザーの心に響く文となるのです。

文章の型を作る

その人なりの文章の型・スタイルのことを文体と言いますが、こうした文体を身につけると、ライティングはかなり楽になります。文体は書き手の個性を表すものとしてとらえるのが一般的。しかし、ランディングページでは書き手の個性は必要ありません。

ランディングページのライティングで文体を作る場合は、自分なりのリズムを意識することをおすすめします。文章が長くならないように工夫する過程で、「です」「ます」などの使い方に変化をつけてリズミカルにし、文全体の流れを良くすることを優先させましょう。

タイトル付けにもこのような自分なりのスタイルを定着させると自然な表現ができます。

文章に説得力を与える三段論法

ランディングページは情報量が少ない中で、いかにユーザーを説得するかが勝負の分かれ目となります。結論は最初に簡潔な言葉で示し、まわりくどい言い方は避ける必要があります。しかし、説得を丁寧にしなければならないというコンテンツでは、『三段論法』を使ってあえて遠回りしましょう。

三段論法とは、『こんな魅力的な商品がある→買ってください』ではなく、『この商品にはこんな特徴がある→これを使わないと損する→そうなりたくなければ買うしかない』、というような文章展開をして、悩み解決のストーリーをより明確に文章化する方法です。

例えば「この化粧水は乾燥を予防してお肌をしっとりさせる効果があるから買ってください」と書くのではなく、「保湿効果の高い化粧水を使わなければ、お肌は乾燥状態となりちりめん皺ができやすくなるだけでなります。そこでこの保湿力抜群の化粧水を使えば…」といった文章運びになります。

文章は校正に最も力を入れる

文章を一発勝負で完成させることができる人は多いとは言えません。まずは自分のペースで一通り書いた後、冷静に推敲・校正といった見直し作業を丁寧にすることが重要です。

校正段階では、書いた文章をより良くすることを念頭に置き、表現がわかりづらくないか、同じ言い方をくり返し使っていて幼稚な文章になっていないかなど、誤字・脱字以外の読みやすさもしっかりとチェックして手直ししていきましょう。

校正を手際良くできるようになると、文章が上手になるだけでなく、ライティングにかかる時間を劇的に短縮できるようになります。

とにかく書き続ける

ライティングもスポーツや楽器の演奏などと同じで、実践練習を続けないとなかなか上達することはできません。競合他社の広告や記事などの中で、うまく書けていると思うものを読み、文章の運び方を手本にするなどしても良いでしょう。もちろん、コピペや過度な模倣は絶対にしてはいけません。

ライティングはコツさえつかめるようになれば、スムーズにこなせるようになります。しかしそこまでになるには、何よりも書き続けていくことが最も重要です。場数を踏むことで、文章はより磨かれますし、書くスピードもどんどん上がっていきます。

【番外編】コピーライティングを外注した場合の費用・相場はいくら?

コピーライティングは、一定以上の訓練を積むことが重要です。自社で書き手をまかなえない場合は、Web制作会社などに代行を依頼することも視野に入れる必要があります。そこでここでは、コピーライティング込みのランディングページ制作を外注する際にかかる価格相場をお伝えします。下表にまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

A社 B社 C社 ZERO
120,000円~ 240,000円~ 500,000円~ 300,000円~
ただしライティングなどはオプション扱い コーディング・ライティング等別料金 運用まで込み 商材によって変動

まとめ:ライティングはコンバージョンに直結する

今回はランディングページ成功の欠かせない、ライティングの重要性を解説してきました。コツを押さえて熟練すれば、ライティングのやり方1つでペルソナの心理をとらえ、読み進めてもらい、商材がないとその先に損をそてしまうと思わせることもできるのです。

自社内でライティング技術に関するリソースを確保できない場合は、プロフェッショナルなWeb制作会社に記事作成込みのランディングページ作りを外注するのも良案。料金を安く提示している会社は、ほとんどの工程がオプションだった!ということもあるので要注意です。

この記事のおさらいポイント

・コピーライティングは普通の文章に比べ、より人の目を引くよう工夫される必要がある文章
・ランディングページのライティングには、パートごとにコツがある
・ランディング制作の外注価格相場は何を頼むかによって大きく変わる
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め300社以上のランディングページ制作に携わってきました。
ランディングページは、企画構成が重要で、これを怠ると思うような結果は出ません。
我々は数多くの制作実績から蓄積された経験と企画構成力で商材に合わせた売れるためのランディングページを提案できますので、お気軽にご相談ください!

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績