【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

ランディングページを作って自社商材の売上アップにつなげたいけれど、相場がよくわからないという方は多いのではないでしょうか?実際に、ランディングページ制作の価格相場にはたいへんバラつきがあるのが実情です。

しかし、バラつきがあると言っても、だいたいの予算を決めないことにはランディングページ制作が先に進みません。今回は、ランディングページ制作の料金目安や依頼先の選び方などをわかりやすくご紹介します。後になって『余計な料金を支払ってしまった』と悔やまないよう、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を読んだらわかること

・ランディングページ制作の料金・価格相場
・失敗しないランディングページ制作会社の選定方法
・ランディングページ制作の流れ・作業工程
・ランディングページ制作を依頼する際のサービス内容確認事項

ランディングページ制作の料金・価格相場

ランディングページの制作料金には、制作会社など依頼先によってかなり幅があります。ここでは、そのおおまかな価格帯をまずご覧に入れ、その後に各価格帯でできることを解説します。

相場 対応内容 発注先 制作期間 こんな方にオススメ
10万以下 デザイン
コーディング
フリーランス 1週間~3週間 ・とにかく安くLPを制作したい
・すでに原稿と構成があり、デザインのみで十分
10~30万以下

デザイン
コーディング
一部戦略設計

フリーランス
中小Web制作会社
2週間~1.5ヶ月 ・少しデザインにこだわりたい
・LPを制作したことがあり、戦略設計ができる
30~60万以下 デザイン
戦略設計
コーディング
一部ライティング
一部公開後の修正
中小Web制作会社 1ヶ月~2ヶ月 ・LPを制作したことがなく、戦略や設計については無知
・構成やコンテンツにこだわりたい
60万以上 デザイン
戦略設計
コーディング
ライティング
公開後の修正
中小Web制作会社
大手Web制作会社
1.5ヶ月~3ヶ月 ・LP戦略に対してコンサルとして参画してもらいたい
・予算があり、確実に成果を出したい

ランディングページの一般的な相場は、おおむね30~60万円となっています。フリーランスだからと言って必ずしも安くなるわけでもなければ、安い料金を提示している制作会社が良いというわけでもないため、選択は非常に難しいと言えます。価格相場を基準に予算を設定する際には、次の2点を重視しましょう。

・どこまでフリーランスや制作会社に対応してもらうのか
ランディングページの制作コストを下げるには、全ての工程を依頼先に丸投げするのではなく、できることは自社内でまかなうのが理想です。

・社内にリソースがあるのかどうか
上述したことを実行するには、それなりのスキルや人材が必要であり、社内にどの程度そのようなリソースがあるのか見極めることが大切です。

相場10万以下の場合

最も安い価格帯となるのが相場10万円以下枠。この程度で制作予算を収めたい場合には、依頼先に何を頼めるのでしょうか。具体的に見ていきます。

対応内容:デザイン・コーディングだけでこの予算に達してしまうことが想定されます。
発注先:フリーランスか小規模Web制作会社。
制作期間:早ければ1週間程度。かかっても3週間程度。
こんな方におすすめ:とにかく予算を抑えてランディングページを制作したい方、自社内に十分なリソースを確認できた方。

この価格帯での外注は、初めてランディングページを作る企業にはおすすめできません。10万円ではデザインくらいしか請け負ってもらえないため、ランディングページの成否に関わる企画・構成の部分が充実しにくいためです。ランディングページ成功の鍵を握るのは、企画構成とストーリー設計です!

##内部リンク##(企画構成)

参考:ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

なお、10万円程度の予算で制作依頼したい場合には、3C分析・企画構成・ライティング・戦略立案等を自社でまかなえ、デザインのみを発注する場合に限ります。

相場10万~30万の場合

まだまだお手頃と言える価格相場がここ。10万円を超えると少し依頼できる内容が増えます。具体的に見ていきます。

対応内容:基本のデザイン・コーディングのほか、企画構成を請け負ってくれるケースもあり。
発注先:フリーランスか中小規模のWeb制作会社。
制作期間:2週間~1.5ケ月。
こんな方におすすめ:どのようなコンテンツを入れたら良いのか、またそのコンテンツのレイアウトなども提案してほしい方。デザインに多少凝りたい方。

この価格帯になると、構成を担ってくれる制作会社も増えてきます。コーディングで動きをつけて人目を引くように加工するなど、デザイン面の自由度もアップ。ただ、細やかな運用サポートまではつかないケースが多いため、最適化や広告運用を相談したり実行したりしてほしい場合には別途費用を組む必要があります。

最も標準的な価格帯です。

相場30万~60万の場合

あらゆる工程を専門家に依頼したい場合や、運用開始後のフォローも希望する場合に適した価格帯です。できることの内容を見ていきましょう。

対応内容:運用後の成果も見据えたデザイン・コンテンツ作成、運用サポート。
発注先:中小規模以上のWeb制作会社。
制作期間:1ヶ月~2ヶ月程度。
こんな方におすすめ:オリジナリティあるページデザイン以外に、運用サポートもしっかりと受けたい方。

企画構成・戦略面の改善など、コンサルティングサービスも充実してくる価格帯です。なお、サービス内容が豊富になってくる価格帯というだけでなく、すぐれたWeb制作や運用で実績を上げている制作会社に多い設定料金目安と言えるでしょう。

相場60万以上の場合

予算としては高額となるこの価格帯。しかし、その分請け負ってもらえる内容もかなり格が上がります。具体的に見ていきましょう。

対応内容:自由なランディングページ制作はもちろん、分析・改善やWeb集客までをフォロー。
発注先:中小規模~大手Web制作会社。
制作期間:1ヶ月~3ヶ月以上。案件によってかなり異なる。
こんな方におすすめ:ランディングページの制作・運用のノウハウがなく専門家にトータルで任せたい方。Web集客やコンバージョンをアップさせて成果につなげたい方。

漫画や動画を使ったコンテンツ作成など、予算をかけて競合他社と差別化を図るようなランディングページを制作することができる価格相場です。運用・改善面のサポートも丁寧に行われ、Webマーケティング実績の底上げを狙えます。それなりに実績のある制作会社を選ぶことが重要です。

失敗しないランディングページ制作会社の選定方法

ここまではランディングページ制作の価格相場についてお伝えしてきましたが、高額料金を支払えば良いランディングページができるというわけでもありませんし、マーケティングが成功するわけでもありません。

ここでは失敗しないための制作会社選びのコツをご紹介します。

ロジックを理解している会社かどうか

制作会社を選ぶ際には、その会社が過去に手がけたランディングページの成功例についての説明を聞きましょう。ここでは、成功したのがたまたまではなく、緻密なロジックに裏付けられたものかどうかを見極めることが目的です。

担当者がその内容を深く理解し、なぜ成功したのかをわかりやすく説明できるかどうかをチェック!最初のミーティングでは、営業部署の人員が担当するケースが多いですが、営業マンが売れるランディングページのロジックをわかっているかどうかは制作会社選びの第一関門となります。

LPの制作実績を確認する

制作会社との相性という意味では、自社商材と同類の商材を扱ったことがあるかどうかも重要な見極めポイントとなります。どんな制作会社にも、得意とする業界や、逆にあまり制作実績のない不慣れな業界というものがあるものです。

同じランディングページであっても、商材によってはセオリーが異なるため、自社が属する業界に対する知識が豊富でノウハウをしっかり備えた制作会社を選べば、ランディングページ成功への近道となります。

価格内でどこまで対応してくれるか

制作会社によっては、表に出している相場と実際の見積もりに隔たりがあります。ホームページ上で見られる料金相場などは曖昧なものだと思っておいた方が良いでしょう。

安いと思って飛びついたら、設計の工程でも大きな見出しやタイトルは考案してくれるものの、他のライティングは別料金、などということも珍しくありません。画像取得も別途お金がかかるケースもあります。

表示価格で一体どの範囲までを請け負ってくれるのか、あいまいにせずに問い合わせで明確にしておくことが必要です。

池田 直樹
発注先はなるべく具体的な提案をしてくれる会社を選びましょう。
問い合わせからの初回の打ち合わせでは、自社の特徴についてプレゼンされると思います。特徴で決めるのも1つですが、どのようなLPを制作したら売れると思うか構想をヒアリングし、具体的な提案を持ちかけてくれた企業を選ぶことも重要です。

ランディングページ制作の流れ・作業工程

人によっては、なぜランディングページの制作でこんなに費用がかかるのか?と疑問に思う人もいることでしょう。

ここでは、ランディングページ制作における料金の根拠を少しでも納得できるよう各作業工程解説します。

分析・調査

ランディングページは、有力な見込み客となり得るターゲット層や、そのターゲットに響くキーワード選定を確実に行うための情報収集や分析が必要不可欠です。

また、自社の優位性が何なのかを見極めるために、顧客・競合・自社それぞれを丁寧に分析する、いわゆる『3C分析』も欠かせません。自社商材の魅力をどのように訴求するか、しっかりとした軸を形成するためにも、徹底的な情報の洗い出しやリサーチ、分析が必要です。

戦略設計・企画構成

実際にランディングページを作る前に、自社商材に合わせた販売戦略を詰めておく必要があります。分析・調査工程で得た結果をもとに、ランディングページのユーザーとして濃厚であることが予想される『ペルソナ』を設定し、訴求ポイントやコンテンツの内容・順番などの全体構成を決めていきます。

何を隠そう、ランディングページ制作で最も重要なのがこの設計と企画構成。この工程で手を抜いてランディングページの制作・運用がうまく行くことはまずありません。社内によほどのリソースがない限り、専門家に依頼すべき工程と言えます。

デザイン

企画構成をもとにして具体的なデザインをしていきます。設計図であるワイヤーフレームをベースに、依頼主と制作会社が打ち合わせをしながら行います。コンテンツの配置はもちろん、ページ全体のメインカラーやサブカラーの設定やコンバージョンボタンの色・大きさなど、細かなところまでがデザインの範囲です。この工程は、おおむねデザイナーが担当します。修正が利く回数については、あらかじめ確認しておきましょう。

コーディング

前工程でできあがったデザインを、実際にランディングページ上で形にするためのコーディング作業を行う工程です。専門知識を持ったエンジニアによる仕事が必要となります。いわゆるバグが発生しないよう『デバッグ試験』を行うなどの調整も重要

運用・改善

ランディングページが完成したら、いよいよ運用を開始します。広告出稿を行い、効果のほどを定期的な観察と分析によって測定し、問題点や改善ポイントを見出すことが重要で、これをもとにLPO(最適化)を行います。

ビジュアルやコピーなど、より良い方を選択するためのABテストを繰り返し行い、常にベストなランディングページを目指します。この工程も成果につなげるためには必須ですが、豊富な経験・ノウハウを必要とするうえ、地道で根気が要る作業と言わざるを得ません。

参考:【ランディングページ最適化(LPO)とは?】改善ポイントやオススメツール紹介

ランディングページ制作を依頼する際のサービス内容確認事項

ランディングページ制作を依頼するのであれば料金プランの中にはどのサービスまでが含まれるのかを確認したうえで発注する必要があります。

ここでは、制作依頼する前に知っておきたい、Web制作会社が担えるサービス内容をご紹介します。

改善サポート

ランディングページの問題点を分析結果から把握し改善することをLPO(ランディングページ最適化)と言います。効率を考えれば、制作を依頼した会社がLPOまでを請け負ってくれるのがベストです。外注する際には、LPO実績も豊富であるかどうかをチェックしましょう。

制作会社によってはLPOに自信があり、制作とセットにしたお得なプランを掲げているケースもあります。

広告運用

広告運用はランディングページの成否に関わる重要な作業ですが、制作とは別途料金を設けている会社が多い印象です。出稿代行だけなのかLPOまでを一貫して行ってくれるのか、依頼を検討している段階で問い合わせておくのが賢明でしょう。

できればこのサービスも、制作会社が一括して代行してくれると管理面でも楽になります。

バナー制作

ランディングページを運用する上では、バナー制作は必須となります。おおむねバナー制作はオプションですが、制作会社によってはバナー制作込みで請け負ってくれるところもあります。

料金内か別料金か、先に問い合わせて確認しておきましょう。

ブラウザ・OS対応

別料金でブラウザ対応をする制作会社も多いので、事前に確認しておく必要があります。また、今となってはスタンダードとなっているスマホ対応も、中には別料金で設定している制作会社があるので、念のため問い合わせておいた方が安心です。

レスポンシブ対応でも完全にスマホ対応しきれないので、スマホ専用のデザインを手がけてくれる制作会社を選ぶことをおすすめします。

修正回数

ランディングページ制作では修正が何度かありますが、料金内での修正回数を決めている制作会社も少なくありません。

何度でも修正してくれる会社もあれば、2~3回に設定し、後は別料金となることもあります。

また、ランディングページを公開後に修正して欲しい箇所が出てくることも珍しくないので、納品後の修正対応についても確認しておくようにしましょう。

納品形式

納品形式を選択することによって、別途料金を請求されるケースもあります。標準の納品形式が何なのか、自社が希望する納品形式と合致するのかを、前もって確認しておく必要があります。

まとめ:安さよりも成果が出ることを優先しよう

今回はランディングページの価格相場について解説しましたが、その相場にバラつきが出てしまう理由を理解していただけましたか?ランディングページは、誰(どこ)に制作を依頼するのか、どの工程までを代行してもらうのか、自社でまかなえるのはどの工程までか、などそれぞれの条件によって非常に差がつきます。

価格の安さだけを追求してしまうと、ランディングページを制作する目的がかなわず、何のために作ったかわからない…そんな結果を招いてしまうリスクがあります。安さを重視するのではなく、ランディングページ制作・運用による最終ゴールを見据えた制作会社選びを大切にしてくださいね。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページ制作価格の相場は10~60万円以上までと非常にバラつきがある
・自社内にリソースがない部分は専門会社への外注が賢明
・どの工程までをどの料金で請け負ってくれるのか事前確認が必須
・価格の安さだけで制作会社を選ぶと成果につながらないリスクがある

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績