コーポレートサイトにおすすめなWordPressテーマ5選|料金相場についても解説

WordPressは、ブログからECサイトやホームページなど様々なサイトを誰でも簡単に制作できる、世界で最も人気の高いCMSです。テーマ次第では企業サイトも素早く作れるため、近年ではWordPressを使用してコーポレートサイトを制作する企業も増えてきました。

しかし、WordPressでコーポレートサイト制作するメリットはあるのか?既存テーマでも独自性が出せるのか?制作時にどのようなポイントに気をつければいいか?など、いざ制作するとなると気になる点が多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回はオススメのテーマや参考サイトを紹介しながら、コーポレートサイト制作でのテーマ選定ポイントや独自性が出せるか?についてもわかりやすく解説していきます。

この記事を読んだらわかること

・WordPressのテーマ選びのポイント
・コーポレートサイトにオススメのテーマ紹介
・WordPressテーマでの独自性の出し方とは?
・WordPressで制作した他企業のコーポレートサイトを紹介
目 次表示
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のコーポレートサイト制作に携わってきました。
コーポレートサイトは、企業の特徴を魅力的に伝えながら、目的に適したサイト制作が必要です。
弊社は、初めてコーポレートサイトを作る方やリニューアルを考えている方など、幅広いお客様への制作に対応できますので、お気軽にご相談ください!

WordPressのテーマを選ぶ4つのポイント

WordPressでコーポレートサイトを制作する場合、テーマ選定に注意したいポイントは以下の4つがあります。

  • なるべく国産テーマを使用する
  • カスタマイズが簡単にできる
  • レスポンシブに対応している
  • コーポレートサイトであれば有料のテーマを選ぶ

それでは早速1つ目のポイントから解説していきます。

なるべく国産テーマを使用する

WordPressのテーマは世界中で開発されているため、国産と外国産の2種類があります。種類の豊富さやデザインが魅力的な外国産テーマは多いですが、ビジネスで利用していく上では国産のテーマがオススメです。

なぜなら、外国産のテーマは日本語対応していない場合もあり、管理画面が英語表記だったり日本語によるデザイン崩れなどが起きやすいからです。また、何か不具合が発生した際の問い合わせが英語になるため、英語力がない場合は問題解決に時間がかかってしまいます。

国産テーマであれば管理画面やサイト自体が全て日本語表記ですし、日本語のデザイン崩れは起こりません。もし問題が発生しても、開発者への問い合わせが日本語でスムーズなので、導入も運営も簡単に行うことができます。

カスタマイズが簡単にできる

次に、カスタマイズが簡単にできるテーマを選ぶのがオススメです。

WordPressのテーマには、ボタン1つでカラム数を変更したりトップ画面をスライドショーや動画にしたりと、カスタマイズ性に優れたものがあります。本来カスタマイズするためにはHTMやCSS、Webデザインなどの専門的な知識が必要です。それも、頻繁にサイトを更新するためのCMSなら、PHPやMySQLなどのプログラミング知識などがないとレイアウト崩れやエラーを発生させる可能性もあります。

しかし、カスタマイズ性に優れたものであれば、知識がなくてもレイアウトやイメージ画像などを誰でも簡単にカスタマイズすることができます。

レスポンシブに対応している

コーポレートサイトのレスポンシブ対応は、スマホなど様々なデバイスが普及した現代において必須です。

レスポンシブ対応とは、1つのHTML構造をCSSで複数のデバイスに対応させる手法です。PC版・スマホ版・タブレット版と、それぞれのデバイスに合わせたHTMLをわざわざ用意する必要がないため、サイトの更新も手軽に行えます。

WordPressのテーマは、基本的にレスポンシブ対応しているテーマがほとんどですが、稀に対応できていないテーマもあります。レスポンシブ対応できていない場合は、サイトのアクセス数が上がらなかったり成果につながらない可能性もあるので、十分注意しましょう。

コーポレートサイトであれば有料のテーマを選ぶ

WordPressのテーマは、無料・有料どちらも豊富にあります。近年、無料テーマでもカスタマイズ性やデザイン性などに優れたものが多数開発されていますが、コーポレートサイトに利用するなら有料のテーマの方がオススメです。

その理由は、無料テーマだと商用利用ができなかったり著作権表記が必須なケースがあるからです。コーポレートサイトは商用利用が必須ですし、テーマ開発者の著作権表記があるとトラブルが発生する可能性もあります。また、無料の場合はサポートがあまりされない可能性があるため、例えば『サイトが表示されなくなってしまった』というトラブルも自分で解決しなければなりません。

しかし、有料テーマであれば著作権表記は削除することができますし商用利用ももちろん可能です。サポートも充実しているので、何かあった時に問い合わせて問題解決することができます。

コーポレートサイトにおすすめなWordPressテーマ5選

WordPressでコーポレートサイトのテーマの選び方を紹介しましたが、実際探してみると有料テーマでも数え切れないほどのテーマがあります。

ここからは『どれも良さそうなテーマで選べない』という人のために、おすすめのテーマを5つピックアップしていきます。

MONOLITH

https://design-plus1.com/tcd-w/tcd042

スタイリッシュなWordPressテーマとして有名な『TCD』の有料テーマです。TCDでは数多くのテーマが開発されていますが、その中でも『MONOLITH』は建築やインテリアなど、不動産関係を想定しています。

アクセスした瞬間、トップ画面に表示される4つの縦型のコンテンツビジュアルは、まるで建物の展示会に参加しているかのような雰囲気。それぞれのコンテンツも白を基調として洗練されたデザインとなっていて、各コンテンツのアイキャッチをフロアタイルのように並べることでお洒落な空間を演出しています。

レイアウトなど細かな設定も管理画面で簡単に行うことができ、レスポンシブ対応で様々なデバイスからでも閲覧可能です。価格は12,980円となっています。

ファッションBLACK

レスポンシブWordPressテーマ No.030[ファッションBLACK]

アパレルや美容院、サロンなど美容系のショップなどに適したテーマです。PC版では全体的にシンプルな2カラムのレイアウトとなっていて、レスポンシブ対応しているので全てのデバイスで閲覧可能です。

こちらも管理画面で全ての設定が簡単にできる仕様となっているので、専門的な知識がなくとも高級感のあるコーポレートサイトを制作することができます。価格は4,980円とお手頃です。

VeNuS/TCD038

https://design-plus1.com/tcd-w/tcd038

高級感のある腕時計・アパレル・コスメ・ジュエリーなどのブランド商品を扱っているクールな企業なら、コーポレートサイトもブランド力をアピールできるテーマがおすすめです。

有名テーマを数多く開発している『TCD』のテーマ『VeNuS』では、競合他社にブランディングで差をつけることが可能。管理画面のテーマオプションでワンクリックで様々な設定ができ、誰でも簡単にレスポンシブ対応した高級感あるコーポレートサイトを制作することができます。価格は12,980円です。

SWEETY

WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

飲食店やネイルサロンなどメニューやギャラリー・ポートフォリオが必要なコーポレートサイトには、『TCD』の『SWEETY』テーマがおすすめです。トップページでは、1カラムで店舗の魅力やブログ・ニュース・アクセス情報などを紹介し、企業情報やメニューなどに誘導することが可能です。いずれのページでも画像をふんだんに使えるため、視覚的なアプローチに最適です。

価格は『TCD』シリーズの中では少し低めの11,980円ですが、レスポンシブ対応で専門知識がなくても手軽に設定できます。

Grazioso

https://grazioso.info

画面の広さをふんだんに利用してアピールしたいなら、『Grazuiso』テーマがおすすめです。このテーマでは、シンプルな1カラムで企業の魅力を伝えるのが特徴です。それぞれのコンテンツの背景を好みの色にしたり、パララックスデザインで画像や動画を埋め込むことも可能。そのため、クオリティの高い画像や動画を入れればどんなジャンルの企業でも独自性を出すことができます。

価格は19,800円でレスポンシブ完全対応し高機能、使い方サイトやヘルプディスクも完備されています。

image image
近年、優良なテーマが多く、写真素材さえあればある程度のコーポレートサイトを制作することができるでしょう。ただ、似通ったコーポレートサイトが世に蔓延っているのも事実です。
コーポレートサイトは時として独自性が必要で、問い合わせを増やしたい、採用を強化したいといった目的がある場合、テーマだけに頼るのは危険ですので注意しましょう。
池田直樹
ZERO式コーポレートサイト制作はこちら

WordPressテーマだけでコーポレートサイトの独自性は出るのか?

WordPressの有料テーマは高機能でカスタマイズも簡単に行えるので、制作費用を抑えて手軽に高品質なコーポレートサイトを制作したい場合に最適です。

しかし、コーポレートサイトで完璧な独自性(オリジナリティ)を出したい場合は、それらのテーマに加えて専門的なスキルが必須となります。

専門的な知識がなければ難しい

先ほど紹介したテーマは、カスタマイズができると言っても多少のレイアウト変更や画像・テキストの変更ができる程度です。高クオリティのテーマは魅力に溢れている分、他の企業も利用している可能性が高いため、完璧な独自性を出すことはできません。

もし後述するようにWordPressで完璧な独自性を求めたければ、最低限、WebデザインやHTML・CSSなどのスキルが必要になります。また、デザインだけでなくWordPressの構造的な部分からカスタマイズしたい場合は、PHPやMySQLの知識も必須です。それらの専門スキルがあれば、有料テーマに手を加えて自社だけのオリジナリティを出すことが可能です。

独自性を求めるなら制作会社へ依頼することも必要

しかし、HTML・CSS・Webデザイン・PHP・MySQLなどの社内リソースがない場合は、独自性を出すのが難しいケースがほとんどです。なぜなら、専門知識がないままWordPressのテーマをいじってしまうと、デザイン崩れやサイトが表示されなくなるなどのトラブルに見舞われてしまうからです。

社内リソースがない状態で完璧な独自性を求める場合は、制作会社へ依頼するのが最善の策でしょう。制作会社に依頼した場合の費用・相場を以下の表にまとめたので、これを参考にどの程度独自性を出すか検討していきましょう。

相場 対応内容 発注先 制作期間 こんな方にオススメ
20万〜60万 サーバー設定
ドメイン取得
インストール
基本設定
オリジナルデザイン
中小Web制作会社
大手Web制作会社
3週間〜2ヶ月 ・少しデザインにこだわりたい
・なるべく費用を抑えたい
60万〜100万 サーバー設定
ドメイン取得
インストール
基本設定
オリジナルデザイン
仕様追加
中小Web制作会社
大手Web制作会社
1ヶ月〜3ヶ月 ・デザインにこだわりたい
・独自の仕様を追加したい
100万〜 サーバー設定
ドメイン取得
インストール
基本設定
オリジナルデザイン
仕様追加
コンサル費用
大手Web制作会社 3ヶ月〜

・デザインにこだわりたい
・独自の仕様を追加したい
・ホームページを使用した戦略から運用までコンサルとして参画してほしい

image image
完全にオリジナルで構築すると費用は高く付きますが、市販のテーマを元にデザインをカスタマイズする程度であれば、コストを安く抑えられます
費用は制作会社によって異なるので、まずは予算を決めて、2~3社に見積もりと打ち合わせを依頼することをおすすめします。
池田直樹
ZERO式コーポレートサイト制作はこちら

WordPressを使用しているコーポレートサイト10選

近年、様々な有名企業がWordPressの機能を活かして独自性のあるコーポレートサイトを制作するようになりました。これからWordPressで制作していくことを検討している場合は、目的(ゴール)やアイデアを固めていく上で、これらのサイトを参考にしていくのがオススメです。

クックパッド株式会社

https://info.cookpad.com/

レシピ投稿サービスや料理に関するあらゆるサービスを展開しているクックパッドのコーポレートサイトは、WordPressで制作されています。

主に投資家や求職者をターゲットとしていますが、大手メディアの問い合わせ窓口や食品メーカーのための広告事業なども提供しています。日本の世帯の80%が利用していると言われるクックパッドは強力な媒体となっているため、コーポレートサイトにおいても食品業界をリードする企業としての重要な役割を担っています。

楽天株式会社

https://corp.rakuten.co.jp/

今や30ヶ国にサービス展開し、世界13億人以上がグループサービスを受けている楽天株式会社。このビッグカンパニーのコーポレートサイトもWordPressで運営されています。『楽天イノベーション』『投資家情報』『サスナビリティ』と、投資家をターゲットにした情報が主にまとめられていて、各ページで楽天の魅力をアピールしています。

また、トップ画面で表示される動画は、楽天株式会社が手がける事業の全体像や影響力を伝えることに成功しています。

株式会社博報堂

https://www.hakuhodo.co.jp/

大手広告代理店『博報堂』も、コーポレートサイトをWordPressで制作しています。画像を多く使ったコーポレートサイトが多い中、博報堂は画像・写真の使用を最小限に抑え、白を基調としたシンプルでフラットなデザインです。カラフルで凝った演出の『電通』を意識して差別化を図っている部分もあるのでしょう。

『企業の個性』のような強力な演出は行なっていない分、随所に見受けられるアニメーションがセンスと技術力の高さを感じさせます。

株式会社スタートトゥデイ

https://corp.zozo.com/

2018年10月に社名変更し『株式会社ZOZO』となった有名ファッション通販サイト『ZOZO TOWN』のコーポレートサイトもWordPressです。トップ画面に企業のロゴマークとスローガンが表示され、企業理念を前面にアピールすると同時にトップページで採用情報への誘導に力を入れています。

また、採用情報ページではスタッフインタビューや福利厚生なども詳しく掲載され、ブログページでもスタッフの優待制度やイベント情報などを発信しています。

株式会社オリエンタルランド

http://www.olc.co.jp/ja/index.html

東京ディズニーランド・ディズニーシーを手がける『株式会社オリエンタルランド』のコーポレートサイトも、実はWordPressでの運営です。ディズニーリゾートでの様々な人々の笑顔をスライドショーで紹介しながら、信頼性を高める『青』をキーカラーに、主に投資家向けに情報公開しています。

特に、PC版スマホ版どちらでも様々な情報が非常にスッキリと整理され、ステークホルダーを迷わせず誘導できる使いやすさと信頼性の高さが実現されています。

株式会社松屋フーズ

https://www.matsuyafoods.co.jp/

一般的に製品・サービスサイトとコーポレートサイトは別々に制作するケースが多いです。しかし、松屋では同じサイトに全ての情報をギュッと掲載することで、顧客の安心感向上や、別サイトにしてしまうことによるアクセス漏れのデメリットを防いでいます。

トップページはやや賑やかな印象を与えますが、上部メニューからそれぞれのコンテンツへアクセスすると情報整理されてスッキリと見やすくなっていて不便を感じさせません。

株式会社カカクコム

https://corporate.kakaku.com/

商品の比較や口コミサイトなどを幅広く手がける『株式会社カカクコム』も、コーポレートサイトをWordPressで運営しています。サイトの主なターゲットは投資家で、トップページでは上部メニューとサイドメニューどちらでも同じコンテンツへ誘導しているので迷いません。

また、財務情報などはグラフをアニメーション動作させており、業績の伸び具合を視覚的にわかりやすくするなどの工夫が凝らされています。

Reebok Japan

https://news.reebok.com/JP

世界的な人気を誇るスポーツ用品ブランド『Reebok』の日本語サイトもWordPressで制作されています。製品情報や新着情報を主に発信していて、大手メディア関係者やブランドのファンなどのステークホルダーへ情報発信しています。

大きな特徴は、メディアカートが完備されているところです。気に入った記事の公式画像をストックしたり幅広いメディアで無料利用可能となっていて、情報を入力すれば誰でもダウンロード可能です。

浦和レッドダイヤモンズ

http://www.urawa-reds.co.jp/

日本プロサッカーの浦和レッズは、イメージカラーの『赤』をベースにWordPressでコーポレートサイトを展開しています。主にサポーターやスポンサーをターゲットに情報発信しており、トップページで現在の試合速報やキャンペーン情報、スポンサー情報などが一目でわかります。

また、会員サイトやショップサイト、レディースサイトなど様々な事業サイトへのハブ的役割も果たしています。

ヤマサ醤油

https://www.yamasa.com/

ヤマサ醤油では、主に顧客へ信頼性獲得などを目的にコーポレートサイトを制作しています。トップページでは商品を使ったレシピや活用シーンなどを、複数の著名人を使ったコンテンツで紹介。別ドメインのレシピサイトや通販サイトなどへ誘導しながら販促に導いています。

また、ヤマサでは商品を身近に感じてもらうために、工場見学や津波防災センター・歴代代表者の記念館など様々な取り組みを行なっています。コーポレートサイトではそれらの詳細を知ってもらう工夫も凝らされているのが特徴です。

まとめ:目的に合わせて有料テーマか制作会社か選ぼう

コーポレートサイトは、WordPressを使えば専門知識がなくても手軽に制作することができます。『とりあえず見栄えのいいコーポレートサイトが欲しい』というだけであれば有料テーマでも問題ありません。しかし、やはり企業ならではの独自性を求めるのであれば、制作会社に依頼する必要があるでしょう。

まずはコーポレートサイトで何がしたいのか?誰をターゲットにアプローチしていくのかを決めていき、その目的に合わせて最適な方を選んでいきましょう。

この記事のおさらいポイント

・コーポレートサイトをWordPressで作るなら国産の有料テーマがオススメ
・魅力的な有料テーマが数多くあるが、カスタマイズ性も考慮して選ぶ
・独自性を出したいなら、制作会社に依頼するのがオススメ
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のコーポレートサイト制作に携わってきました。
コーポレートサイトは、企業の特徴を魅力的に伝えながら、目的に適したサイト制作が必要です。
弊社は、初めてコーポレートサイトを作る方やリニューアルを考えている方など、幅広いお客様への制作に対応できますので、お気軽にご相談ください!

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績