【ECサイト構築に必須】おすすめECカートASP比較

ECサイトを始めるのに最も手軽な方法を模索しているなら、ECカートASPを利用するのが最適です。ECカートASPは、ASPのカート機能だけを使用するもので、カート以外の機能はWordPressなどのブログプラットフォームを導入します。構築費用を安く抑えられるので非常にお得です。

構築面をWordPressなどで行うため、デザインをフレキシブルに変更できたり管理が楽だったりとメリットもいろいろあります。

今回はカートのみを使って簡単にECサイトを始めることができるおすすめのECカートASPを、それぞれの特徴を解説しながらわかりやすくご紹介します!

この記事を読んだらわかること

・ASPのカートのみを使用してECサイトを制作するメリット
・ECカートASPを選ぶポイント
・おすすめのECカートASP

ASPのカートのみを使用してECサイトを作るメリット

ホームページも込みのECサイト構築方法と異なり、手軽に導入できるECカートASPは、サイト構築の専門知識も技術も必要としません。サイト運営ビギナーでも、自分が売りたい商材がありECショップをやってみたいという人の心強い味方です。まずは、ASPカートを使用したECサイトのメリットをご説明します。

・管理が簡単
ECカートASPを使用する場合、WordPressなどのブログプラットフォームを併用する前提ですが、ブログとECサイトが同じ画面で操作できるため、管理がきわめて簡単です。

・デザインの自由度が上がる
WordPressを用いれば、デザインの自由度が上がります。
通常のネットショップASPを使用するとデザインのテンプレートに合わせなければいけないので自由度が下がってしまいます。

・制作コストを抑えることができる
WordPressは無料使用が可能なブログプラットフォームであり、ECカートASPもプランによっては初期費用・ランニングコスト無料から制作・運用することが可能です。他のECサイト制作方法に比べて、全体費用をかなり抑えることができるため、お金がないけどとりあえずショップを開店したいという方にも向いています。

ECカートASPを選ぶポイント

ECカートASPにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。その中から自社のニーズに合うものを選ぶのは意外と大変です。ここでは、ECカートASPを選ぶ際に注意するべきポイントをご紹介します。

スペックや料金などが目的と合致しているか

ASPのスペック・料金の選定は、ECサイトを運営する目的に応じ、自社のニーズを見極めてから置こうなうことが重要です。例えば、将来的にECモールからの集客を考えている場合、カートASPがモールに対応しているタイプを選ぶ必要があります。

ただし、現サイトの中で完結できれば良いという人は、かかる費用が無駄になるため、モール対応型というスペックは不要です。

このようにどのような目的でECサイトを制作するかによってECカートASPを選ぶようにしましょう。

決済方法に選択肢はあるか

カートの決済方法は選択肢が多い方が、ユーザーにとっては使いやすいです。
銀行払い・クレジット払い・電子マネーなど様々な支払い方法があるので、ターゲットに合わせて決済方法を選ぶようにしましょう。

クレジット払いや電子マネーは基本だれでも持っているので、必要最低限の決済方法として取り入れておくことをお勧めします。

設置サイトから決済処理画面への連動がスムーズか

既存の自社サイトから処理画面へ連動する際に時間がかかりすぎないか、スムーズに遷移できるかどうかを確認しておきましょう。処理画面からスムーズに移行できないと、ユーザーが離脱してしまう原因になります。

おすすめECカートASP比較

それでは、ここからはいよいよおすすめのECカートASPをご紹介していきます。それぞれの特徴を比較しながら検討できるようにお伝えしていきます。まずは、おすすめECカートASPの気になる費用を一覧表にしてみましのでご覧ください。

 サービス名 初期費用 月額利用料 商品登録数
カラーミーショップ 3,000円(税抜) 900円~ ディスク容量内なら上限なし
e-shopsカートS 10,000円 2,400円~ 1,000点
SHOP-Maker 10,000円 3,000円~ 6,000点
たまごリピート 69,800円~ 49,800円~ 月間出荷数上限1,000件
リピスト 14,800円~ 29,800円~ 20点~
エクスカート 4,200円~ 1,050円~ プランによる
メイクショップ 3,000円~ 10,000円 プランによる

カラーミーショップ

https://shop-pro.jp/

テンプレートが豊富でECサイト初心者の方にも簡単にカスタマイズできるカラーミーショップ。こだわりたい方も多いであろうデザインは、センス溢れる多くの種類の中から選ぶだけなのでストレスフリーです。

費用面もリーズナブル。必要最小限の機能で良ければ月額900円ですが、容量100GBのラージプランでも月額7,800円というコスパの良さを誇ります。商品登録数は点数制限ではなく、全てのプランで容量内無制限としている点もフレキシブル。

また、多様化が進む決済方法や物流も各種豊揃っており、ターゲット層によって選択も思いのままです。必要十分な分析・集客機能もあるので、ひとまず足りないものがないカートとして、企業でも個人でも手軽にネットショップを開店することができます。

e-shopsカートS

https://cart.e-shops.jp/

カートのみをレンタルできるASPとして、既存サイトを手軽にネットショップ化できるのが魅力であるe-shopsカートS。商品ページに買い物かごのリンクを貼るだけで自サイトをECショップ化できるほか、レンタルサーバー付きプランもあり、導入はきわめて楽です。

他にもe-shopsカートSは、ユーザーが複数の画面を入力作業しながら遷移することによる離脱を避けるために、画面遷移のない「ゼロステップカート」を採用。通常の3ステップによって離脱してしまっていた顧客をコンバージョンに向かわせます。

商品登録数の上限はあるものの、決済方法・顧客管理・受注管理なども一通り機能が揃っており、納得できるコスパの使い勝手の良いECカートASPと言えるでしょう。

SHOP-Maker

https://www.shopmaker.jp/

1999年の創設以来、改良に改良を重ねて常に業界を牽引してきた老舗ECカートASPです。リンクを貼るだけでカート導入できるのはもちろん、モバイル対応やギフト機能・割引き機能など、お客様本意のサービスも充実しています。

また、運営者側の顧客管理にも便利な機能が満載。例えばPPC広告機能・メルマガ機能のほか、在庫お知らせ機能など、何かと人材不足で大変なECサイト運用業務のサポート力も見逃せません。

NP後払いなども含めた基本的な決済方法はおおむね選択できるほか、セキュリティ体制も強化しており、全方向でユーザーに安心感をもたらします。

たまごリピート

http://tamago.temonalab.com/

旧たまごカート時代からの愛用者も多いたまごリピート。名前のとおり、定期購入などリピーター獲得に注力するECサイトから大きな支持を得ています。美容系や教育系のほか、コンスタントに消費する食品など、定期購入が必要な商材を販売するのに至れり尽くせりの機能が目立ちます。

例えば、通常注文に加え、定期注文やトライアル注文、無料サンプル配布など、定期購入商品ならではのサービスをしっかりと展開。「この機能欲しい」があらかじめ搭載されており、顧客ニーズを逃しません。

もちろん顧客に対するメルマガやDMの自動送信などアフターフォローも万全で、ステップ送信は当たり前。顧客が定期購入コースを選ぶと同時に自動的に終了する便利さです。初期費用・ランニングコストがかかりますが、アクセス解析機能もあり、戦略的なショップ展開をしたい方には最適です。

リピスト

https://rpst.jp

上述したたまごリピート同様、定期購入や頒布会向けで、特に単品通販に特化したネットショップから好評を博しているECカートASPです。こちらは、初期費用・月額利用料ともに抑えめで、小規模ショップやECサイトビギナーも定期購入狙いのビジネスに着手できます。

リピストの人気の理由は、商品説明ページからそのまま購入ができる「商品ページLP”一体申し込みフォーム”」を実装していること。これにより、購入手続きの煩わしさによる離脱を防ぎます。また、購入確認ページで、「定期購入の方がお得ですが?」といったご提案をすることで初回のみ購入を定期購入に切り替えさせてしまう「アップセル機能」も効果的と話題です。

また、注目されているのが管理画面の使いやすさ。商品登録作業に慣れていないスタッフも簡単に覚えることができる高い操作性が、非常に高く評価されています。

エクスカート

https://www.xcart.jp/

商品数が少ないというECサイト運営者に向いているのがエクスカートです。クラウドプランなら、初期費用4,000円、月額利用料1,050円。驚きのコスパとともに、商品数10点を掲載できるというありそうでない仕様。家具などの大型商品や手作り商品など、商品種類・点数はさほどないというショップに便利です。

もちろん、プランは他にも段階的に5つもあり、さまざまなECサイト規模に対応しています。申し込み後すぐにアカウントを作成して時間をかけずにECサイトをオープンさせることもでき、解析機能をはじめとした集客対策も可能です。

また、カートASPのデメリットと言われてきたセキュリティ対策にもかなり注力。独自ドメインでのサイト運用や共用でない専用SSLを採用し、顧客の安心安全に努めている点にも高い評価があります。

メイクショップ

https://www.makeshop.jp/

業界トップクラスの豊富な機能と、幅広いショップ規模に対応してくれるプラン設定で名立たる企業やショップに選ばれているECカートASPです。デザインの自由度がきわめて高く、機能や操作性はもちろん、見た目にこだわりたいというショップオーナーにも最適と言えるでしょう。

メイクショップは、外部サービスとの連携がしやすいのが特徴で、ECショップならではの業務負担を軽減することが可能です。また、運用における課題にも専任のサポーターがアドバイスをしてくれるなど、集客面でも手厚いサービスがあります。

さらに、Yahoo!ショッピングへの出品代行にも対応。販売だけでなく注文管理まで一貫して代行する嬉しいサービスも提供しています。

まとめ:適したECカートASPを選ぼう

ECサイトは、運営者の目的・目標や扱う商材などによって選ぶべきASPが異なります。大切なのは、自社の商品の点数や特徴、ターゲットユーザーなどをしっかりと見極めたうえで、料金やサービスに納得ができるASPを選ぶことです。

ECカートASPは進化の一途を辿っており、機能はどんどん新しくなっています。何を重視するのか優先順を決め、どれが自サイトに最適なのかを慎重に検討しましょう。わからないことがあった場合は、専門家に意見を求めてみることもおすすめです!

この記事のおさらいポイント

・ECカートASPを利用することでデザインの自由度や管理が楽になる。
・ECカートASPを選ぶ時、スペックや料金などが目的と合致しているかが重要
・離脱の原因にもなるので決済処理画面の連動性を確認する

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績