【美容室向け】ホームページを制作する5つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

「ホームページ」とは、2つ以上のページにまたがり情報が盛り込まれたWeb媒体のことです。少し前までは「アクセスした際、最初にユーザーが見るページ」のことでしたが、時代の変化と共に意味合いが変化しています。

美容室向けホームページの役割は自店のブランディングです。また、店舗内がどんな雰囲気なのかをユーザーに知ってもらうという役割もあります。

この記事では、美容室向けのホームページを製作する上で重要な5つのポイントを解説します。ホームページ制作費用の相場参考サイトについても紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

この記事を読んだらわかること

・美容室向けホームページの役割
・美容室向けホームページ制作において重要なポイント5つ
・美容室向けホームページに載せたいコンテンツ
・美容室向けホームページ制作費用の相場
・ホームページ制作後のマーケティング戦略
・美容室向けホームページ制作で参考にしたいサイト3つ
 
目 次表示

美容室におけるホームページの役割って何?

はじめに、美容室におけるホームページの意味と役割について具体例も交えて紹介します。ホームページはどういった目的で制作すべきなのかという根本的なことも解説するのでチェックしましょう。

ホームページと混同されやすいページに「ランディングページ(LP)」がありますが、ランディングページは1ページに魅力的な情報を盛り込んでおり、ユーザーにアクションをしてもらうことがゴールです。

一方のホームページは、持続的にコンテンツを積み重ねることでアクセスし続けてもらうことを目的としています。ランディングページと混同しないよう、この記事で押さえておきましょう。

①店舗のブランディング

美容室のホームページで最も重要なのが『ブランディング』です。ブランディングとは、ユーザーにとっての価値を高めていくマーケティング戦略のことを指します。

ホットペッパーをはじめとする検索・予約サイトが発展している昨今において、多くのユーザーが店舗のホームページを見ることなく美容室を決めています。

そんななかで美容室のホームページを見る人は、その美容室がどんな所かを知りたいと考えているユーザーです。美容室向けホームページは、そんなユーザーに強みを伝える役割を担っています。

②『どんな雰囲気の美容室なのか』をユーザーに知ってもらう

ブランディングと並ぶくらい重要なのが『どんな雰囲気の美容室なのか』をユーザーに知ってもらうことです。特色を紹介することで、他店舗との差別化が図れます。

参照:http://belle-omotesando.jp/

ホームページに訪れるユーザーが求めているのは『メンズ系なのかレディース系なのか』『どんな美容師が在籍しているのか』などの踏み込んだ情報です。余すところなく紹介しましょう。

③最新の情報やお得なキャンペーンを発信しやすい

美容室のホームページにはお得なキャンペーンを発信する役割もあります。

口コミサイトや検索・予約サイトでは埋もれてしまいがちなキャンペーン情報も、美容室のホームページであればユーザーへ効率よく訴求できます。

また、美容室のホームページは口コミサイトや検索・予約サイトと違って余計な情報が入り込みません。そのため、最新情報を発信する手段としても有効です。

美容室向けのホームページを作る時に重要な5つのポイント

この章では、美容室向けホームページを制作する上で重要なポイント盛り込みたい5つのコンテンツを紹介します。ぜひホームページ制作の参考にしてみてください。

①美容室のHPはお店の雰囲気を伝えることが重要

参照:http://belle-omotesando.jp/salon/belle/

美容室の雰囲気を伝えるために有用なコンテンツが店内写真です。おしゃれな内装や豪華な雰囲気のある写真を掲載することで、ユーザーに期待感やワクワク感を持ってもらえます。

近年では若年層を中心にTwitterやInstagramなどのSNSに写真を載せるユーザーも増えています。また、店内写真の掲載にはユーザーによる拡散効果も期待できます。

②担当するスタッフのプロフィールは親しみやすさを強調

実際にカットを担当する美容師がどんな人なのかを気にするユーザーは多く、スタッフの紹介ページも美容室のホームページで重要なコンテンツのひとつです。

可能であれば写真と合わせて美容師歴や趣味、好きなものといったスタッフの人となりが分かる項目を記載すると、親近感を持たせられるのでおすすめです。

③店舗へのアクセスは正確にわかりやすく

参照:http://belle-omotesando.jp/salon/belle/

美容室はWeb上で完結するサービスと違って実店舗でサービスを提供する業種です。そのため、店舗までのマップやアクセス案内を詳しく記載しましょう。

また、来店するユーザーが予約時間に来ない、ユーザーが来る途中で迷ってしまったなど不測の事態に備えて日中に連絡が取れる電話番号も記載しておくと親切です。

④営業時間やキャンペーン情報はわかりやすい場所に掲載する

参照:https://pejite.tokyo/blog/6224/

上記のアクセス情報に付随した内容ですが、実店舗でサービスを提供する美容室のホームページでは営業時間やイベント、ニュースなどを分かりやすい箇所に記載するのが重要です。

これは、美容室のホームページが普通の企業のホームページよりも一般のユーザーが多く訪れる傾向にあるためです。一見のユーザーに対して有益な情報をしっかりと知ってもらいましょう。

⑤口コミサイトとはしっかり差別化する

美容室のなかにはホットペッパーをはじめとた口コミサイトや検索・予約サイトに自店の情報を掲載しているところもありますが、ホームページには口コミサイトにはない情報を載せましょう。

口コミサイトにはメニューや料金、クーポンなど基本的な情報を掲載します。一方ホームページは店舗の雰囲気を強調し、適切にブランディングすることが重要です。

ホームページ制作で入れると良いオススメのコンテンツ

この項目では、前章で解説したポイントにプラスすることで効果が期待できるコンテンツを紹介します。前章は美容室ホームページ制作における基本的な内容でしたが、この章は応用的な内容です。

Instagramと連携させる多言語に対応させるなど、幅広いユーザーに見てもらうための趣向を凝らすことで、よりユーザーへ自店舗の良さをアピールできます。

Instagramとの連携

参照:https://www.instagram.com/hair_salon_belle/

SNSのなかでも、特に写真のアップロードに特化したInstagramは美容室と切っても切り離せない存在です。最近では美容室が運営しているInstagramを見て来店を決めるユーザーが多く見受けられます。

Instagramと連携し、カットモデルの写真を載せることで、効率のよい集客効果が見込めます。また、キャンペーン情報メディア掲載の情報なども積極的に発信していきましょう。

自社のこだわり

参照:http://belle-omotesando.jp/message/

自店舗でこだわっていることがあれば積極的にアピールするのがおすすめです。こんな取り組みをしている』『カットではこういう部分にこだわっている』と掲載することで、「一度行ってみようかな」とユーザーに思ってもらえます。

また、可能であれば営業中の実際の雰囲気カットをしている最中の写真も添えると更に効果が期待できます。ユーザーに信頼してもらい、安心して来店してもらうことが重要です。

多言語化対応

参照:http://atelier-y-s.jp/english/

インバウンド政策の効果で日本への観光客は年を追うごとに増加しており、美容室をはじめ店舗でサービスを提供する業種の需要も高まりつつあります。

そのため、ホームページ自体も外国からの客を想定した設計にしておくのがおすすめです。多言語対応にすることで、より多くのユーザーを獲得できるチャンスがあります。

多店舗展開している大手有名店の多くは既に多言語対応しており、国内外問わず顧客を確保しています。店舗数の拡充を考えている場合は早めに多言語化しておきましょう。

image image
美容室系のホームページ制作は店舗の雰囲気がわかるサイト設計をおすすめしています。実際に店舗で働くスタッフや客層から逆算したサイトのデザインやコンテンツを盛り込みましょう。
池田直樹

美容室向けホームページ制作の相場・料金とは?

この項目では美容室向けホームページの制作費用と一般的な相場を紹介します。簡素で小規模なホームページから大がかりで複雑なホームページまで解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

小規模なホームページの場合

コーポレートサイトもしくは全部で10ページ前後しかない簡素なホームページの制作費用相場は50~100万円です。

組み込まれる機能は問い合わせフォームのみで、ホームページとして最低限の機能が備わっています。新規に開店する場合や、本店のみで営業を行う場合は小規模なホームページがおすすめです。

中規模なホームページの場合

ページが20ページ前後にまで増え、ブログや簡単な修正機能が備わった中規模程度のホームページの制作費用の相場は最低でも100万円以上です。

機能には問い合わせフォームに加え、予約システムやブログシステムが搭載されています。県内外に多店舗展開するような有名店のホームページがこれに該当します。

ホームページ 相場 特徴
小規模 50~100万円 ・ページボリュームが約10ページ
・問い合わせフォームのみ
中規模 100万円~

・ページボリュームが20 ページ程度
問い合わせフォーム+予約システム+ブログシステム

ホームページ制作の見積もりや発注に関する基礎知識

美容室向けホームページを制作後に実施したいマーケティング戦略

美容室向けホームページはブランディングにおいて便利なツールではありますが、継続的に顧客を確保することが大切であり、ホームページの制作はゴールではありません。

ホームページを見にきたユーザーに来店してもらい、ファンになってもらうためには、適時マーケティング戦略を行っていくことが重要です。

この項目では、一般的なWeb施策とともに、そのマーケティング戦略が美容室のホームページに適しているかどうかについても解説します。

SNSマーケティング

参照:https://lipps.co.jp/

Instagram連携の項目でも触れた通り、美容室はSNSと相性が良いと言えます。そんなSNSを利用したマーケティング戦略が『SNSマーケティング』です。

SNSマーケティングは情報が拡散されやすく、ユーザー目線での訴求がしやすいのが魅力です。Instagramが主流ですが、最近ではYouTubeチャンネルを開設する店舗も登場しています。

なお、SNSマーケティングは多くの集客が見込める反面、とつ間違えれば炎上する可能性もあるため、実際にマーケティングを実施する場合は専門の会社にあらかじめ相談しておくのがおすすめです。

リスティング広告

「リスティング広告」とは、検索エンジンで結果ページの上部や下部に表示される広告を指します。URLの左隣に四角で囲まれた「広告」の文字があるのが特徴です。

青山+美容室」などのようにエリア+美容室でリスティング広告を打つのが効果的です。SNSマーケティングと併せて力を入れていきましょう。

SEO対策

「メンズ」「レディース」「天然パーマ」など特定のKWを拾いやすい美容室向けホームページは、SEO施策をしっかりと行うことでアクセスを伸ばしやすいジャンルのひとつです。

前の項目でも触れましたが、美容室向けホームページの場合は特に「エリア+美容室」のSEO施策が効果的です。KWを組み合わせることで、多くのアクセスが獲得できます。

【厳選ピックアップ】美容室向けのホームページ制作で参考になるサイト3選

最後に、ZEROラボが特に”良い”と感じた美容室のホームページを3つ紹介します。どんなところが良いのか、ポイントについても解説しますので、ぜひホームページ作りの参考にしてみてください。

Belle

参照:http://belle-omotesando.jp/

「Belle」は原宿や表参道など、おしゃれな人が行き交うエリアに展開をしている美容室です。写真の見せ方やインフォメーションなど、上記で紹介した施策がバランスよく盛り込まれています。

参照:http://belle-omotesando.jp/

さまざまなヘアスタイルをホームページ内に掲載しており、どんな人に似合うのか解説も添えられているのが特徴です。どんな髪型にしてもらえるのか、ユーザーが想像しやすいのが魅力です。

ROI

参照:http://www.roi-hair.com/hair.html

「ROI」はネイルやウエディングなど、幅広くサービスを展開している南青山の美容室です。トップの背景に動画を使っている今風のホームページで、親しみやすさを演出しています。

参照:http://www.roi-hair.com/hair.html

項目ごとに区分けされているのが特徴です。ユーザーが目的のコンテンツへアクセスしやすくなっているのが魅力で、ホームページ作成時に真似したい構造になっています。

pejite

参照:https://pejite.tokyo/

「pejite」は北千住にある美容室で、白を基調とした清潔感のあるホームページ構造が特徴です。シンプルで閲覧しやすく、ユーザーに親近感が与えられるデザインになっています。

参照:https://pejite.tokyo/style/

「ショートヘア」や「ボブ」など、スタイルごとに写真が分けられているのが特徴です。女性向けヘアサロンのホームページを作成する際の参考になります。

ホームページを制作して自社の情報を的確にユーザーへ伝えよう

美容室向けホームページの制作において、最も重要なのは自店舗のブランディングです。検索・予約サイトだけでなくホームページまで見にきてくれるユーザーに対し、「当店ではこんな強みがあります」とアピールすることが大切です。

また、美容室向けホームページは、いかに雰囲気を伝えられるかが重要です。「どんな空間でカットしてもらえるのか」「どんな髪型に仕上げてくれるのか」が想像しやすいと足を運んでもらいやすくなります。

なお、ホームページの制作はゴールではありません。SNSマーケティングなど継続的に戦略を展開し、顧客を掴み続けることが大事です。この記事を参考に、ぜひ美容室向けホームページの制作に着手してみてください。

この記事のおさらいポイント

・美容室向けホームページの目的は店舗のブランディングである
・美容室向けホームページは雰囲気を伝えることが大切
・店舗へのアクセスは正確にわかりやすく記載するのが大事
・写真が中心のInstagramと美容室は相性抜群
・美容室向けホームページの制作費用の相場は50~100万円

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績