【自動車買取向け】ホームページを制作する5つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説【中古車・売買】

ユーザーにとって有益な情報を集約させたWebサイトをホームページと呼びます。

ひとくちにホームページといってもその目的なサイトによってさまざまですが、いずれにしてもネットユーザーに情報を周知する上で重要な役割を担っていることに変わりはありません。

この記事では自動車買取向けホームページの役割と重要ポイントについて解説していくので参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・自動車買取向けホームページの役割
・ホームページ制作で重要なポイント
・ホームページ制作の費用相場
・ホームページ制作後のマーケティング戦略
・自動車買取向け参考ホームページ
目 次表示
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のホームページ制作に携わってきました。
ホームページは、制作して終わりではなく、公開後の集客が必要になります。
我々はSEOに強いサイト設計とコンテンツ作りを強みに、公開後も検索エンジンから集客し続けるホームページをご提案できますので、集客にお困りの方はお気軽にご相談ください!

自動車買取向けホームページの役割って何?

最初にホームページが担う役割と制作する意味について解説します。

自動車買取向けホームページを制作する目的とその背景についてもユーザー目線で紹介していくので、ホームページを制作する前に頭に入れておきましょう。

①自動車の査定方法や買取情報の周知

自動車買取向けホームページにおいて何より大切な役割は、自動車の査定方法や買取情報を周知することです。

自動車買取業者のホームページを訪れるユーザーのほとんどは自動車の売却を検討しているため、売却に関する情報収集をしているユーザーに向けて情報を発信していきましょう。

自動車の査定方法および買取情報の周知は自動車買取向けホームページのメインとなるコンテンツなので、できる限り詳細かつ分かりやすく記載することを心がけてください。

②『どんな買取業者なのか?』をユーザーに知ってもらう

「その会社がどんな買取業者なのか?」という情報は、自動車の売却を検討しているユーザーにとって自動車の査定方法や買取情報と並ぶ大きな関心事です。

どんな買取業者かを知ってもらうことでユーザーの興味を惹きつけると同時に、ユーザーに安心感を植え付けて信頼を得るという効果も期待できます。

また独自の工夫やこだわりなど同業他社との差別化を図るコンテンツもユーザーの意欲を刺激するにあたって強力な武器となるので、積極的にアピールしていきましょう。

③問い合わせのための窓口の役割もある

自動車買取向けホームページはユーザーに対して情報を発信するだけでなく、問い合わせを検討しているユーザーの窓口としての役割を担っています。

そのため、業者への連絡先やメールでの問い合わせが可能であるかどうか、どういった相談に対応しているかなどユーザーの不安を解消することに重点を置いたサイト作りが必要となります。

上記に加えて、メールフォームにこだわって利便性を高めることができればなお良いでしょう。

自動車買取向けのホームページを作る時に重要な5つのポイント

次に、自動車買取向けホームページを制作する際に盛り込みたい5つの重要ポイントについて解説します。

ここで紹介するのはどれも自動車買取向けホームページには欠かせない大切なコンテンツなので、ぜひ参考にしてください。

①自動車買取向けホームページのメインは『買取査定』

自動車買取向けホームページのメインとなるコンテンツは何といっても「自動車の買取査定」です。

つまり、サイトを訪れたユーザーの離脱をいかにして防ぎ、買取査定の問い合わせまで誘導するかがサイト作りの肝であるといえるでしょう。

訪問者の離脱を最低限に抑えるためにはユーザーの視点に立って設計する必要があるので、頭に入れておいてください。

②査定コンテンツは『なるべく親切』に

上で述べたとおり査定コンテンツは自動車買取向けホームページの核となる重要なコンテンツであり、ユーザーの離脱を防ぐためにはユーザー目線での設計が欠かせません。

自動車買取向けホームページの多くが査定から問い合わせ導線に繋げていますが、査定の入力と同時に相場が表示されるサイトもあれば、相場を表示せず査定の入力から問い合わせに繋げるサイトもあるなど、その設計はサイトによってさまざまです。

どちらもメリットとデメリットがあるので一概に良しあしを判断することはできませんが、後者の場合にはユーザーが落胆して離脱する可能性が高まる恐れがあるので、ユーザーの心理をしっかりと理解した上で設計するようにしましょう。

③買取可能な車種は検索項目で選択できるようにしておく

買取査定の入力に関して、買取可能な車種は入力欄に自由入力させるのではなく、メーカーや車種で絞り込んで項目から選択できるようにしてください。

車種の入力を選択式にすることで、入力をスムーズにして効率化を図る他、ユーザーの入力ミスを防ぐ効果が期待できます。

査定項目の入力が分かりづらいとユーザーの離脱率が高まる恐れがあるので、査定コンテンツは可能な限り快適化し、ユーザーの離脱を防止しましょう。

④買取の流れは見やすく・わかりやすく

査定から買取までどういう流れで進んでいくかということは、自動車の売却を検討しているユーザーの関心事であると同時に大きな不安要素であるといえます。

買取までの流れが不明瞭だとユーザーが不安を感じてサイトから離脱する恐れがありますが、明瞭であればユーザーの不安が解消されて問い合わせに繋がる可能性が高まるため、買取までの流れは分かりやすさを重視した設計を心がけましょう。

画像を交えながらフローチャート形式で見せると買取までの流れを直感的に理解しやすくなるので、サイト作りの参考にしてください。

⑤問い合わせまでの導線をしっかり意識する

前章で解説したように、自動車買取向けホームページは自動車の売却を検討しているユーザーの問い合わせ窓口としての側面をもっています。

つまり自動車買取向けホームページにはサイトを訪れたユーザーを問い合わせまで誘導する役割があるといえるので、問い合わせに至る導線をしっかりと意識した上でサイトを設計してください。

Webサイトはページの下にいくほど離脱率が高くなる傾向にあるため、トップページのファーストビューに問い合わせフォームを配置するなど、なるべく早い段階でユーザーを誘導できるコンテンツがあるとなお良いでしょう。

ホームページ制作で入れると良いオススメのコンテンツ

続いて、自動車買取向けホームページにプラスしたいおすすめコンテンツを紹介していきます。

前章が基本なら本章は応用篇ともいえる内容になっているので、ぜひ目を通しておいてください。

お役立ちコラム

お役立ちコラムはユーザーの信頼を高める上で大きな効果が期待できるコンテンツです。

たとえば「査定額が上がるポイント10選」など、自動車買取に関しユーザーにとって有益な情報を連続的に提供して信頼を勝ち取ることができれば、結果として問い合わせ数の向上に繋がるので、余裕があればぜひサイト内に盛り込んでみてください。

よくある質問(Q&A)

よくある質問はホームページの利便性を高める上で非常に使い勝手の良いコンテンツです。

ユーザーの質問や問い合わせに対する回答はもちろん、サイト内で触れることのできなかった情報をQ&A形式で掲載することも可能であるため、情報の過不足を調整するにもうってつけのコンテンツだといえるでしょう。

ただし、ユーザーの疑問を一目で解決できなければあまり意味がないので、よくある質問のテキストは丁寧に作成するように心がけてください。

スタッフ・ブログ

実際に企業で働く社員が日々の出来事やどういう仕事をしているかといった情報を綴るスタッフ・ブログもホームページに記載したいコンテンツのひとつです。

スタッフ・ブログは日常的に更新する必要があるため長い目で見るとある程度の労力を要しますが、スタッフの日常を継続的にユーザーに発信することでユーザーに親近感を与える効果が期待できるので、ぜひサイト内に盛り込んでみてはいかがでしょうか。

スタッフ・ブログはホームページだけでなくSNSと連携するとより効果的です。

image image
自動車買取向けのホームページは、査定から問い合わせまでの誘導が非常に重要になってきます。問い合わせまでしてきたユーザーを電話で対応するのか、それともメールで対応するのかによってもホームページの設計が変わってきます。狙いたいユーザーに合わせたWebサイト・施策を行なっていきましょう。
河内秀臣
ZERO式ホームページ制作はこちら

自動車買取向けホームページ制作の相場・料金とは?

次に自動車買取向けホームページの制作にかかる費用相場について解説します。

ホームページ制作の費用はその規模によって大きく前後するので、サイト作りに着手する前に頭に入れておきましょう。

小規模なホームページの場合

10ページ程度の小規模なホームページの制作にかかる費用はおよそ50~100万円が相場となっています。

ページ数が少なくても複雑なシステムを搭載するとこれ以上に費用がかかる場合もありますが、問い合わせのメールを送受信できる程度の簡易的なホームページであれば100万円前後に収めることが可能です。

ホームページだけでなく運営会社のコーポレートサイトにも適しているので、併せて検討してみてはいかがでしょうか。

中規模なホームページの場合

簡単な修正やブログの更新を自分たちで変更することが可能で、なおかつ上で紹介した小規模なホームページよりもページ数を増やしたサイトの制作にかかる費用の相場は200万円以上です。

構築システムとして問い合わせフォームの他に車種検索などを搭載した査定システムが含まれるため、自動車買取向けホームページに適した規模だといえるでしょう。

自動車買取向けホームページでは対応車種の数によってページ数が前後し、場合によっては200万円を大きく上回ることもあるので注意してください。

大規模なホームページの場合

中規模のホームページからさらにページ数を増やし、車種ごとにデータの管理をおこなう大規模なホームページの制作にかかる費用は500万円以上が相場となります。

こちらも中規模のホームページと同様、車種の数によってページ数と制作費用が大きく増える可能性があるので頭に入れておいてください。

構築システムには問い合わせフォームと査定システムに加え、車種データベース連携が含まれます。

自動車買取向けホームページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ここではホームページの制作後に併せて実施したいマーケティング戦略を紹介していきます。

その施策が自動車買取の分野に適しているか否かについて触れながら解説していくので、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告

自動車買取向けホームページは業務の性質上、エリアで絞り込んでマーケティングすることがより効率的な問い合わせ数の向上が期待できます。

リスティング広告ではユーザーが検索したキーワードに応じてピンポイントなターゲティングが可能であるため、自動車買取の分野に適したマーケティング戦略だといえるでしょう。

自動車買取向けホームページの場合には「大阪+自動車買取」などエリアで絞り込んで広告を打つことをおすすめします。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は不特定多数のユーザーを対象としてアプリやWebサイト上に表示されるネット広告の総称です。

リスティング広告のようにピンポイントなターゲティングはできませんが、エリアや車種で絞り込んで広告を打つことで潜在的なユーザーに強くアピールできます。

ディスプレイ広告もまた自動車買取の分野と相性の良いマーケティング戦略のひとつなので実施を検討してはいかがでしょうか。

リターゲティング広告(バナー広告)

検索履歴などから逆算し、サイトを訪問したことのあるユーザーをふたたびサイトに誘導することを目的としたネット広告をリターゲティング広告と呼びます。

一見するとあまり意味のないように思えるかもしれませんが、過去にサイトを訪れたユーザーは査定に結びつく可能性が高いため、リターゲティング広告はかなり効率的なマーケティング戦略だといえるでしょう。

過去に訪れたサイトの広告を何度も目にすることを不快に思うユーザーもいるので、多用のしすぎにはご注意ください。

SEO対策

検索エンジンで自社サイトを上位に表示させて自動車の売却を検討しているユーザーをホームページへの流入を促すためには、SEO対策が欠かせません。

SEO対策にはさまざまな方法がありますが、まずは「北海道+自動車買取」といったようにエリアとサービスで絞り込んで潜在的なユーザーを自社のホームページへと誘導することを目指しましょう。

SEO対策はホームページを制作するにあたって避けて通れない重要な施策なので、積極的に対策を講じてください。

【厳選ピックアップ】自動車買取向けのホームページ制作で参考になるサイト3選

最後にZEROラボが特に素晴らしいと感じた自動車買取向けホームページを3つみなさんに紹介します。

それぞれのサイトのおすすめポイントについて解説しながら紹介していくので、ぜひすべてのサイトに目を通してみてください。

ガリバー

こちらは大手自動車買取業者のホームページです。

一目で分かる規模の大きさと査定システムの分かりやすさに目を奪われがちですが、買取までの流れやお客様の声などユーザーの不安を解消する工夫がサイト内の至るところに見受けられる点も見逃せないポイントです。

これほどの規模になると制作費用もかさみますが、費用の分だけ精度の高いサイトになるということが良く分かる設計となっているので、大規模なホームページの制作を検討している方はこちらのホームページを参考にしてみてください。

ラビット

テレビCMなどでお馴染みの大手自動車買取業者のホームページです。

イメージキャラクターの人物写真を上手に取り入れたデザインが特徴的で、全体的に分かりやすさを重視された設計がなされています。

査定までの動線や査定システムも非常に分かりやすく、すぐに車を売りたいユーザーにターゲットを絞ることで同業他社のホームページと差別化することに成功しています。

グーネット買取

こちらは1977年に創刊された中古車情報誌を母体とする中古車検索サイトの自動車買取向けホームページです。

ファーストビューに査定と強みを掲載している他、自社が選ばれる理由や口コミ情報を掲載するなど全体的にランディングページ風の設計となっています。

視覚的な派手さこそありませんが、この記事で紹介した重要ポイントが概ね網羅されており、ホームページ制作はもちろんランディングページ制作においても参考になる完成度の高いサイトだといえるでしょう。

ホームページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

ホームページはユーザーにとって有益な情報をまとめたWebサイトであり、自動車の売却を検討しているユーザーの問い合わせ窓口として重要な役割を担っています。

サイト作りの道筋は決してひとつではないので、この記事を参考にしながらさまざまな施策を組み合わせて優れたホームページの完成を目指してください。

この記事のおさらいポイント

・自動車買取向けホームページには買取情報を周知する役割がある
・自動車買取向けホームページでは分かりやすい査定コンテンツが重要
・自動車買取向けホームページの制作費用は50万円から数百万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のホームページ制作に携わってきました。
ホームページは、制作して終わりではなく、公開後の集客が必要になります。
我々はSEOに強いサイト設計とコンテンツ作りを強みに、公開後も検索エンジンから集客し続けるホームページをご提案できますので、集客にお困りの方はお気軽にご相談ください!

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0869 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績