【誰でも簡単に作れる】ホームページ作成ツールおすすめ7選

最近はHTMLやCSSといった専門知識がなくても、誰でも簡単にホームページが作成できるようになってきています。

かつてはホームページ制作といえばHTMLやCSSといった専門知識が必須だったため、Webクリエイターなどの専門職に制作を依頼するのが当たり前でした。しかし今は提供されている作成ツールを使用すれば、知識0から企業用としても十分通じるホームページを制作できます。

この記事では7個の作成ツールを紹介していきますので、ホームページ制作をお考えの方はぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・ホームページ作成おすすめツール3選
・ブログ作成おすすめツール3選
・ECサイト作成おすすめツール

ホームページを作成する前の予備知識

ホームページを作成ツールで制作する前に、予備知識について押さえておきましょう。
ホームページ制作には最低限でも以下の3つの知識が必要です。

  • HTML・CSS
  • SEO対策
  • レスポンシブデザイン

今回紹介する作成ツールではこれらの知識がなくても使うことができますが、どういったものか理解しておいた方が作成ツールの特徴を理解しやすくなります。ここでは3つの知識について説明しますので、軽く頭の片隅に入れておいてください。

HTML・CSS

ホームページは主にHTMLとCSSと呼ばれるコードを使用して制作されます。HTML(HyperText Markup Language)ではテキストに見出しや段落をつけたるなどウェブページの土台をつくることができ、CSS(Cacading Style Sheets)では文字の色やサイズ、全体のレイアウトなど見栄えの部分を変えることができます。

今回紹介するツールはHTML・CSSを覚えなくてもホームページを作成できるものですが、これらのコードをマスターしておけばウェブページのデザインの幅が広がり、自分の思い通りにホームページをカスタマイズすることができるようになります。

SEO対策

ホームページを制作しても多くの人にホームぺージを見てもらえなければ意味がありません。そこで重要になってくるのがSEO対策です。

SEO(Search Engine Optimization)とは『検索エンジン最適化』のことで、GoogleやYahooなどの検索エンジンで自社ホームページを検索結果の上位に表示させるための手法です。

SEO対策でできることは無数にあります。SEO対策の基本的なやり方はネットで調べれば簡単に手に入りますし、SEO対策専門の書籍も多く出版されているので、興味がある人はぜひ調べてみてください。

作成ツールを選ぶ際も、SEOに強いかどうかを基準に選ぶのもの一つの手です。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、閲覧者が使用するデバイスの画面サイズに合わせて、ウェブページのデザインやレイアウトを調整するウェブデザイン手法の1つです。

レスポンシブデザインを施しておけばPC、スマホ、タブレットなど画面サイズの異なるデバイスごとにウェブページを作る手間が省け、修正や更新作業もおこないやすくなります。またデバイス関係なく1つのURLに統一できるのもメリットの1つです。

Googleがスマホ対応サイトを優遇して上位表示させる傾向にある他、複数デバイスに対応しているかしていないかで検索結果に影響を与えるので、ツールを選ぶときはレスポンシブ対応作成ツールを選ぶことが必要です。

企業のホームページを作りたい場合にオススメの作成ツール

企業のホームページを制作した場合は、以下の3つの作成ツールがおすすめです。

  • Wix
  • Jimdo
  • Ameba Ownd

では各ツールの概要と特徴、料金体系についてみていきましょう。

Wix

https://ja.wix.com/

世界に1億6千万人以上の登録ユーザーがいる2006年創業のイスラエル発ホームページ作成サービス。デザインやプログラミングの知識がなくてもプロのクリエイターが作ったようなホームページを簡単操作でデザインできます。

また簡単にデザインできるだけでなく、500種類以上のテンプレートや2,000点以上の写真素材などをはじめ、ホームページを作成&運営するための素材や機能満載です。

料金体系

Wixエディタを使用したホームページ作成などを含むWixの基本機能は無料プランで利用できます。Wix広告削除や独自ドメインの取得をはじめ、よりプロフェッショナルな機能を利用したい場合はプレミアムプランをご利用ください。

プレミアムプランの月額料金は500円、900円、1,300円、2,500円の4つから選ぶことができます。2,500円のVIPコースでは総額$170相当のアプリやロゴメーカーを使用でき、担当者が優先的にサポート対応してくれます。

こんな人にオススメ

知識0からでもデザイン性の高いホームページを作成でき、サポートも充実しているので、ホームページを初めて作成する人にオススメです。

Jimdo

https://www.jimdo.com/

2007年創業のドイツ発クラウド型ホームページ作成サービス。Wixと同じようにデザインやプログラミングの知識がなくても簡単操作でホームページを作成できます。

KDDIウェブコミュニケーションズと協業してWixより3年早い2009年に日本語版をリリースしました。海外サービスながらも日本人が利用しやすいサービスとして早くに定着したため同サービス国内シェアNo.1です。

料金体系

Jimdoには自分でホームぺージを作り上げていく「ジンドゥークリエイター」とAIの力を借りてホームページを半自動で作成する「ジンドゥーAIビルダー」というプランがあります。

どちらもWixと同じように無料プランで基本機能を利用してホームページを作成できますが、有料プランで広告削除や優先サポートなどをつけることもできます。

「ジンドゥークリエイター」の月額料金は0円、965円、2,460円の3タイプ、「ジンドゥーAIビルダー」の月額料金は0円、990円、1,590円の3タイプです。

こんな人にオススメ

Jimdoもサポートが充実しているので、ホームページを初めて作成する人にオススメです。

Ameba Ownd

https://www.amebaownd.com/

株式会社サイバーエージェントが2017年にリリースしたホームページ作成サービス。同会社が提供しているアメーバブログ(アメブロ)は芸能人・有名人が多く利用しています。

シンプルかつおシャレなデザインテーマが豊富で、InstagramやTwitterなどのSNSとの連携を意識したホームページ作りに向いています。またスマホ専用アプリがあるのでスマホ1つあれば更新作業も簡単です。

料金体系

Ameba Owndではホームページを作成するために必要な機能を全て無料で利用できます。広告の非表示やページ数・画像ストレージを無制限にしたい場合は月間プラン(960円/月)か年間プラン(9,600円/年)をお選びください。

こんな人にオススメ

簡単にネットショップを作ることもできるので、飲食店や雑貨点などのホームページを作成したい人にオススメです。

池田 直樹
ビジネスとしてホームページを運用したいとお考えの場合、無料で使える作成ツールでは限界があります。HTMLやCSS、デザインの知識があり、自力で制作が可能であれば、問題ありませんが、Web戦略の1つとしてホームページを活用したい場合は、一度ZEROにご相談ください。

ブログを作りたい場合にオススメの作成ツール

日記や店舗の情報を時系列に公開したり、読者がコメントを投稿できるようなホームページにしたい場合は以下の3つのブログ作成ツールがオススメです。

  • WordPress
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ

では各ツールの概要と特徴、料金体系についてみていきましょう。

WordPress

https://ja.wordpress.com/

ホームページやブログを無料で簡単に作成できる世界で最も人気のコンテンツ管理システム。インターネット上にあるウェブサイト全体の3分の1はWordPressによって作成されているそうです。

HTMLの知識がなくても段落をつけたり文字を装飾するなど基本作業をマウス操作だけでもできますし、テーマや機能を追加できるプラグインも豊富にあります。また、ユーザー数が多いことから情報がたくさんあるため、トラブルがあっても検索すれば解決方法が見つかります。

料金体系

WordPressには個人やフリーランサー向けの無料、パーソナル(500円/月)、プレミアム(900円/月)の3つのプランと、企業向けのビジネス(2,900円/月)、eコマース(5,220円/月)の2つのプランがあります。

こんな人にオススメ

HTMLやCSS、PHPなどを使用するとよりハイレベルなブログ作成ができるので、既存機能に依存せず自由自在にカスタマイズしてブログを作成したい方にオススメです。

はてなブログ

https://hatenablog.com/

2011年にサービスを開始した無料ブログ作成サービス。簡単に始められるうえに、オンラインにブックマークを保存・公開する「はてなブックマーク」によって新規でも読者が流入する機会に恵まれやすいので、特に初心者個人ブロガーから人気があります。

WordPress同様HTMLの知識がなくても写真・動画の貼り付けをボタン1つででき、ブログデザインもカスタマイズ可能です。またスマホやタブレットでの管理がしやすく、専用アプリを使えばオフラインでの記事作成もできます。

料金体系

はてなブログには無料プランと有料プラン(600円/月相当)があります。無料プランでも十分機能満載ですが、ブログを自分好みに細かくカスタマイズして集客力を強化したいのであれば有料プランで開始した方がいいです。

こんな人にオススメ

はてなブログは無料版でもSEO対策に優れているので、Googleの検索で上位表示を狙いたい人にオススメです。

ライブドアブログ

https://blog.livedoor.com/

コミュニケーションアプリ『LINE』の提供会社が運営する無料ブログ作成サービス。個人の利用はもちろん、多くの有名人・芸能人・政治家が執筆する場となっています。また2ちゃんねる系まとめサイトが1,000以上あることでも有名です。

ライブドアブログは初心者ブロガーがブログを続けやすいように、一定のテーマに沿ってブログを書く「テーマブログ」や一つのブログを複数人が書く「グループブログ」などの独自機能を提供しています。

料金体系

ライブドアブログは完全無料です。2015年に有料プランを撤廃したため、誰でも無料で広告非表示、独自ドメイン設定、アフィリエイト利用など機能をフルに利用できるようになりました。

こんな人にオススメ

WordPressやはてなブログに比べるとカスタマイズできる部分が少ないので、とりあえずブログを書いて公開したい人にオススメです。

ECサイトを作りたい場合にオススメの作成ツール

ECサイトとは自社の商品をウェブサイトで販売するサイトのことです。複数商品を扱っており、注文・決済手続きも簡単にできるECサイトを作りたい方にはBASEをオススメします。

BASE

ショップ開設数80万以上を超えるECサイト作成サービス。デザインを選んで商品を登録するだけで簡単にオシャレなネットショップを開設できます。また「BASEかんたん決済」を利用すれば個人店にとってハードルが高いクレジットカード決済をはじめ、5つの決済方法を導入可能です。

さらにショップの集客・販促サポートが厚く、500万人が利用するショッピングアプリでの商品表示ができ、渋谷にリアルショップを期間限定で持つことができるサービスも提供しています。

料金体系

BASEは登録料無料、ネットショップ制作から運営に至るまで月額・年額料金もかかりません。BASEで支払うのはショップで商品が売れた時に発生する手数料(売上の3.6%+40円)だけです。

こんな人にオススメ

簡単操作でネットショップを制作できるので、手軽にECサイトを作りたい人にオススメです。

まとめ:自分にあった作成ツールを使おう

今やホームページを作成したいと思ったら知識も経験も資金も必要ありません。今回紹介した作成ツールに登録して、情報を入力したり画像をアップロードすれば無料で簡単にホームページを開設できます。

もちろんホームページ作成ツールは今回紹介した7個だけではありません。まだまだインターネット上には無料ツールがありますし、高機能な有料ツールだってあります。

まずは自分が何を発信したいか、どんな商品を売りたいかを考えてみてください。それから自分にあったツールを選べば、より魅力的なホームページを作成できるようになりますよ!

この記事のおさらいポイント

・専門知識がなくてもホームページは作成できる
・ホームページ作成におすすめなのはWix,Jimdo,Ameba Ownd
・ブログ作成におすすめなのはWordPress、はてなブログ、ライブドアブログ
・ECサイト作成におすすめなのはBASE

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績