【建設会社向け・工務店】ランディングページを制作する5つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

ランディングページは購買や問い合わせを向上させるために欠かすことのできない重要なマーケティング戦略のひとつです。

ホームページが恒常的に運用することを目的に、複数のページにわたってさまざまな情報を集約させたものであるのに対し、ランディングページは購買・問い合わせの向上を目的とした縦長の1ページで構成され、その多くが期間限定となっています。

この記事では建設会社・工務店に向けて、ランディングページの役割と重要なポイントについて詳しく解説していきます。

この記事を読んだらわかること

・ランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・参考にしたいおすすめのランディングページ

 

目 次表示

建設会社・工務店向けランディングページの役割って何?

ここでは建設会社・工務店がランディングページを制作する意味とその役割について、具体例を挙げながら詳しく解説していきます。

ランディングページはしばしばホームページと混同されることがありますが、ホームページがさまざまな情報を集約したものであるのに対し、ランディングページは「購買・問い合わせ』の向上に特化しているという特徴があるので、混同しないよう注意してください。

①ユーザーをコンバージョンへと誘導する役割

基本的にランディングページは、あらかじめ設定したゴールにユーザーを導くことを目的として制作されます。

あらかじめ設定したゴール、すなわちコンバージョンはサイトによって異なりますが、「会員登録してもらう」「商品を購入してもらう」といったものが一般的です。

建設会社・工務店の場合におけるランディングページのコンバージョンの具体例として「問い合わせ」もしくは「見積もり依頼」への誘導などが挙げられます。

ゴールが明確でなければランディングページの効果が薄れてしまうので、明確なコンバージョンを設定することが優れたランディングページを制作するための第一歩だといえるでしょう。

②会社へ依頼する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

想定したコンバージョンを達成するためには、ランディングページを訪問したユーザーの購買意欲を促すことがとても重要です。

ユーザーの購買意欲を刺激するにはユーザーに対してメリットを的確に提示することが不可欠であり、建設会社・工務店の場合は「実績のあるプロが施工する」「他店よりも安く施工できる」といった例が挙げられます。

③営業マンのセールストークに代わる役割

ランディングページには会社や商品のメリットを紹介して購買につなげる役割があることは先に述べましたが、これらの役割は営業マンの営業トークの機能と多くの点で共通しているといえるでしょう。

すなわちランディングページとはいわばWeb上の営業マンであり、営業マンが顧客に商品を売り込むように、サイトを訪問したユーザーにメリットをアピールして購買意欲を持たせる役割があります。

たとえば建設会社・工務店なら「お客さんの成功事例」や「どれだけ手軽に施工できるか」を営業マンに代わって順序だてて紹介し、売り上げの向上を目指します。

コンバージョンを達成するには、ランディングページがサイトを訪問したユーザーに対して優秀な営業マンの代わりになる必要があるので、営業マンのセールストークを意識してページの構成を設計すると効果的です。

 建設会社・工務店向けのランディングページを作る時に重要な10個の基本要素

ここでは建設会社・工務店のランディングページを制作する上で重要なポイントについて解説していきます。

優れたランディングページを完成させるためには本項で紹介する10個の基本要素を網羅することが大切なので、ぜひ参考にしてください。

ランディングページはファーストビューで全てが決まる

営業マンは第一印象が重要だといわれるように、ランディングページにおいても第一印象、すなわちファーストビューは非常に大切な要素のひとつです。

営業マンなら第一印象を外しても巧みな話術があれば挽回できるかもしれませんが、ランディングページの場合にはファーストビューでユーザーの興味を惹くことができなければそのまま離脱されてしまう可能性が高いといえます。

つまり、コンバージョンを達成できるか否かはファーストビューが鍵を握っているといっても過言ではありません。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くためには、コンバージョンまでの誘導ボタンをはじめ、具体的な実績やサービスの内容がひと目でわかる簡潔なキャッチコピー施工実績の写真などを取り入れることが望ましいです。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

自社で展開したいキャンペーンを軸にランディングページにおけるCV(=コンバージョン)コンテンツを考えることで、より効果的な売り上げの向上が期待できます。

たとえば建設系の場合にはリフォームガイドなどのノウハウ系のものや、クオカードクーポン券期間限定割引といったキャンペーンを打ち出す企業が多く見受けられます。

ただし、コンバージョンを含むアクション導線に関しては最初の設計で完結させようとせずに、実際の反響を見ながらABテストをおこなうなど、運営しながら適宜改善することが重要です。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

ユーザーへの問いかけ『こんなお悩みありませんか?』

ランディングページでユーザーの関心を惹くためには、ユーザーのニーズや悩みなどを言語化し、提示することが大切です。

ニーズを具体的に問いかけることで「あ、自分が悩んでいることだ」「当てはまる!」とユーザーに共感を植え付け、コンバージョンの達成率をアップさせることが期待できます。

ただし、ターゲットの設定やペルソナの作りこみが甘いと実際にランディングページを訪れるユーザー層とかみ合わずチグハグなものとなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ランディングページの企画構成について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

自社のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

ランディングページで自社のこだわりや他社と明確に違う強みを「権威付け」として紹介することでより高いコンバージョン率が期待できます。

強みの訴求に説得力を持たせるには、抽象的な表現を避けて具体的な数字や実績を交えて説明することが効果的です。

ただし、たとえば施工費用の安さを売りにしている会社の場合、他社にもっと安価で施工している企業があれば比較の対象となって成果率が下がる恐れがあるなど、訴求するポイントを間違えると弱みになってしまう可能性もあるので注意してください。

その場合には施工費用ではなく施工実績数を記載するなど、競合他社を上回っている要素を強調することでコンバージョン率の低下を回避できます。

新規サービスや新興企業など、他社を上回る実績がない場合には記載しなくても構いません。

自社が選ばれる理由を紹介する

ランディングページには自社に依頼するメリットをユーザーに訴求する役割があることは先に述べましたが、効率的に近バージョンを達成するためにはユーザーが自社を選ぶことによってどんなメリットを享受できるかを紹介することが大切です。

たとえばユーザーにとってのメリットの実例として、建設会社・工務店であれば「早期申し込み割」「木造建築特化」などが挙げられます。

前の見出しで解説した強みとは違う形の訴求なので、訴求の内容を混同しないようにくれぐれも注意してください。

問い合わせからサービスまでの流れはフローチャートで見やすく

ランディングページを訪問したユーザーがサービスに興味を持って「問い合わせてみようかな」と感じたとしても、問い合わせ後の流れが不明瞭であることに不安をおぼえ、問い合わせに至らないというケースも少なくありません。

逆にいえば、問い合わせからサービスまでの流れが一目瞭然ならユーザーが不安を感じることなく気軽に問い合わせができるため、結果としてコンバージョン率のアップにつながります。

問い合わせからサービスまでの流れをユーザーにわかりやすく提示するためにはフローチャートが有効です。

建設会社・工務店の場合は一連の流れを簡潔に提示することで「どれだけ手軽に施工できるか」など自社の強みをアピールできるので、フローチャートを作成する際はフォントや色使いなどデザインに留意し、問い合わせ後の流れをユーザーがひと目で理解できるように配慮してください。

お客様の声・成功体験談もコンテンツとして有効

ランディングページで自社のこだわりや実績などを強みとして訴求することが有効であることは先に述べましたが、施工などのサービスを利用したお客様の声には何にも勝る強い説得力があります。

特に成功体験談は「自分もこんな風に成功できるのかな」とランディングページを訪問したユーザーが具体的なイメージを描きやすくなるという効果があるので、コンバージョン率を高めるためのコンテンツとして積極的に活用していくことをおすすめします。

可能であれば写真付きで掲載して、ユーザーにより具体的なイメージを提示します。建設会社・工務店であれば施工の実績などを写真付きで掲載すると良いでしょう。

よくある質問(Q&A)を入れて情報の過不足を調整する

これまでにランディングページを制作するにあたって重要な7つのポイントをご紹介しましたが、優れたランディングページを完成させるにはまだ充分ではありません。

過去にあった質問や問い合わせで訊かれる頻度の多い質問への回答をQ&A形式で掲載して利便性を高めれば、ユーザーのニーズに一層真摯に対応することが可能です。

Q&Aで情報の過不足を調整するためには、それを見るだけでユーザーの簡単な疑問を解決できるようにしておく必要があります。

たとえば建設会社・工務店の場合なら「施工期間」「対象とならない物件」など、ランディングページの中で訴求しきれなかった情報にQ&A形式で再度触れることも効果的です。

クロージングコピーを入れて熱意を伝える

クロージングコピーを入れてユーザーに自社の熱意を訴えることも優れたランディングページを完成させるにあたって有効な手段のひとつです。

実際に施工する責任者や会社の代表など、自社の信念や思いの丈を訴えることでユーザーに熱意が伝わり、成果率のアップが期待できます。

設会社・工務店の場合には、可能ならユーザーに安心感を与えるために会社の代表や担当者のメッセージを写真付きで掲載すると良いでしょう。

振り返りコンテンツでメリットを再確認する

ランディングページでは様々な角度でユーザーにメリットを訴求しています。ユーザーが内容を忘れないようにページの最後にランディングページの要点を箇条書きで示し、これまでの内容を手短に振り返ってください。

そのままアクション導線につなげていくとても重要なコンテンツなので、ランディングページで紹介した情報を簡潔かつ過不足なくまとめてユーザーにメリットの再確認を促します。

image image
建設会社・工務店向けランディングページは、お客様にとって『どんなメリットがあるか?』を強調するのが重要となります。
特に他社とも比較されやすい業種かと思うので、自社にしかない強み、他社との違うポイント、なぜ選ばれているか?を整理してランディングページを作っていきましょう。
池田直樹

建設会社・工務店向けランディングページ制作の相場・料金とは?

ランディングページ制作のポイントについては理解できたでしょうか。続いて、ランディングページの制作にかかる費用と一般的な相場について詳しく解説していきます。

シンプルなものからプロ仕様のものまでランディングページのタイプ別に相場をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

短めなランディングページの場合

贅肉を削ぎ落して必要なコンテンツだけを盛り込んだランディングページの相場はおよそ40~50万円です。

ページのボリュームの目安としてはA4用紙6枚分ほど、パソコン向けのページとスマートフォン向けのページに加え、問い合わせフォームが含まれています。

平均的なページよりもやや短めでですがランディングページとしての役割は充分に果たしてくれるので、費用を抑えたい場合にはまず短めのランディングページから制作してみてはいかがでしょうか。

一般的なランディングページの場合

一般的なランディングページの相場はおよそ70~80万円です。

ページの内訳は上でご紹介した短めのランディングページと変わりありませんが、情報量が多く、そのボリュームはA4用紙に換算しておよそ8枚分となります。

ランディングページとしてもっともポピュラーなボリュームなので、迷ったときは一般的なボリュームでランディングページを制作すると良いでしょう。

セールスコピー特化型のランディングページの場合

コンテンツ量を増やすだけでなく、訴求のポイントを整理して配置するなどプロのセールスコピーライターに執筆を依頼したランディングページの相場はおよそ100~120万円です。

セールスコピー特化型のランディングページではパソコン向けページとスマートフォン向けページ、問い合わせフォームといった一般的な内訳に加えて、プロライターのセールスコピーライティングがオプションとして付帯するので、より効率的なコンバージョンの達成が期待できます。

オプションの分だけ費用はかさみますが、成果率がアップすることを考えれば投資する価値は充分にあるので、少しでもコンバージョン率を高めたいならセールスコピー特化型のランディングページを制作することをおすすめします。

ランディングページ制作の料金と相場について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

LP 相場 用途
短めなLP 40~50万円 ・企業ページ
・期間限定キャンペーンなど
一般的なLP 70~80万円 ・健康食品系
・商品販売促進用など
セールスコピー特化型LP 100~120万円 ・セミナー集客
・通販ページ誘導など

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

建設会社・工務店向けランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

当然ながらランディングページはコンバージョンを達成するための手段のひとつにすぎず、ランディングページを制作することはゴールではありません。

コンバージョンを高め、維持するためにはランディングページの制作後もマーケティング戦略を実施していく必要があります。

ここでは一般的なWeb施策についてご紹介すると共に、その施策が建築会社・工務店に適しているかどうかを解説しているので、ランディングページ制作後に実施するマーケティング戦略の参考にしてください。

リスティング広告

リスティング広告とは検索連動型広告とも呼ばれるマーケティング戦略で、その名のとおりユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるネット広告を指します。

エリアや特定のキーワードで絞り込めば、サービスに関心をもつ可能性が高いユーザー層に向けて無駄なくマーケティングすることが可能であるため、建設会社・工務店には適したマーケティング戦略だといえるでしょう。

大阪に拠点を置くリフォーム業者であれば「大阪+リフォーム」とするなど、ピンポイントでリスティングを打つことでより効率的なコンバージョンの達成が期待できます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はWebサイトやアプリに表示される広告の総称です。上でご紹介したリスティング広告も広義のディスプレイ広告に含まれます。

リスティング広告がサービスに興味を持つ可能性が高い、あるいは興味があるユーザーに向けてピンポイントにマーケティングするのに対し、ディスプレイ広告は不特定多数のユーザーにマーケティングをおこなうため、潜在的なニーズを引き出せるというメリットがあります。

またリスティング広告は原則としてテキストのみですが、ディスプレイ広告は画像や動画を表示してより強くユーザーの興味を惹きつけることが可能なので、建設会社・工務店にも適したマーケティング戦略だといえるでしょう。

リターゲティング広告(バナー広告)

リターゲティング広告とはサイトを訪問したユーザーに対してふたたびターゲティングを実施することを目的とした広告を指します。

既にサイトを訪問したことのあるユーザーに広告を出して何の意味があるか疑問に感じる方もいるかもしれませんが、なんらかの理由で離脱したユーザーにアプローチしてサイトに誘導することはコンバージョン率を高めるうえでとても大切です。

ただし、過去に訪問したサイトの広告が出てくることに不快感をおぼえるユーザーもいるため、むやみに多用すると「あの鬱陶しい広告の会社か……」と企業イメージを損なう恐れもあります。

リスティング広告をメインにマーケティングを実施してリターゲティング広告はあくまで補助程度に留めておくなど、他のマーケティング戦略と併用することをおすすめします。

コンテンツマーケティングについて

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のあるコンテンツを次々と提供することでユーザーの興味を継続的に惹きつけ、最終的にコンバージョンの達成を目指す手法で、企業の運営する情報サイトなどがこれに当てはまります。

上でご紹介したマーケティング戦略はいずれも広告の配信が終了したらユーザーの目につかなくなってしまいますが、コンテンツマーケティングのために制作したコンテンツは資産としてWeb上に蓄積されていくので比較的少ないコストで大きな効果が期待できます。

専門的な知識が多く必要となる不動産関連の業種はコンテンツマーケティングと相性が良く、また問い合わせや広告等への誘導がしやすいというメリットもあるため、長期的に安定した収益を目指す企業にぴったりのマーケティング戦略だといえるでしょう。

リスティング・FB広告について

Facebookの広告はターゲットを年齢や性別、地域や趣味趣向などさまざまな観点から細かく設定することが可能です。

いわゆる一般的なリスティング広告よりもターゲティングの柔軟性が高いため、効率良く成果率をアップさせるにはうってつけのマーケティング戦略だといえます。

FB広告はリスティング広告と同様に対象となる地域を絞った「エリアマーケティング」と特に相性が良いので、まずは自社の顧客の人口構成とターゲットとなる商圏の人口構成を比較するなどして現状を把握し、そのうえで適切な施策を検討して効果的なマーケティングを打ち出すと良いでしょう。

【厳選ピックアップ】建設会社・工務店向けのランディングページ制作で参考になるサイト3選

最後に、ランディングページを制作するにあたって参考になるサイトをいくつかピックアップしてご紹介します。

いずれのサイトも優れたデザインおよび設計となっているので、ぜひランディングページ制作の参考にしてください。

三井のリハウス

三井のリハウスのランディングページは教科書どおりの堅実な設計となっているため、ページ作りのお手本にするにはぴったりのサイトだといえるでしょう。

シンプルながらユーザーに知らせるべき情報が過不足なく盛りこまれており、ユーザーの視線をページ最下部の相談窓口まで誘導するべく考え抜かれた動線も見事のひとことです。

ランディングページ制作の基本が詰まっているといっても過言ではないので、ページの隅々までご覧になってランディングページ制作にお役立てください。

泉北ホーム GOTEX

基本に忠実な三井のリハウスのランディングページとは対照的に、泉北ホームのランディングページはユーザーの目を惹くための創意工夫がこれでもかと詰めこまれたおしゃれなスクロールサイトに仕上がっています。

情報量が多いので最後まで読むには少々時間がかかりますが、画像やイラスト、さらにはアニメーション機能が効果的に取り入れられているため、読みにくさを感じることはありません。

製品の特徴を解説しつつユーザーの疑問をさりげなく解決するという構成も見事なので、細部まで注意深く確認してみてください。

オークヴィレッジ 木造建築

オークヴィレッジのランディングページは上でご紹介した三井のリハウスと泉北ホームの間を取ったようなバランスの良い設計となっています。

黒を基調としたおしゃれで高級感あふれるデザインが特徴的ですが、テキストと画像を絶妙なバランスで配置することで自社の実績とセールスポイントを効果的にユーザーに伝えているなど細部にわたって工夫が凝らされているため、ランディングページを制作する前にぜひ1度目をとおしておくことをおすすめします。

施工事例の写真をロールオーバーすると敷地面積などの情報が文字として浮かびあがるといったアニメーションが採用されていることも見逃せないポイントです。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

 

ランディングページは縦長1ページの中にユーザーの関心を惹く情報を盛りこむことで問い合わせや購買の向上を目的としたマーケティング戦略のひとつです。

ひとくちにランディングページといっても奥が深く、有効な施策にもさまざまな種類があるため、どの設計が良くどの設計が悪いかを一概に判断することはできません。

優れたランディングページを制作することは決して簡単ではありませんが、上手くはまればコンバージョン率の大幅アップが期待できるので、ぜひこの記事を参考にランディングページを制作してみてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーをコンバージョンへと誘導する役割がある
・ランディングページはファーストビューが重要
・ランディングページ制作は40万円から100万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績