【不動産賃貸向け】ランディングページを制作する5つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

ランディングページは不動産賃貸において欠かすことのできない重要なマーケティング戦略です。

ホームページがさまざまな情報を複数のページにわたって集約させたものであるのに対し、ランディングページには問い合わせや購買の向上を目的とした情報が縦長の1ページの中に詰めこまれています。

またホームページは恒常的に運用されますが、ランディングページは期間限定で公開されるものが多いという特徴があります。

この記事では不動産賃貸におけるランディングページの役割と重要なポイントについて詳しく解説していくので、ランディングページ作りの参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・ランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・参考にしたいおすすめのランディングページ
目 次表示

不動産賃貸向けランディングページの役割って何?

ここでは不動産賃貸業者がランディングページを制作する意味とその役割について、具体例を交えながら詳しく解説していきます。

ホームページとランディングページの違いについても触れているのでぜひ参考にしてください。

①ユーザーをコンバージョンへと誘導する役割

ホームページにはユーザーが求めるあらゆる情報をまとめて記載しますが、ランディングページには「会員登録をしてもらう」「商品を購入してもらう」などあらかじめ設定した具体的なゴールまでユーザーを誘導するために必要な情報のみを厳選して記載します。

このとき設定されるゴールはコンバージョンと呼ばれ、ランディングページに記載するべき情報はコンバージョンの内容によって大きく左右されます。

不動産賃貸におけるランディングページのコンバージョンとしては「内見案内」「問い合わせ」などが一般的です。

ユーザーをコンバージョンへと誘導することがランディングページのもっとも大きな役割だといえるので、優れたランディングページを制作するためにもまずはコンバージョンを明確にしてください。

②サービスを使用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

コンバージョンへの誘導がランディングページの大きな役割であることは先に述べましたが、コンバージョンを達成するにはユーザーの購買意欲を刺激する必要があります。

ユーザーに購買意欲を持たせるには、たとえば不動産賃貸の場合には「仲介手数料無料」「訳あり物件紹介可能」「地域密着型」など、サービスを使用するメリットを具体的に提示することが有効です。

③営業マンのセールストークに代わる役割

上でご紹介した「ユーザーをコンバージョンへと誘導する」「サービスを使用するメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらう」という役割は、どちらも営業マンのセールストークと共通しています。

ランディングページは営業マンに代わってサイトを訪れた顧客にサービスを売りこむ、すなわちWeb上の営業マンのような存在であると表現できるでしょう。

また不動産賃貸の場合、ランディングページは営業マンだけでなく店舗先に置かれているポップ「お得物件あり」などの広告の代わりともいうべき役割も兼ねています。

営業マンのセールストークや店舗先のポップ、広告などを意識してランディングページを設計することで、より効率的にコンバージョンの達成が期待できるでしょう。

不動産賃貸向けのランディングページを作る時に重要な10個の基本要素

不動産賃貸におけるランディングページの役割については理解できたでしょうか。

続いてはランディングページを制作するにあたって意識するべきポイントについて詳しく解説していきます。

ファーストビューはキャッチコピーにこだわる

営業マンが第一印象を大切にするように、ランディングページは第一印象(ファーストビュー)がとても重要です。

ファーストビューの出来によってコンバージョンの成果率が大きく左右されるといっても過言ではないので、ランディングページを訪問したユーザーの興味をひと目で惹けるようファーストビューには細心の注意を払ってください。

具体的にはコンバージョンまでの誘導ボタン実績キャッチコピー人物写真などを効果的に配置することで成果率のアップが期待できます。

さらに踏みこんだ解説をするならば、実績には具体的な数字を記載し、キャッチコピーはひと目でどんなサービスか分かるような文言にするとより効率的にコンバージョンが達成できるでしょう。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

より効率的に成果率を高めるには、自社で展開したいキャンペーンを軸にCV(=コンバージョン)コンテンツを決定することが有効です。

キャンペーンの内容は業者によってさまざまですが、不動産賃貸の場合には期間限定仲介手数料割引指定引っ越し業者を使用した場合の引っ越し金額割引家具プレゼントといったキャンペーンを打ち出す企業が多い傾向にあるといえるでしょう。

どのようなキャンペーンを軸にする場合でも、アクション導線は最初の設計だけで完結させず、実際に運用して反響を見ながらABテストをおこなうなど適宜改善していく必要があります。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

ユーザーへの問いかけ『お悩み訴求』

ユーザーの悩みやニーズを言語化することはランディングページを訪問したユーザーの関心を惹くために有効な手段のひとつです。

ランディングページの冒頭でユーザーの悩みを具体的に言語化して問いかけることで、「自分にも当てはまる!」「わたしが今悩んでいることと同じだ」とランディングページへの共感を植え付け、結果としてコンバージョンの達成へと結びつくことが期待できます。

しかしユーザーの関心を惹きつける効果がある一方で、ターゲットのペルソナをしっかりと作りこんで的確な問いかけをおこなわなければ逆にコンバージョン率が低下してしまう恐れもあるため、ユーザーに問いかける際はターゲットの設定を誤らないよう細心の注意が必要です。

ランディングページの企画構成について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

自社のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

前項で解説したように、ランディングページの役割のひとつに「サービスを使用するメリットをユーザーに提示する」という役割があります。

自社のこだわりをメリットとしてユーザーに訴求もしくは権威付けとして強調することでユーザーの購買意欲を刺激し、成果率のアップが期待できます。また具体的な数字や実績を交えて権威付けとしての説得力を高めれば、より効果的にコンバージョンを達成できるでしょう。

ただし、訴求するポイントを見誤ると強みであるはずのこだわりが逆に弱みとなってしまう恐れがあるため、訴求ポイントの選定には細心の注意が必要です。

たとえば不動産賃貸において紹介料が無料であることは強みのひとつですが、紹介料が無料の業者が他にもあった場合、これを強みとして差別化を図ることは不可能となってしまいます。

自社が選ばれる理由を紹介する

自社を選ぶことによってどんなメリットを受けられるかを主に紹介するコンテンツです。不動産賃貸業者の場合には紹介実績などを交えながら訴求すると説得力が増して成果率も高まるでしょう。

上で解説した「自社のこだわり」はあくまで企業の立場から見た情報ですが、「自社が選ばれる理由」はユーザーの視点に立った情報であるため、ユーザーにとってより実感しやすく、また共感を得やすいコンテンツだといえます。

強みやサービス紹介とは似て非なる訴求コンテンツであるため、混同しないように注意してください。

問い合わせから物件の紹介までの流れはフローチャートで見やすく

問い合わせからサービスを受けるまでの流れをフローチャートで可視化してユーザーの不安を解消すれば、問い合わせのハードルを下げてコンバージョンの達成率を高めることが可能です。

問い合わせ後の流れが明瞭でないとユーザーが不安をおぼえてしまい、せっかく他のコンテンツで興味を惹いても問い合わせまで至らない恐れがあるため、上でご紹介した基本要素と併せて必ずフローチャートを記載してください。

また不動産賃貸業者の場合にはフローチャートを通して「どれだけスムーズに紹介できるか」を自社の強みとして紹介することで、さらにさらなる成果率が期待できるでしょう。

フローチャートを作っても問い合わせ後どのような流れで進むのかユーザーがひと目で理解できなければ意味がないので、フォントや色使いなどデザインはしっかりと作りこむようにしてください。

お客様の声・成功体験談もコンテンツとして有効

お客様の声や成功体験談は「自分もこんな風に成功できるのかな」とランディングページを訪問したユーザーがイメージを描きやすいため、ときとして何よりも強い説得力を持つ訴求コンテンツになり得ます。

写真を掲載することで体験談にさらに強い説得力を持たせることができるので、可能ならなるべく写真付きで掲載するなど訴求コンテンツとして積極的に活用していきましょう。

不動産賃貸の場合には、実際に賃貸を紹介されたお客様の体験談と一緒に営業マンとお客様のツーショット写真を掲載するとより効果的です。

よくある質問(Q&A)を入れて情報の過不足を調整する

複数のページにまたがるホームページと異なり、通常ランディングページは縦長の1ページのみで構成されるため記載できる情報量には限りがあります。

Q&A形式ならこれまでのコンテンツで説明しきれなかった情報を少ないスペースで効率的に説明できるので、ランディングページの利便性を高めるためにユーザーから問い合わせの多い項目や過去にあった質問への回答を「よくある質問」としてQ&A形式で掲載することをおすすめします。

このとき、質問コーナーをひと目見るだけで簡単な質問を解決できるように注意してコンテンツを設計してください。

また不動産賃貸であれば内見時の段取り契約までの流れなど、Q&A形式を利用して訴求しきれなかった情報に再度言及しても良いでしょう。

クロージングコピーを入れて熱意を伝える

これまでにご紹介した8つの基本要素を押さえておけばランディングページに必要な基本的な情報はほとんど網羅できますが、終盤にクロージングコピーを入れてユーザーに熱意を訴え、ランディングページの完成度をさらに高めてください。

クロージングコピーでは実際の物件を紹介する担当者や会社の代表など、自分たちがどのような信念をもってこの事業に携わっているかを記載してユーザーに熱意を伝えます。

不動産賃貸業者の場合にはクロージングコピーをスタッフや営業マンの写真を併せて掲載すれば、ユーザーに安心感を与えてさらなるコンバージョン率のアップが期待できるでしょう。

振り返りコンテンツでメリットを再確認する

ランディングページではさまざまな角度からユーザーにメリットを訴求していますが、終盤にもなるとユーザーがこれまでにランディングページで訴求した内容を忘れてしまう可能性も充分に考えられます。

そうなると限られたスペースを割いて訴求した情報が無駄になってしまうので、ランディングページの最後に箇条書きで要点を列記し、これまでに訴求した情報について手短に振り返りましょう。

コンバージョンの達成に向けた訴求内容をおさらいするだけでなく、そのままアクション導線につなげてユーザーにコンバージョンを促す重要なコンテンツであるため、ランディングページの最後に振り返りコンテンツを挿入してメリットを再確認してください。

image image
不動産賃貸向けランディングページは、お客様にとって『どんなメリットがあるか?』を強調するのが重要となります。 特に他社とも比較されやすい業種かと思うので、自社にしかない強み、他社との違うポイント、なぜ選ばれているか?を整理してランディングページを作っていきましょう。
池田直樹

不動産賃貸向けランディングページ制作の相場・料金とは?

ひとくちにランディングページといってもさまざまなタイプがあり、そのボリュームによって制作にかかる費用が大きく前後します。

ここでは不動産賃貸向けランディングページの制作に要する費用と相場について詳しく解説していくので参考にしてください。

短めなランディングページの場合

通常よりもやや短いランディングページの制作に要する費用の相場はおよそ40~50万円です。

情報量の目安はA4用紙6枚ほどであり、パソコン向けのページとスマートフォン向けのページ、さらには問い合わせフォームが含まれているため、短めといっても必要な情報を網羅するには充分なボリュームだといえるでしょう。

ランディングページとしての役割に不足はないので、費用を抑えたいのであればまずは短めのランディングページを制作してみることをおすすめします。

一般的なランディングページの場合

不動産賃貸業界において一般的なランディングページの情報量はA4用紙に換算しておよそ8枚分であり、制作にかかる費用の相場はおよそ70~80万円となります。

上でご紹介したランディングページと同様にパソコン向けのページとスマホ向けのページに加えて問い合わせフォームが含まれますが、こちらの方がより多くの情報を記載することが可能です。

ランディングページの中でもっともポピュラーかつ無難なボリュームだといえるので、どのようなランディングページを作ればいいか迷ったときはA4用紙8枚分、70~80万円を目安に制作してみてください。

セールスコピー特化型のランディングページの場合

訴求するポイントを整理して適切に配置し、情報量を増やすなどプロのセールスコピーライターにランディングページの制作を依頼した場合にかかる費用の相場はおよそ100~120万円です。

こちらでは一般的なランディングページに含まれるパソコン向けページとスマートフォン向けページ、問い合わせフォームに加えて、オプションとしてプロライターの手によるセールスコピーライティングが付帯します。

上でご紹介したランディングページと比べると費用は多少かさんでしまいますが、プロによるセールスコピーによってより効率的にコンバージョン率を高めることが期待できるので、通常のランディングページでは物足りないという方にはぴったりのランディングページだといえるでしょう。

ランディングページ制作の料金と相場について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

LP 相場 用途
短めなLP 40~50万円 ・企業ページ
・期間限定キャンペーンなど
一般的なLP 70~80万円 ・健康食品系
・商品販売促進用など
セールスコピー特化型LP 100~120万円 ・セミナー集客
・通販ページ誘導など

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

不動産賃貸向けランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ランディングページはコンバージョンを達成するうえでとても重要な手段のひとつですが、他のマーケティング戦略と組み合わせることでより大きな効果が期待できます。

ここではランディングページの制作後にぜひ実施しておくべきマーケティング戦略についてご紹介します。

その施策が不動産賃貸業者に適しているか否かについても併せて解説しているので、マーケティング戦略選びの参考にしてください。

リスティング広告

ユーザーが検索した特定のキーワードに応じて表示されるネット広告をリスティング広告と呼びます。

リスティング広告は別名「検索連動型広告」とも呼ばれ、あらかじめ特定のエリアやキーワードで絞りこんでリスティング広告を打つように設定しておくことで顧客となる可能性の高いユーザー層に効率良くマーケティングが可能です。

不動産賃貸業者の場合には、たとえば「下北沢 家賃 安い」と検索したユーザーに向けて下北沢の相場よりも安い物件に関する広告を表示することで効率的なコンバージョンの達成が期待できるため、不動産賃貸業者との相性は抜群だといえるでしょう。

ディスプレイ広告

Webサイトやアプリに表示されるネット広告を総称してディスプレイ広告と呼びます。

上でご紹介したリスティング広告も厳密にはディスプレイ広告に含まれますが、通常ディスプレイ広告は画像や動画を表示することが可能ですが、リスティング広告はテキストのみであるなど相違点も多いため区別されるのが一般的です。

ユーザーを絞りこんでマーケティングをおこなうリスティング広告に対し、ディスプレイ広告は不特定多数のユーザーの関心を惹くことが可能であり、ユーザー自身も自覚していない潜在的なニーズを引き出せるという大きなメリットがあります。

不動産賃貸業界においても広く用いられているマーケティング戦略なので、ランディングページが完成したら、リスティング広告と併せて実施してみてはいかがでしょうか。

リターゲティング広告(バナー広告)

自社のサイトを訪れたユーザーに対して再度マーケティングすることを目的としたネット広告をリターゲティング広告と呼びます。

何らかの理由で離脱したユーザーを再度サイトに誘導することでより効率的なコンバージョンの達成を見込めるので、不動産賃貸業者にも適したマーケティング戦略だといえるでしょう。

しかし高い効果が期待できる一方で、1度訪問したサイトの広告が何度も表示されることでユーザーに不快感を抱かせてしまう恐れがあります。

リターゲティング広告はあくまで補助として利用し、他の広告をメインにマーケティングをおこなうなど、むやみな多用は控えることをおすすめします。

SNS広告

ツイッターといったフェイスブックといったSNSに表示される広告も、コンバージョンの成果率を高めるうえで有効なマーケティング戦略のひとつです。

特にフェイスブックの広告は性別や年齢層、居住地域、趣味趣向などターゲットを細かく設定することが可能であるため、対象の地域を絞ってマーケティングをおこなう「エリアマーケティング」と特に相性が良く、不動産賃貸業者にはうってつけのマーケティング戦略だといえるでしょう。

エリアマーケティングを実施する際は、対象となる商圏の人口比率と顧客の人口比率を比較するなどしっかりと現状を把握したうえで施策を検討することが大切です。

コンテンツマーケティング

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを連続的に提供し、ユーザーの興味を惹きつけてコンバージョンを促す手法をコンテンツマーケティングと呼びます。

これまでにご紹介したマーケティング戦略はどれも広告の配信期間が終了するとユーザーの目には映らなくなってしまいますが、コンテンツマーケティングで制作したコンテンツはサイトがなくならない限り恒久的に運用することが可能であるため、長い目で見れば大きな費用対効果が期待できるでしょう。

専門的な知識を多く要求される不動産業界は特にコンテンツマーケティングとの相性が良く、広告や問い合わせへの誘導も容易であるため、不動産賃貸業者ならぜひ積極的に実施しておきたいところです。

【厳選ピックアップ】不動産賃貸向けのランディングページ制作で参考になるサイト3選

ランディングページの制作に関する重要なポイントや有効なマーケティング戦略については理解できたでしょうか。

最後に優れたデザインと設計を誇るサイトを3つ厳選してご紹介していくので、ランディングページ制作の参考にしてください。

東京スタイル不動産

東京スタイル不動産のランディングページはユーザーの関心を惹く要素を巧みに盛りこんだファーストビューをはじめ、画像を交えた成功体験談や情報を過不足なく補うQ&Aコーナーなど、この記事で紹介した重要な基本要素のすべてを網羅した、まさに理想的な設計となっています。

ランディングページ制作の基本のみならず応用的なテクニックまでもがごく自然に取り入れられているので、ランディングページ作りで迷ったときは東京スタイル不動産のランディングページを参考にしてみてください。

うちコン

うちコンは人気のメッセージアプリ「LINE」を利用したお部屋探しのコンサルタントサービスを手掛ける企業です。

ファーストビューをはじめセールスコピーやデザインなど全体的にインパクトの強さを重視した設計に加えて、一般的なランディングページと比べて画像やイラストの占める割合が大きくとられているなど、LINEのユーザー層に合わせたターゲティングの形跡が見て取れます。

それ以外にもユーザーの潜在的なニーズを引き出す工夫が随所になされているので、分かりやすさを重視したランディングページを作りたいという方はうちコンの設計を参考にすると良いでしょう。

モチコム

モチコムはイラスト調のシンプルかつ洗練されたデザインが印象的なランディングページで、その徹底したシンプルさは見る者にどこか淡泊な印象を与えるほどです。

コンバージョンの促進を前面に押し出したランディングページが多い中、モチコムのようにセールス色を感じさせない設計はかなり珍しく、他のサイトとの差別化を図ることでユーザーの関心を強く惹きつけています。

ユーザーに押しつけがましさを感じさせることなくコンバージョンの達成を促す情報を過不足なく配した設計は見事のひとことなので、ぜひ細部まで注意深く目をとおしてランディングページ制作の参考にしてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

ランディングページは購買や問い合わせの向上に特化した縦長1ページのWebサイトです。

不動産賃貸のランディングページにはさまざまな施策があるため正解はひとつではありませんが、この記事で解説したようにキャッチコピーを入れる、ユーザーの悩みを言語化して問いかける、Q&A形式で情報を補足するなどセオリーがあることも事実です。

優れたランディングページを完成させることができればコンバージョン率の大幅な向上が期待できるので、資金や労力をかけて試行錯誤する価値は充分にあるといえるでしょう。

この記事を参考にぜひ優れたランディングページを制作してみてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーをコンバージョンへと誘導する役割がある
・ランディングページはファーストビューが重要
・ランディングページ制作は40万円から120万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績