【健康食品・サプリ向け】ランディングページを制作する7つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説【葉酸サプリ・プロテイン】

ランディングページは商品に関する問い合わせや購買を向上させることを目的として制作されるWebサイトです。

一般的なホームページはさまざまな情報を集約させた複数のページによって構成されますが、ランディングページは購買や問い合わせの向上に特化した情報を縦長の1ページにまとめています。

またホームページは恒常的に運用することを前提に制作されるものがほとんどですが、ランディングページの多くは期間限定で運用されるという違いがあります。

この記事では健康食品・サプリ向けのランディングページの役割と重要なポイントについて詳しく解説していくので、ランディングページ制作の参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・健康食品・サプリ向けランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・健康食品・サプリ向け参考ランディングページ
目 次表示

健康食品・サプリ向けランディングページの役割って何?

ここでは健康食品・サプリ向けのランディングページを制作する意味と役割について詳しく解説していきます。

ホームページとランディングページの違いについても触れているので、ランディングページを制作する前にぜひ目を通しておいてください。

①ユーザーを購入アクションへと誘導する役割

冒頭でも触れていますが、ホームページがユーザーの求めるあらゆる情報を複数のページにわたって集約したものであるのに対し、ランディングページは「問い合わせしてもらう」「商品を購入してもらう」など購買に繋がるアクションをユーザーに促すために有効な情報のみを厳選して記載しています。

つまり、サイトを訪問したユーザーを購入アクションへと誘導することこそ、ランディングページが担う最大の役割だといえるでしょう。

健康食品やサプリの場合には「商品の購入」「問い合わせ」の他、「定期購入の申し込み」といったアクションへの誘導が主となります。

②商品を愛用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

ランディングページを閲覧したユーザーの購買意欲を強く刺激しなければ、訪問者を購入アクションへと誘導することは困難です。

ユーザーの購買意欲を促す方法はひとつではありませんが、商品を愛用するメリットを具体的かつ的確に提示することで、訪問者の購買意欲を効率的に刺激できます。

健康食品やサプリであれば「商品の効果」「魅力」、もしくは「使用前と使用後の人物像」を比較してユーザーに提示すると良いでしょう。

③営業マン・広告の代わりになる役割

これまでにランディングページには商品するメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらい、購入アクションへと誘導する役割があると紹介しましたが、これらの役割が営業マンの営業トークと非常に似ていることにお気づきになったでしょうか。

厳密にいうと健康食品におけるランディングページの役割は営業マンよりも広告に近いですが、営業マンの代わりに掲載元に売り上げを向上させる役割があることに変わりはありません。

健康食品やサプリの場合には、営業マンに代わって「他社商品との違いを明確に紹介できるコンテンツ」を提示することでより効率的にユーザーを購入アクションへと誘導できるでしょう。

健康食品・サプリ向けのランディングページを作る時に重要な10個の基本要素

ここでは健康食品・サプリ向けのランディングページを制作する上で重要な10個の基本要素について解説していきます。

どれも効率的にユーザーを購入アクションへと誘導するために欠かすことのできない大切なポイントなので、ぜひ参考にしてください。

【大前提】薬事法・薬機法を考慮したライティングが必要

健康食品・サプリ向けのランディングページを制作する上でもっとも大切なのは、薬事法および薬機法を念頭に置いてライティングをおこなうことです。

薬事法もしくは薬機法に抵触してしまうと広告出稿の審査に通らなくなってしまいます。健康食品はあくまで食品なので、「絶対治る!」「これを飲んだら痩せます!」といった文言を記載することは絶対に避けましょう。

どんなに優れたランディングページでも広告出稿の審査に通らなければ意味がないので、まずは薬事法・薬機法に抵触しないことを最優先してライティングしてください。

薬事法に抵触するNG例について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

薬機法(旧薬事法)に引っかかるランディングページとは?NG例を紹介

ファーストビューは商品イメージにこだわる

健康食品・サプリ向けのランディングページにおいて、薬事法・薬機法に抵触しないライティングに次いで重要なのがファーストビューで訪問者の関心を惹きつけることです。

ファーストビューとはランディングページを閲覧したユーザーが最初に目にするコンテンツを指します。

コンバージョンまでの誘導ボタンはもちろん、商品の特徴がひと目で分かるキャッチコピーターゲットのペルソナ像に合致した人物写真を盛り込むことで効率的なコンバージョンの達成が期待できるでしょう。

実績やリピート率を具体的な数字と共に記載することも有効です。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

CV(=コンバージョン)コンテンツにはさまざまなパターンが考えられますが、優れたランディングページを制作したいのであればCVコンテンツは自社で展開したいキャンペーンを軸に考えることをおすすめします。

健康食品やサプリ系ではダイエット系商品のニーズが多い傾向にあり、業界では「定期購読者を対象として3ヶ月毎にクオカードをプレゼント」「12ヶ月目にテーマパークの招待券もしくは旅行チケットをプレゼント」といったキャンペーンを展開している企業もあるので参考にしてください。

またコンバージョン率を高めるためには、CVを含むアクション動線は最初の設計で完結させずに、実際に運営して反響を見ながら適宜改善をおこなうことが重要です。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

ユーザーへの興味づけ『お悩み訴求』

ランディングページの中でユーザーのニーズや悩みを具体的に言語化して「自分の悩みと同じだ」「私にも当てはまる!」と共感を植え付けることで、訪問者の関心を強く惹きつける効果が期待できます。

ただしターゲットやペルソナの設定が甘い状態でチグハグな問いかけをすると却って逆効果になる恐れがあるので、悩みを訴求する際はターゲットのペルソナをしっかりと作り込むようにしましょう。

健康食品やサプリの場合には、「体の調子が悪い」「気怠さがある」「肌にハリがなくなってきた」など商品の効能に併せた問いかけをおこなってください。

ランディングページの企画構成について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

商品が選ばれる理由を紹介する

ランディングページが担う役割のひとつに「商品を愛用するメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらう」という役割があることは先に述べました。

商品が選ばれる理由を紹介することは商品のメリットをユーザーに伝える役割と密接にかかわっており、サイトに訪問したユーザーをコンバージョンへと誘導するためには欠かせない大切な項目だといえるでしょう。

ここではユーザーが商品を選ぶことによってどんなメリットがあるかを主に紹介します。

健康食品やサプリの場合には販売実績ビタミンなど含有成分の名称を具体的に紹介すると説得力が高まるので、ランディングページを制作する際はぜひ実践してみてください。

商品のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

商品が選ばれる理由と併せて、商品のこだわりを強みや権威付けとして強調し訴求することもユーザーをコンバージョンへと誘導するために無視できない大切な要素です。

上でご紹介した「商品が選ばれる理由」とはまた違う形の訴求なので、混同しないように気をつけてください。このとき実績を具体的な数字と共に紹介すると説得力が高まるので、可能であればこだわりと実績を併記することをおすすめします。

また「お悩み訴求」と同じように訴求するポイントを見誤ると強みになるはずの訴求が逆に弱みになってしまうことも考えられるので、訴求ポイントは慎重に選定しましょう。薬事法・薬機法にも注意が必要です。

お客様の声や成功体験談はコンテンツとして効果的

お客様の声はときとして商品が選ばれる理由やこだわり以上に強い説得力を備えたコンテンツとなり得ます。

中でも成功体験談は「自分もこんな風に成功できるのかな」とサイトを訪問したユーザーに具体的なイメージを植え付けられるので、コンテンツとして有効に活用すればコンバージョン率を高める上で大きな効果が期待できるでしょう。

体験談に写真を併記することによってさらに強い説得力が生まれるので、可能であれば写真も併せて記載してください。健康食品やサプリの場合には笑っているポジティブな写真モニターインタビューなどがおすすめです。

よくある質問(Q&A)を入れて情報の過不足を調整する

これまでにご紹介した項目をすべて記載すれば優れたランディングページを完成させるために必要な情報は概ね網羅できますが、訴求しきれなかった情報が残っている場合にはよくある質問のコーナーを盛り込み、Q&A形式で情報の過不足を調整してください。

より利便性の高いランディングページを完成させるには、情報の過不足を調整するだけでなく、過去にあった質問や問い合わせの多い項目をひと目で解決できるようにしておくことが重要です。

健康食品・サプリの場合には購入後の流れやキャンセルの手順について記載すると良いでしょう。

クロージングコピーで熱意を訴求する

ランディングページの終盤にクロージングコピーを盛り込んで商品開発の責任者やスタッフがどんな思いでこの事業に携わっているか熱意を訴えることで、商品に対する信頼感を高めると同時に成果率のアップが期待できます。

お客様の声や成功体験談と同様に写真を併せて記載すれば説得力を高めることができるので、健康食品やサプリの場合には担当者や責任者など開発に携わった人物のコメントを写真付きで掲載すると良いでしょう。

振り返りコンテンツでメリットを再確認する

複数のページにまたがるホームページとは異なり、ランディングページでは基本的に縦長の1ページという限られたスペースの中にユーザーをコンバージョンへと導く情報を高い密度で記載する必要があります。

ランディングページの終盤にもなるとこれまでに訴求した情報をユーザーが忘れてしまう可能性があるため、最後に要点を箇条書きで記載してランディングページの内容を手短に振り返りましょう。

振り返りコンテンツは単なるおさらいではなく、そのままアクション動線へと繋がる重要なコンテンツなので、最後まで気を抜かずに設計してください。

image image
健康食品・サプリ向けランディングページは、商品の購入までに導線をいかに上手く配置できるかが重要となります。特に広告出稿のためには『治る』や『痩せる』などの効果を直接的に記載できないため、それを考慮して執筆できる専門のライターに依頼するのが効果的です。
薬機法(旧薬事法)に引っかかるランディングページとは?NG例を紹介
池田直樹

健康食品・サプリ向けランディングページ制作の相場・料金とは?

続いて、康食品・サプリ向けのランディングページを制作する際にかかる費用の相場をご紹介します。

最低限の情報のみを厳選したものから平均的なボリュームのもの、さらに薬事法・薬機法に特化したものなど、さまざまなパターンの相場について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

短めなランディングページの場合

サイトを訪問したユーザーをコンバージョンへと誘導するために必要な最低限の情報を厳選して記載したランディングページの制作にかかる費用は、およそ40~50万円が相場です。

一般的なランディングページよりも短いですが、それでもパソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームが含まれており、A4用紙に換算して6枚程度のボリュームがあります。

ここで解説するランディングページの中では制作にかかる費用の相場がもっとも安いですが、当然ながらランディングページとしての機能はしっかりと果たしてくれるので、最初は費用を抑えて様子を見たいという場合は短めのランディングページから制作してみることをおすすめします。

一般的なランディングページの場合

上でご紹介した短めのランディングページの情報量はA4用紙換算で6枚程度ですが、パソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームという内訳をそのままに、記載する情報量をA4用紙で8枚程度に増やしてランディングページを制作した場合にかかる費用の相場は70~80万円となります。

こちらは健康食品・サプリ向けのランディングページとして平均的なボリュームなので、どのようなランディングページを作ればいいか迷ったときにはA4用紙で8枚を目安に情報を記載すると良いでしょう。

薬事・薬機法特化型のランディングページの場合

プロのセールスコピーライターに執筆を依頼し、コンテンツ量の調整や訴求ポイントの整理、薬事法・薬機法を遵守したランディングページを制作する場合にかかる費用の相場はおよそ120~140万円です。

パソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームと内訳は上でご紹介したランディングページと同じですが、こちらにはオプションとして薬事法・薬機法ライティングが付帯するので、薬事法・薬機法に抵触しないライティングができるか不安なときはプロのセールスコピーライターに執筆を依頼することをおすすめします。

多少費用はかかりますが、先でも述べているように薬事法・薬機法に抵触すると広告出稿の審査に通らなくなりコンバージョンの達成どころではなくなってしまうので、投資する価値は充分にあるといえるでしょう。

ランディングページ制作の料金と相場について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

健康食品・サプリ向けランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ランディングページは単体でも充分な効果を見込めますが、他のマーケティング戦略を併せて実施することでさらに高いコンバージョン率のアップが期待できます。

ここではランディングページを制作した後に実施したいマーケティング戦略について解説していきます。

健康食品・サプリの販売業者にその施策が適しているのか否かに主題をおいて説明していくので、ぜひ最後まで目を通してください。

リスティング広告

リスティング広告とはユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるネット広告のことで、別名「検索連動型広告」と呼ばれます。

特定のキーワードでターゲットを絞り込めば商品に関心を持つ可能性の高いユーザーを対象としてピンポイントにマーケティングできるので、リスティング広告はかなり効率的なマーケティング戦略だといえるでしょう。

たとえば「妊婦+健康サプリ」や「ダイエット+プロテイン」など、キーワードでターゲットを絞り込むことができるので、健康食品・サプリの販売業者との相性も抜群です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とはWebサイトやアプリに表示されるネット広告の総称で、厳密にいうと上でご紹介したリスティング広告もディスプレイ広告の一種ということになります。

リスティング広告がキーワードでターゲットを絞ってマーケティングをおこなうのに対し、ディスプレイ広告はより広いユーザー層がマーケティングの対象となるため、ユーザーの潜在的なニーズを刺激するのに適しています。

またリスティング広告はテキストしか表示できませんが、ディスプレイ広告なら動画や画像も表示することができるので設計の自由度も高く、健康食品やサプリにもぴったりのマーケティング戦略です。

リターゲティング広告(バナー広告)

ユーザーの検索履歴などから逆算し、1度自社のサイトを閲覧したユーザーをふたたびサイトに誘導することを目的とした広告をリターゲティング広告と呼びます。

1度サイトを訪問したユーザーは自社の商品に少なからぬ関心を抱いている可能性が高いため、リターゲティング広告はリスティング広告よりもさらにターゲットを絞ったマーケティング戦略だといえます。

健康食品やサプリとは特に相性の良い手法ですが、1度閲覧したサイトの広告が何度も表示されることを不快に感じるユーザーも一定数いるので、たとえばリスティング広告をメインのマーケティング戦略としてリターゲティング広告は補助に留めるなど、むやみな多用は控えた方が良いでしょう。

SNS・インフルエンサーマーケティング

SNSなどで数万人のフォロワーを擁するインフルエンサーの影響力を活用したマーケティング戦略をインフルエンサーマーケティングと呼びます。

インフルエンサーマーケティングは口コミに近い性質を持っており、フォロワーのフォロワーのそのまたフォロワーといったように情報が拡散されやすく、またユーザー目線での訴求がしやすいなどさまざまなメリットがあります。

数あるマーケティング戦略の中でも健康食品やサプリと特に相性の良い手法なので、ランディングページと併せてぜひ実施してみてはいかがでしょうか。

コンテンツマーケティングについて

ユーザーにとって価値のある情報を連続的に提供してユーザーの興味を惹き、最終的にコンバージョンへと誘導する手法をコンテンツマーケティングと呼びます。

健康食品やサプリの通販サイトは全国各地のユーザーが対象となるため、コンテンツマーケティングは上でご紹介したインフルエンサーマーケティングと並んで健康食品・アプリと特に相性の良いマーケティング戦略のひとつです。

他のマーケティング戦略と比べて結果を出すまでに多少の時間がかかりますが、コンテンツマーケティングのために制作したコンテンツはWeb上に残っている限り資産として蓄積していくので、長い目で見れば投資する価値は充分にあるといえるでしょう。

たとえば青汁の効果をユーザーに伝えたい場合、「青汁を365日飲んでみた結果」をコンテンツとして提供することでユーザーに信頼感を与え、コンバージョン率のアップが期待できます。

【厳選ピックアップ】健康食品・サプリ向けのランディングページ制作で参考になるサイト4選

最後に、ランディングページを制作する前に目を通しておきたい4つのサイトをご紹介します。

どれも優れた設計のサイトなので、ランディングページ制作の参考にしてください。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールはサイトを訪問したユーザーに商品の購入を促すための基本的な要素をしっかり押さえた、お手本のようなランディングページです。

CVボタンにアニメーションを取り入れてユーザーの注意を引きつけている他、CVボタンまでの動線も非常に良く練られているので、ランディングページを制作する際はぜひ参考にしてください。

 

画像を多めに配置してテキストが過密にならないように工夫するなど、ターゲットとなるユーザー層に合わせた設計も見事です。

海乳

海乳のランディングページで特に優れている点は画像の使い方です。商品の原料である牡蠣の写真を効果的に配置することでユーザーの購買意欲を刺激し、コンバージョンの達成率を高めています。

 

上でご紹介したホワイトヴェールと比べるとテキストが多い印象ですが、ターゲットとしているユーザーの年齢層を考えれば適当なバランスだといえるでしょう。

 

お客様の声もコンテンツとして有効に活用されているので、ぜひ参考にしてください。

ママニック 葉酸サプリ

ママニックは妊活中の女性や若い母親向けに作られた葉酸サプリの販売サイトです。緑を基調に統一感のあるデザインを採用することで、清潔感と見やすさを演出しています。

 

管理栄養士や妊活女性の間で高い人気があることをアピールしている他、商品が掲載された雑誌を実績として紹介してユーザーに安心感を与え、訪問者をコンバージョンへとスムーズに誘導しています。

 

また専門的な情報が冗長にならない絶妙な割合で配置されているので、ランディングページを制作する際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

パディナ

パディナのサイトは「ランディングページを作る時に重要な10個の基本要素」としてこの記事で紹介したすべてのコンテンツを盛り込んだ、健康食品・サプリ向けランディングページの教科書ともいうべき設計がなされています。

 

上でご紹介した「ホワイトヴェール」や「ママニック」と比べてデザイン性の面では劣りますが、パディナは比較的年齢層の高いユーザーをターゲットとしている商品なので、堅実さを感じさせる飾り気のないデザインはむしろひとつのメリットであるといえるでしょう。

 

健康食品・サプリ向けランディングページとして高い完成度を誇っているので、細部まで目を通してランディングページ制作の実例として参考にしてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

ランディングページは商品の購入や問い合わせ数の向上に特化したサイトで、複数のページで構成されるホームページと異なり、縦長の1ページのみで構成されるという特徴があります。

ランディングページにはさまざまな施策があり答えは決してひとつではありませんが、この記事で紹介している重要な基本要素を押さえておけば、コンバージョンの達成率を大幅にアップさせることも夢ではありません。

この記事の内容を参考にして、優れたランディングページを作り上げてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーをコンバージョンへと誘導する役割がある
・健康食品・サプリの場合は薬事法および薬機法に抵触しないよう注意が必要
・ランディングページ制作は40万円から140万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績