【求職者向け人材紹介】ランディングページを制作する8つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

ユーザーを問い合わせや商品の購入といった特定の行動に繋げる際に有効な手段としてランディングページ(LP)があります。

ランディングページは従来のホームページによる集客方法とは異なり、上述した問い合わせなどの特定の行動を取らせることに特化したサイトです。ホームページのように様々な上方を記載するのではなく、必要な情報だけを抽出した1枚の縦長のページになっています。

これは求職者向けの人材紹介サービスにも有効な方法です。今回はこのランディングページを制作する際のポイントや主な役割、費用相場などを解説していきますので、制作を検討されている方は参考にしてみてください。

この記事を読んだらわかること

・求職者向け人材紹介のランディングページの主な役割
・ランディングページを制作する際の一般的な費用相場
・ランディングページ制作後に必要なマーケティング戦略
・ランディングページ制作に役立つ参考サイト3選
目 次表示

求職者向け人材紹介ランディングページの役割って何?

まずはランディングページを制作する役割を紹介していきます。ランディングページの役割がわかるとどういった目的で制作をすればいいかが明確になり、効果も上がりやすくなるためです。

ランディングページの役割は大きく3つありますが、今回はホームページとの違いについても解説をしていきますので、それぞれの違いを理解して適切な方法でアプローチをしてみてください。

①ユーザーを問い合わせへと誘導する役割

ランディングページなどのサイトでユーザーに商品を買ってもらう、問い合わせをしてもらう、資料請求をしてもらうなどの行動をとってもらうことをコンバージョン(CV)と呼びます。

このコンバージョンの達成こそがランディングページの大きな役割の一つです。求職者向け人材紹介のランディングページであれば問い合わせやサービスの申し込みへと誘導することが役割であり、ゴールとなります。

ホームページの場合は、取引先や消費者、社内の人間、株主など様々な人たちが異なる情報を求めて訪問するので、ランディングページのように1つの目的に絞れず、それほど成果も上がらずに終わってしまいます。

詳細は後述しますが、上記のような理由からランディングページもゴールは1つに絞るべきです。目的を限定して、それを達成するために必要な情報だけを記載しましょう。

②人材紹介サービスを利用する『メリット』をユーザーに知ってもらう役割

ランディングページを使ってコンバージョンを達成するためには、ユーザーにサービスを利用するメリットを知ってもらわなければいけません。これこそが2つ目の役割です。

どんなにいい商品やサービスだったとしてもユーザーがメリットを感じなければコンバージョンには至りません。逆にメリットがあると感じてもらえれば自ら進んで問い合わせや申込みをしてきます。

ホームページでもメリットの紹介は可能ですが、ページが多岐に渡るので必ずしもユーザーの目に留まるとは言えません。余計なページがない1枚縦長のランディングページだからこそメリットをピンポイントで伝えられるのです。

③CMや雑誌などの広告に代わる役割

ランディングページの役割は「誘導」と「メリットを伝える」という2つであると伝えましたが、これらは営業マンのセールストークやテレビCMと本質が似ています。トークもCMも売上を上げるための要素ですが、ランディングページも同様に売上を上げるという役割があります。

まとめるとランディングページは商品のメリットを伝え、問い合わせや申込みなどのコンバージョンまで誘導し、最終的に売上を上げるための媒体です。

ホームページにも売上を上げるための問い合わせフォームや資料請求フォームなどはありますが、それに特化しているわけではありませんし、会社に関する様々な情報を提供する方がメインの役割と言えます。

人材紹介サービスを利用してもらい、売上を伸ばしていくためにランディングページの制作を検討されているのであれば、以下で紹介していく内容も参考になるのでぜひチェックしてみてください。

求職者向け人材紹介のランディングページを作る時に重要な8つの基本要素

ここでは以下のサイトにあるコンテンツを参考にしながら重要な8つの基本要素を紹介していきます。

https://lp.careermeet.work/

これらの内容が含まれていればコンバージョンに至る確率もグッと高くなるので、ページを制作する際に取り入れてみましょう。全てが入っているのがベストですが、目的やランディングページの全体デザインなどに合わせてどれを取り入れるか調整してみてください。

【大前提】ランディングページのテーマは統一した方が効果的

前述したとおりランディングページはホームページとは違うので、ゴールを複数設定せずに1つに絞るべきです。

また、人材紹介サービスの場合は中途採用、パート、日雇いなど求職者の応募内容に合わせてカテゴライズできますが、できるだけ自社が得意とするカテゴリに沿ったゴールを設定する方が効果は上がります。

例えば「中途採用特化型」とすれば中途採用者の目に留まりやすくなりますし、「エンジニアに強い」など特定の職種を推すのも一つの方法です。

反対に、エンジニアと事務職どちらにも強いというメッセージを打ち出すと、双方の内容を記載しなければいけません。すると、エンジニアを希望している人が訪れた時に「事務職の内容が書いてあるから自分には関係ない」と離脱されるリスクが高くなりますので注意しましょう。

ファーストビューには人物の写真を入れて信頼性・安心感UPを狙う

ファーストビューとはユーザーがサイトを訪問した時に一番最初に目に入る部分を言います。これはサイト自体の第一印象になりますが、人物の写真を使うと安心感があるので続きを読んでもらいやすいです。

特に実際に職場で働いている雰囲気の写真やユーザーのペルソナに当てはまりそうな若い人の写真がおすすめです。

また、ランディングページの内容がひと目でわかるようなキャッチコピーがあると興味を引きやすいですし、問い合わせボタンがあるとメリットがあると理解したユーザーはその場でコンバージョンに至ります。

以下のランディングページは人物の写真こそありませんが、キャッチコピーとコンバージョンに繋げるボタンがついているのでファーストビューの参考にしてください。

ファーストビューに設置するキャッチコピーをどのように考えればいいか、詳しく知りたいという方は以下の記事をチェックしてみましょう。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

ランディングページからコンバージョンへ繋げる際に意識したいのがキャンペーンに連動したコンテンツです。キャンペーンとはランディングページを経由して申し込んだ方への特典のようなもので、お得感を与えることでユーザーのアクションを促す狙いがあります。

人材紹介系であれば「内定した場合に祝い金をプレゼント」「ランディングページ経由で申し込んだ方には優先的に求人情報を斡旋」などがおすすめです。

また、キャンペーンの内容や導線の引き方については最初に決めて放置するのではなく、効果測定を行いながら改善を繰り返す必要があります。効果測定の方法やどのように改善すればいいかといった内容は以下の記事で詳しく説明していますので、チェックしてみてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

ユーザーへの問いかけ『お悩み訴求』

ファーストビュー以降に配置すると効果が高いコンテンツに「お悩み訴求」があります。これはユーザーに「こんなお悩みありませんか」というメッセージを発し、共感を持ってもらうことが目的です。

例えば以下のランディングページでは「給料日はまだ先、なのにお金がない」という日常的にありそうな悩みを言語化し、ユーザーの共感を誘っています。これに当てはまる人は「そうそう、ちょうど困ってる」と内容に賛同し、もう少し読んでみようという気持ちになるのです。

ただ、このコンテンツを作る際にはユーザーのターゲット設定やペルソナがしっかりとできている必要があります。ターゲット設定がズレていると「自分には関係ない」と思われて離脱されるので注意しましょう。

ペルソナやターゲットの設定については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

どのような課題が解決できるかを訴求する

ここでは上述した「ユーザーの悩みを解決する方法としてランディングページで紹介する商品やサービスがある」ことを知ってもらいます。そのためにも、お悩み訴求のコンテンツの直下に設置して、共感を得たユーザーへダイレクトにアピールしていきましょう。

前述したランディングページは動画形式のコンテンツになっているので、前述したお悩み訴求のあとに「スマホを使って簡単に仕事が探せるサービスがある」という内容が差し込まれています。

他にも「3つのステップで仕事が見つかる」などお手軽さを強調する方法などもありますし、サービスの特徴を紹介したり、他社との違いを見せると興味を持ってもらえる可能性が高いです。

ポイントはユーザーに「サービスor商品=自分の悩みの解決策」というイメージを持ってもらうことです。それによって売り込まれるという意識ではなく必要な情報を得ているという感覚になるので、以降の内容が頭に入りやすくなります。

選ばれる理由を紹介する

続いて重要なのが、自社サービスが選ばれている理由を明示することです。多々ある人材紹介のサービスの中から自社を選んでもらうためには強みを押し出す必要があります。

例えば、以下のランディングページでは解決策として自社サービスを紹介したあとに、「給料は日払いOK」という特徴を挿入していますが、これはお金がなくて困っている人たちにとっては大きなメリットです。

ユーザーにとってメリットのある内容は、そのサービスを選ぶ理由になります。一般的な人材紹介サービスであれば「就職先決定率98%以上」「内定まで丁寧にサポート」「サポートスタッフが内定まで導いた実績」など具体的なメリットを紹介していくと良いでしょう。

サービスの流れを掲載してユーザーに客観視させる

サービスを利用した後の流れを説明するコンテンツも重要です。特に仕事を探して、そこに至るまでの流れが特殊な場合やステップが簡単である場合には、それを図などにして解説をしなければ伝わりません。

以下のようなイメージで、仕事が見つかるまでのステップを紹介していきます。今後の流れがわかることでサービスを利用するイメージもしやすくなり、コンバージョンに繋がりやすくなります。

また、プランなどがいくつかに分かれている場合には、それぞれのプランの特徴やメリットなどをまとめた表を作りましょう。図や表があることでユーザーも客観的に捉えられるようになり、本格的な検討ができます。

お客様の声や感想はコンテンツとして効果的

コンバージョンへ繋げる際の一番重要なポイントはユーザーからの信頼です。いくらメリットなどを理解できたとしても信頼できないサービスには申し込みません。

ではどのようにユーザーとの信頼を築くかというと、お客様の声や感想をまとめてコンテンツにします。その際に良い成功体験をしたユーザーに限定し、その人のプロフィールなどを簡単に紹介すると共感を呼びやすいです。

なので、年齢や性別などは最低限ある方が良いですし、さらに過去に悩んでいた事柄と解決に至った経緯があれば最高のコンテンツと言えます。自分と似た人、同じような悩みを抱えていた人がサービスを申し込んで解決に至ったという構成にするということです。

また、文章だけでは信じない人もいるので、可能なら写真なども挿入すべきですし、一番は動画にして本人の言葉で語ってもらう方法です。

image image
求職者向け人材紹介のランディングページは、求職者にとってどれだけそのサービスを利用することの”メリット”があるかを説明する必要があります。
メインユーザーは少なくとも職を探している、好条件ならば面接まで至るといった心境でもあると思うため自社のサービスがどのフェーズの求職者を対象としているのか再確認して見合った訴求を行いましょう。
池田直樹

求職者向け人材紹介ランディングページ制作の相場・料金とは?

ここまではランディングページを制作する際のコンテンツの話をしてきましたが、実際に業者に依頼をする際にはどの程度の予算を組めばいいのか気になる人もいるでしょう。

ランディングページの費用はページ数によって算出されるケースが多いです。例外としてプロのコピーライターがキャッチコピーなどを考える場合があり、その際はページ数では計算されないケースもあります。

ここではページ数によって長め、短めという2つのパターンとプロのライターが執筆をした計3パターンで大まかな費用相場を紹介していきますので、予算を組む際の参考としてみてください。

短めなランディングページの場合

短めなランディングページの費用相場40万円〜です。この場合のページ数はA4×6ページ程度となり、コンテンツの内容も最低限度のものになります。

パソコン用のページ、スマートフォン用のページ、お問合せフォームは費用内に含まれているので、コンバージョンの達成は可能ですが、効果を上げるのであればもう少しページ数は増やさなければいけません。

あくまでも必要最低限となるので、少なくとも40万円以上の予算は確保し、ユーザーに内容がしっかりと伝えられるランディングページにしましょう。

一般的なランディングページの場合

一般的なランディングページの費用は70万円〜となります。ページ数としてはA4×8ページ程度となり、人材紹介系のランディングページとしては一般的な長さです。

この程度の長さを確保できれば前述したポイントの大半を網羅したコンテンツが作成できるので、効果も十分に上げられると言えるでしょう。短めのランディングページと同様にパソコン、スマートフォン用の各ページ、お問合せフォームの制作費用も含まれています。

ページ数が短いものと長いものでは結果にも大きく影響するので、できるだけ70万円以上の予算を検討してみてください。

セールスコピー特化型のランディングページの場合

プロのセールスコピーライターが執筆をする場合の費用は100万円〜となります。大きな違いはユーザーが反応せざるを得ないようなキャッチコピーを絶妙な位置に設置する点です。

また、文章もプロがユーザーのニーズに合わせて作成するのでコンテンツもより魅力的に見えるようになり、結果的にランディングページの反応率も大きく向上します。

こちらもパソコン、スマートフォン用のページ、お問合せフォームが含まれた費用となっているので、100万円以上を目標に予算を検討してみてください。以下は今回の内容をまとめた表です。費用相場について詳しく知りたい方はリンク先の記事もおすすめです。

LPの種類 相場 特徴
短めのLP 40万円〜 ・A4×6枚程度
・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
一般的なLP 70万円〜 ・A4×8枚程度
・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
セールスコピー特化型のLP 100万円〜 ・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
・プロのセールスコピーライターが執筆

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

求職者向け人材紹介ランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ランディングページは制作して終了ではなく、他のサイトと同様にマーケティングをしなければユーザーの目には留まりません。

ここでは一般的なマーケティング戦略3つと、それが人材紹介のランディングページに適しているかどうかも合わせて解説していきます。

リスティング広告

リスティング広告とは上記の図のように検索した後に、一番上に表示される広告を指します。この広告はユーザーが検索するキーワードによって表示するターゲットを設定できる上に、基本的にはクリックされない限り広告費用は発生しません。

ランディングページとリスティング広告は相性が良く、図にある「大阪市 看護師 求人」のように場所や職種、あるいはパートなどの雇用形態などの組み合わせで表示されるように設定すると求職者にも見てもらえるようになります。

効果の高いキーワードが見つけられるようになると広告費用も抑えられるようになるので、効果測定や改善をしながら利用してみてください。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは上記のように特定のサイトに儲けられた広告枠に表示させる形式の広告です。メリットはリスティング広告のように文字だけでなく画像や動画が使えるという点で、イメージが伝えられるようになります。

これは企業やブランド、サービスの認知にも使え、今すぐにサービスを利用はしないものの、いずれは使う可能性がある潜在的な層にもアプローチが可能です。

広告を表示するターゲットは検索したキーワード、ユーザーのプロフィール(性別や年齢、住んでいるエリア)などでフィルタリングができます。

広告が表示されるたびに費用は発生しますが、単価はリスティング広告よりも安いですし、写真でイメージを伝えられる点や潜在的なユーザーにも認知を広げられるのでランディングページのマーケティングにもおすすめです。

実際に利用する際はリスティング広告と同様にキーワードからターゲットを設定しましょう。

リターゲティング広告(バナー広告)

リターゲティング広告は前述したディスプレイ広告とほぼ同じで、特定の広告枠にバナーを使って表示させられます。大きな違いは一度サイトを訪問したユーザーに対して広告表示ができる点です。

一度ランディングページを読んで途中でページを離脱した人に対して、他のサイトを開いている時に再アプローチができるのでリターゲティングという名称がついています。

ただ、一度ページを開いてもらわなければいけないので、先に他のマーケティング手法でサイトを訪問してもらう必要があることは覚えておきましょう。こうした難点はありますが、中には興味本位でサイトを訪問し、実際に仕事を探す時にサービスを活用する人もいるのでこの手法もおすすめです。

ターゲットはサイトを訪問してコンバージョンに至った人、至らなかった人、特定の期間中にサイトを訪問した人など細かく設定できます。

【厳選ピックアップ】求職者向け人材紹介のランディングページ制作で参考になるサイト3選

ここまでランディングページ制作ひ必要なコンテンツや制作費用、制作後のマーケティング手法などを解説してきましたが、まだどのようにサイトを作ればいいのかイメージできない人もいるかもしれません。

そこで、実際に優良なランディングページを3つピックアップし、制作の参考となりそうなポイントを解説していきます。

Career meet

https://lp.careermeet.work/ 

このランディングページは前述した重要な8つのポイントでも例として紹介したサイトです。先にも少し触れましたが、このサービスは日払いがOKという特徴があり、それを動画にしてページ内に挿入しています。

それだけでなく以下のようなQ&Aでも改めて記載し、ユーザーの目に留まるようアピールをしています。

また、仕事を探す際に履歴書や面接が嫌という人は少なくありませんが、それらが不要という点を推すことで心理的な障壁を取り除いているので、こうした点も参考にしてみてください。

三菱自動車 期間工募集ページ

http://www.wji1.com/ 

こちらは三菱自動車の期間工を募集するランディングページですが、ファーストビューでは三菱という会社をイメージしやすい車の写真に待遇の良さを謳ったキャッチコピーが並べられています。

さらに実際の月収を細かな内訳のシミュレーションと合わせて明確にし、求職者が判断しやすいよう配慮がされている点に注目してみましょう。ユーザーが自身にとってメリットがあるかどうかを判断しやすい環境を作るとコンバージョン率は高まるので、そういった点を真似してみてください。

DMM WEBCAMP

https://web-camp.io/pro/

これはプログラミングスクールの生徒を募集するランディングページなので、転職とはまた違いますが参考なる点が多いのでピックアップしてみました。

まずはファーストビューですが、働いている姿がイメージできるような人物の写真と「転職成功率98%」「未経験から」という引きの強いキャッチコピーが特徴的です。

また、実際に卒業してエンジニアに転職したユーザーたちを紹介し、エンジニアになった自分をイメージできるようなコンテンツ設計となっています。人材紹介サービスでも転職に成功した人たちの写真を掲載し、未来のイメージを持ってもらうことが大切なので、参考にしてみてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

今回は求職者向けの人材紹介サービスのランディングページ制作について様々な情報をお伝えしてきました。ランディングページには「コンバージョンへの誘導」「メリットを知ってもらう」「売上を上げる」という役割があり、それを達成するために必要となる8つの項目があります。

費用も最低40万円以上、成果を求めるなら100万円以上は必要ですし、その後もリスティング広告などのマーケティング戦略が必要となるので、それらを踏まえた上で予算を組まなければいけません。

ぜひこの記事の内容を参考にしながら、成果の上がるランディングページを制作してください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはコンバージョンへの誘導、メリットを知ってもらう、売上を上げるという役割がある
・成果を上げるためには気をつけるべき製作時に取り入れるべき8つのポイントがある
・ランディングページの制作費用は短いもので40万以上、一般的なレベルで70万円以上、セールスに特化したものだと100万円以上
・ランディングページが完成した後はリスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告などのマーケティングが必要

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績