【企業向け人材紹介】ランディングページを制作する8つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

ウェブサイトなどで問い合わせや資料請求、商品購入など特定の目的を達成することをコンバージョン(CV)と言いますが、そのコンバージョンに特化したWebページをランディングページ(LP)と呼びます。

今まではホームページによる集客や宣伝が一般的でしたが、現在はそれ以上に高い効果を発揮するランディングページを活用する企業が増えています。このページの特徴は基本的に縦長1ページになっていて、基本的にホームページのような他のページへ飛ぶリンクがないという点です。

今回は、企業向け人材紹介のランディングページをテーマにその役割や成果を上げるために必要な8つのポイントなどを紹介していきます。

この記事を読んだらわかること

・ランディングページの役割と成果を上げる際に重要な8つのポイント
・企業向け人材紹介のランディングページを制作する際の費用相場
・ランディングページ制作後に行うべきマーケティング戦略
・制作の参考になるサイト3選
目 次表示

企業向け人材紹介ランディングページの役割って何?

ランディングページとはコンバージョン特化したWebページであると述べましたが、実際に制作をする際にはもう少し細かい役割についても理解していかなければいけません。

ここではランディングページが果たす主要な3つの役割とホームページとの違いを紹介していくので、これらの内容を把握してページの制作に活かしてください。

①ユーザーを問い合わせへと誘導する役割

前述したようにランディングページとはコンバージョンに繋げるためのページであり、コンバージョンとは問い合わせや商品購入などのゴールを指します。そのため、ランディングページは目的までの誘導が主要な役割の一つです。

企業向け人材紹介ランディングページの役割はというと、企業の採用担当者を人材紹介サービスへ誘導し、登録や問い合わせといった行動をしてもらうことになります。

ホームページの場合は社員、就活生、株主、顧客など不特定多数の人に向けて、会社の様々な情報を提供するのがメインの役割です。問い合わせフォームなどもありますが、必ずしもユーザーからの問い合わせが目的ではないので、そういった点が大きな違いと言えます。

②人材紹介のサービスを利用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

商品の購入やサービスに対する問い合わせをしてもらうためには、商品やサービスのメリットをユーザーに知ってもらい、購買意欲や興味を刺激しなければいけません。ランディングページはそうしたメリットを知ってもらう役割も持っています。

企業向け人材紹介ランディングページであれば、「求職者探しの手間が省ける」「無料相談あり」「初回募集時の割引」というようなメリットをユーザーに知ってもらえるとコンバージョンにも繋がりやすくなります。

ホームページでも同様に商品やサービスのメリットは伝えられますが、特定のユーザーに対して特定の情報だけを届けることはできません。そのため、ターゲットや情報を絞れるランディングページを活用する方がより効果的なのです。

③CMや雑誌などの広告に代わる役割

前述した「誘導する」「メリットを伝える」という2つの役割を考えると、ランディングページの本質は営業マンのセールストークやテレビの広告と似ていることがわかります。

つまり、ランディングページには営業マンの代わりとなって載元の売上を上げるという役割もあるのです。そのためにも「他社と比べてこれだけの人材を紹介できる」「募集要項などの作成サポート」などのセールストークで言いそうな内容をコンテンツとしてまとめる必要があります。

また、広告は短期的な売上向上を目的として活用されるケースが多いですが、ランディングページも同様に期間限定で公開する場合が多いです。詳細は後述しますが、ランディングページのアクセス数を伸ばすには広告を使ったマーケティングが必要となるためです。

ホームページは基本的に常時公開するものなので、そういった点もこの2つのページの違いとなります。

企業向け人材紹介のランディングページを作る時に重要な8つの基本要素

前項ではランディングページの役割を紹介しましたが、実際に制作する上で重要となるポイントがあります。

それらを含まずにページを制作しても効果が上がらない可能性が高いので、ここでは実際のランディングページの画像などを用いながら8つの要素を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【大前提】ランディングページのテーマは統一した方が効果的

まずはユーザーが何をするとコンバージョンになるのかという目的を設定します。その際、どういったユーザーを集めたいのかテーマを決める必要がありますが、このテーマを1つに絞らなければ効果は低くなってしまうので要注意です。

人材紹介をテーマとする場合は、中途採用や第二新卒、派遣特化など求職者のカテゴリによって分類が可能ですが、全てを1つのランディングページに盛り込むと他のサイトとの差別化ができず、ユーザーも興味を引かれません。

それよりも「ベンチャー企業特化型」「ハイクラスの人材のみ紹介」「エンジニアに強い」というように、何かに特化している印象を与える方が企業の採用担当者に対して強いアピールができます。そのためにも、テーマを絞る際には自社が一番得意としているカテゴリを推すようにしましょう。

ファーストビューには人物の写真を入れて信頼性・安心感UPを狙う

ページを開いた際にユーザーが一番最初に目にする部分をファーストビューと言いますが、ここは非常に大切です。ランディングページ全体の第一印象となるファーストビュー次第で、その後のコンテンツが読まれるかどうかが分かれます。

効果を上げるための要素としておすすめなのは、写真や問い合わせなどのコンバージョンに繋げるボタン、ひと目でどんな内容かがわかるキャッチコピーなどです。写真は実際に働いているような写真や若い求職者のイメージを与えられる写真などユーザーのペルソナに合わせたものを使用します。

以下のファーストビューでは人物の写真ではありませんが、ポジティブなイメージを与える写真にキャッチコピー、資料請求ボタンがついていますので参考にしてください。

ファーストビューのキャッチコピーをどのように作るのか知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

ランディングページにはコンバージョンへ繋げるためのコンテンツが必要となり、その際には自社で展開したいキャンペーンを軸に考えるのがベストです。

例えば、上図のように「1ヶ月無料トライアル」などのお得なキャンペーンを考え、それをコンテンツとして紹介し、メリットを感じてもらった上でコンバージョンに繋げます。

人材紹介系は例のような「30日間無料」などが多いですが、他のキャンペーンがあればそれでも大丈夫です。ただ、いずれにしてもキャンペーン内容からどれだけコンバージョンに繋がったのかという効果測定を行い、反響を見ながら内容を修正していきましょう。

効果測定については以下の記事で詳細を解説していますので、参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

ユーザーへの問いかけ『お悩み訴求』

ランディングページを訪問するユーザーは何かしらの悩みを抱えています。人材紹介であれば「求めている人物像に近い求職者を採用できない」「応募者が少ない」などが主な悩みでしょう。

そうした悩みを言語化してユーザーに提示すると「同じ内容で悩みを抱えている」などランディングページに対する共感を得られるようになり、コンバージョンにもつながりやすくなります。

そのために重要となるのがターゲットの設定やペルソナ作りです。ターゲットが変われば悩みも変わるので、全く響かないメッセージとなってしまうので、まずはどのようなユーザーをターゲットとするのかを決め、その人たちが悩んでいる内容を見つけて言語化していきます。

ターゲットやペルソナの設定についての詳細が知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

どのような課題が解決できるかを訴求する

上述したユーザーの悩みをコンテンツにした後は、その直下に解決策を提示するコンテンツをセットで配置するとより高い効果を発揮するのでおすすめです。

例えば、他社の人材紹介サイトが公開する求人募集の本数に制限があり、それをお悩みコンテンツで言語化した場合は、以下のように「当社サイトであれば掲載し放題です」という解決策を提示します。

他にも「低コストで優秀な人材を採用できる」「面倒な募集業務は全て代行」「◯◯職にはとにかく強い」など、悩みにマッチした具体的な解決策を提示してアプローチをしていくことが大切です。

ただ、こちらも悩みと同様にターゲットをしっかり把握していなければ、ニーズに沿わない解決策を提示してしまいかねないので注意しましょう。

選ばれる理由を紹介する

様々なコンテンツを通してサービス紹介をしたり、強みを伝えるのは非常に大切ですが、コンバージョンに繋げるためにはランディングページの役割でもある具体的なメリットを伝えなければいけません。

例えば実績や客観的な評価を示すのであれば「累計2700社以上が利用」という数字もメリットになりますし、「事前に無料相談可能」などもユーザーのリスクが軽減されるのでメリットと言えます。

また、「サポートスタッフの実績」なども自社サービスが選ばれる理由となるので、このようなメリットを説明しつつ、自社サービスを勧めていきましょう。

中でも実績や他の同業者が真似できないようなキャンペーンなどがあると独自性を強調できるので、まずはそういった強力なメリットを探し、コンテンツ化してみてください。

利用プランを表にまとめてユーザーに客観視させる

ランディングページにおいて価格の見せ方は非常に重要となりますが、人材紹介サービスの場合は複数のプランを用意し、その中から企業に選択をしてもらう形式が多いです。

その際、料金を文書などで表現するよりもプランごとのコストをまとめるなど、それぞれのプランのメリットがわかるような表形式にするとユーザーもどれが自社に合っているのか選びやすくなります。

また、コンバージョンが商品の販売であれば、コンテンツ内に直接価格を記載しますが、問い合わせや資料請求を目的とするのであれば以下のように料金表を資料と一緒にダウンロードする形式にして、メールアドレスなどの情報を入力してもらう方法もあるので、状況に応じて使い分けましょう。

お客様の声や感想はコンテンツとして効果的

ユーザーに信頼してもらう上で効果的なコンテンツはお客様の声や感想です。できるだけ良い成功体験をしたお客様からの声や感想を集め、それをまとめておくようにしましょう。

その際に、悩んでいた内容と解決に至ったプロセスをストーリー仕立てで記載すると読んでもらいやすくなりますし、会社のプロフィール(業種や社員の数など)を記載しておくと共感も得やすくなります。

ただ、文字だけでは信用されない場合もあるので、動画を使ったお客様の声が一番効果が高いと覚えておきましょう。また、少し変わった例では以下のように記事のような形式にする方法もあります。

これはインタビューに答えてもらった内容を記事にして、ユーザーに自社サービスを使うメリットを説明しています。

この場合は内容が多くなるので、別ページに飛ばす必要がありますが、こちらも動画と同様に高い効果が期待できるので取り入れてみてください。

image image
企業向け人材紹介のランディングページは、いかに人材を確保できるかを訴求するのがポイントです。
メインとなるユーザーは企業の採用担当者や人事担当がほとんどであるため、専門的な用語を敢えて使用し、どうすれば課題を解決できるのか、どのように戦略立ててこのサービスを使うのか的確に説明して納得感を持ってもらうことが重要になります。
池田直樹

企業向け人材紹介ランディングページ制作の相場・料金とは?

ランディングページの費用は主に制作するページ数によって変わります。ページ数が短ければその分費用は安くなりますが、短すぎるとユーザーにメリットを理解してもらえず効果が上がらなくなるので注意が必要です。

ここでは最低限効果が上がる範囲で短いランディングページを作った場合、一般的な長さの場合、セールスに特化した特殊なページを作成した場合の3パターンの費用について説明していきます。

短めなランディングページの場合

短めなランディングページとはA4×6枚程度を指しますが、この場合の費用は40万円〜です。費用の中にはパソコン用ページ、スマートフォン用ページ、問い合わせフォームも含まれていますし、最低限効果が上がる範囲のコンテンツは盛り込めます。

ただ、シンプルな内容となってしまうので、より高い効果を望むのであればもう少しページ数が必要です。予算に余裕があるのであれば次に紹介する一般的な長さのランディングページを制作してみてください。

一般的なランディングページの場合

一般的な長さのランディングページはA4×8枚程度を指し、制作費用は70万円〜となります。この程度のページ数があれば前述した効果を上げるためのポイントも全て網羅できるので十分な成果が見込めます。

短いランディングページ同様、パソコンとスマートフォン用のページ、問い合わせフォームも費用の中に含まれているので、ランディングページを制作するのであれば70万円以上を目安に予算を検討してみてください。

業界によっては情報量が増える分、ページ数を増やさなければいけないケースなどもありますが、人材紹介サービスのランディングページであれば、8枚程度でも十分な内容が制作できるでしょう。

セールスコピー特化型のランディングページの場合

上述した2つとは異なるセールスコピーに特化したランディングページというものがあります。これはプロのセールスコピーライターがキャッチコピーを執筆し、さらにユーザーのニーズに合わせたベストな位置に配置するという特殊なページです。

これを制作するにはページ数などに関わらず少なくとの100万円〜が相場となります。問い合わせフォームや各デバイス向けのページも含まれていますが、異なるのはセールスに特化しているので効果が非常に高いという点です。

高額に感じるかもしれませんが、せっかくランディングページを制作するのであれば、十分な予算を確保して効果の高いものに仕上げましょう。

それぞれの相場や特徴は以下の表にまとめてあります。また、制作費用の相場についてはリンク先の記事でも細かく解説していますので、参考にしてみてください。

LPの種類 相場 特徴
短めのLP 40万円〜 ・A4×6枚程度
・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
一般的なLP 70万円〜 ・A4×8枚程度
・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
セールスコピー特化型のLP 100万円〜 ・PCとスマートフォン用ページ、問い合わせフォーム
・プロのセールスコピーライターが執筆

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

企業向け人材紹介ランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ランディングページは制作してすぐにアクセスが増えるわけではありません。そのため、他のWebページなどと同じく広告を活用したマーケティングが不可欠です。

ここでは一般的なマーケティング戦略の紹介と企業向け人材紹介のランディングページに適しているのかを解説していきます。

リスティング広告

リスティング広告は上記のように検索ページの上位に表示される広告形態を指し、広告を表示するターゲットはキーワードによって選定が可能です。上記の例であれば「事務+派遣社員+採用」という3つの組み合わせで検索した際に広告が表示されるようになっています。

これは最もオーソドックスな広告で、基本的にはサイトがクリックされない限り広告費は発生しませんし、キーワードの中でも効果の高いものを見つけると費用は格段に安くなります。

また、この形式は企業向け人材紹介のランディングページにも非常に適しているのでおすすめです。例のように職種や雇用形態、採用などのキーワードを組み合わせて広告を出してみましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は上記のようにサイト内に設けられた特定の広告枠にバナー形式で表示する広告形態です。リスティング広告は文字でしか表示ができませんが、ディスプレイ広告であればバナーが使えるので、写真や動画などを使ってアピールができます。

ターゲティングの方法も豊富で、キーワードを使った表示はもちろん、ユーザーの住んでいる場所や性別、年齢などでも絞れます。

広告単価はリスティング広告よりも安いですが、表示されるたびに広告費が発生してしまう点や潜在的な顧客へのアピールが中心となってしまうので、その辺りを理解した上で活用しましょう。

こちらも企業向け人材紹介のランディングページには適していますが、リスティング広告と同じくキーワードを使う方法が一番効果があります。「IT系+中途採用」など業種と雇用形態などで広告を打ってみてください。

リターゲティング広告(バナー広告)

リターゲティング広告は名前の通り、一度サイトを訪問したユーザーを再びターゲットにする方式で、検索履歴を元にターゲットを選定し、ディスプレイ広告と同じバナー形式で広告を表示します。

ターゲットは訪問をした後に取った行動(コンバージョンに至った、コンバージョンに至らなかった)、特定の期間に訪問したユーザー、ユーザーの年齢や性別などで絞り込みが可能です。

法人向け人材紹介のランディングページとも相性は悪くありませんが、基本的に一度サイトを訪問してもらわなければいけないので、リスティング広告やディスプレイ広告を打った後の戦略となります。

一度の訪問でコンバージョンする可能性はそれほど高くないので、予算に余裕があればリターゲティング広告も活用して、多くのユーザーをコンバージョンまで導きましょう。

【厳選ピックアップ】企業向け人材紹介のランディングページ制作で参考になるサイト3選

ここまでランディングページの役割や制作時のポイント、費用相場、マーケティング戦略などを紹介してきましたが、実際にどのようなページを制作すればいいかイメージがわかない人もいるかもしれません。

そこで、ランディングページ制作の参考になりそうなサイトを3つ取り上げ、どのあたりに注目すべきかなどのポイントと合わせて解説をしていきます。

Wantedly

https://www.wantedly.com/about/list 

このサイトは上述したランディングページ制作のポイント内でも取り上げましたが、ファーストビューにキャッチコピーとコンバージョン用のボタンを設置している他、画面上部にも「30日間無料トライアル」というキャンペーンが盛り込まれています。

また、キャッチコピーがページ全体に散りばめられているのが特徴です。様々な箇所にメリットを強調した謳い文句が差し込まれているので、ユーザーの興味や好奇心が煽られる構造になっています。

今回紹介したポイントもほぼ含まれていますし、特にキャッチコピーなどは参考になるので、チェックしてみてください。

ビズリーチ

このサイトはテレビCMも打っていて、ファーストビューにはCM中で見せているポーズの写真を使い、「どこかで見たことがある」という印象を与えています。

他にもキャッチコピー、コンバージョンのボタンが配置されている他、過去にサービスを利用した会社の数を記載することでサービスの品質や信頼性の高さをアピールしています。

また、ユーザーの詳細なプロフィールに担当者の写真、過去の悩みと解決までの流れがしっかりと記載されているお客様の声も注目すべきポイントです。

全体的にブランディングを意識したサイトとなっていますが、最低限必要な項目は入っているので、参考にしてみましょう。

ジェイック

https://college.e-jinzai.co.jp/lp/kanto/ 

このサイトは若手人材の研修などや集団面接会を行っている人材紹介サービスのランディングページです。内容自体は至ってシンプルですが、各所でアイコンやイラストが使われるなど、全体を通して見やすいデザインになっています。

また、表を活用してメリットをわかりやすく表現したり、スマートフォンユーザーの見やすさも考慮されているので、見やすさにこだわる際にはこのランディングページを参考にしてみましょう。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

今回はランディングページとホームページの違いから制作費用の相場や効果を高めるポイントなどを紹介してきました。

法人向け人材紹介サービスのランディングページを作るのであれば、どのように人材を確保するのか、サービスを利用するとどんな悩みが解決するのかを明確に示すことが重要です。

このような点に注意しつつ、今回紹介したポイントや参考サイトなどを活用してコンバージョン率の高いランディングページを制作してみてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはコンバージョンへの誘導、メリットを伝える、売上を上げる役割がある
・ランディングページの制作費用は最低40万円〜
・制作が完了したあともリスティング広告などを使ったマーケティングが必要
・法人向け人材紹介サービスのランディングページは人材の確保と悩みの解決力が重要

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績