【飲食店向け】ランディングページを制作する8つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説【レストラン・チェーン店】

ランディングページはWebサイトのうち、問い合わせや商品の購買の向上に特化して作られるものを指します。

複数のページにまたがるホームページとは異なり、ランディングページは通常縦長の1ページのみで構成されるため、飲食店向けランディングページにおいては訪問者に来店を促すために必要な情報を厳選して記載する必要があります。

この記事では飲食店向けランディングページの役割と重要なポイントについて解説していくので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・飲食店向けランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・飲食系参考ランディングページ
目 次表示

飲食店向けランディングページの役割って何?

まずは飲食店がランディングページを制作する意味とその役割について解説します。

ホームページとランディングページの相違点についても触れているので参考にしてください。

①ユーザーを店舗へ誘導する役割

ランディングページでは「商品を購入してもらう」「問い合わせをしてもらう」など、あらかじめ決めておいたゴールにユーザーを誘導する役割があります。

何をゴールとして設定するかは業種によってさまざまですが、飲食店の場合には「実店舗への誘導」がメインになります。

つまり、飲食店向けのランディングページにはユーザーを実店舗へと誘導する役割があるといえるでしょう。

②飲食店を利用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

ランディングページを訪問したユーザーを実店舗へと誘導するためには、来店するメリットがどれだけあるかをユーザーに訴えて意欲を刺激する必要があります。

このとき、テキストや写真を駆使して店舗の魅力を伝えることに加え、「実施中のキャンペーン」「季節限定メニュー」をアピールすると効果的です。

③CM・雑誌などの広告代わりの役割

来店するメリットがどれだけあるかを訴求してユーザーを実店舗に誘導するという役割は、テレビCMや雑誌広告が担う役割とよく似通っています。

つまり、飲食店におけるランディングページにはCMや広告の代わりにユーザーを実店舗へと誘導する役割があると言い換えることが可能です。

また、たとえば実施中のキャンペーンなどを大々的に宣伝することで来客数の向上が期待できるので、ぜひ検討してみてください。

このように、さまざまな情報を集約させたホームページと違って、ランディングページは明確な目的をもって制作されるものなので、混同することのないよう注意しましょう。

飲食店向けのランディングページを作る時に重要な8つの基本要素

次に、飲食店向けランディングページを制作する上で取り入れるべき重要ポイントについて解説します。

ここで紹介する基本要素を網羅すれば来客数を大幅に向上させることも夢ではないので、ぜひ最後まで目を通してください。

【大前提】店のテーマに合わせたランディングページを作る

飲食店のランディングページは、店舗の雰囲気やコンセプトに合わせた企画構成がとても重要です。

また飲食業界では「ぐるなび」などのポータルサイトでキーワード検索を利用してランディングページに飛んでくるユーザーが多い傾向にあります。

たとえば「個室 デート 銀座」「パーティー 銀座 イタリアン」といったキーワードに合わせてランディングページをデザインすることで効率的な来客数のアップが期待できるでしょう。

ファーストビューには料理の写真が必須

ランディングページではページを訪れたユーザーが最初に目にするコンテンツ、すなわちファーストビューで訪問者の関心を惹くことができるか否かが成果率を大きく左右します。

飲食店向けランディングページでは料理の写真が非常に大切なので、必ずファーストビューに料理の写真を配置してユーザーの食欲を刺激しましょう。

料理の写真以外にも、店舗名店の特徴を簡潔に表現したキャッチコピー誘導ボタンなどを配置することで来客数の向上が期待できます。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

CVコンテンツはランディングページの核ともいえる大切なコンテンツです。CVコンテンツにはいろいろなパターンが想定できますが、自社で展開したいキャンペーンを軸に設定することが鉄則だといえるでしょう。

飲食店の場合には、「大口のパーティプラン」「飲み会プラン」など、コンテンツをあらかじめ想定してランディングページを設計するのも有効な手段のひとつです。

また、来客数の向上を実現するにはアクション動線を最初の設計だけで完結させず、実際の反響を見て適宜改善する必要があります。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

メディアへの掲載実績なども権威付けになる

飲食系のランディングページにおいて、テレビや雑誌といったメディアへの掲載実績は権威付けとして大きな効果を発揮します。

メディアへの掲載実績の記載の有無によって来客数が大きく左右されることもあるので、紹介できる素材があれば必ず記載するようにしてください。

素材のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

ランディングページを訪問したユーザーを店舗へと誘導するためには、来店するメリットのひとつとして、「料理に使用している素材のこだわり」など他店と明確に異なる特徴を強みとして訴求することが重要です。

ユーザーの食欲を刺激するような、いわゆる「シズル感」のある写真を交えて紹介すれば説得力を高めることができるので、可能であれば写真も併せて掲載すると良いでしょう。

お客様の声や感想はコンテンツとして効果的

実際に店舗を訪れたお客様の声はときとして、素材のこだわりやメディアへの掲載実績よりも強い説得力を持った訴求コンテンツとなり得ます。

有名な飲食店には来店した有名人のサインを飾ってありますが、有名人のサインはお客様の声を権威付ける手段のひとつだといえるでしょう。

お客様の感想をテキストで掲載しても良いですが、具体的なコメントを動画にして埋め込むとさらに効果的です。

イメージを植え付けるために動画を組み込むの1つの選択肢

先述したとおり、飲食店向けランディングページでは、料理の写真を掲載してユーザーに料理のイメージを想起させることが重要です。

写真に加えて動画を組み込んでより多くの情報をアピールすれば、実際にどんな料理が出てくるかをユーザーがイメージしやすくなります。

可能であればサイト内に動画を組み込んで、より強い印象付けをおこないましょう。

ランディングページに動画を埋め込むメリットや注意点について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページに動画を埋め込むとCVRが上がる?|理由や埋め込む注意点について

スマホへの最適化も忘れずに

自宅で予約を済ませてから飲食店に向かう方もいますが、出先からスマホでその地域の飲食店を検索して来店するケースが多い傾向にあります。

スマホでの閲覧性が低いとユーザーが離脱する確率が高まり、来客数に悪影響を及ぼす恐れがあるので、ランディングページを制作する際はスマホでの見やすさを考慮しながら設計を進めるようにしましょう。

ランディングページをスマホ向けに最適化する際の注意点について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

なぜLPはスマホ向けに最適化する必要があるのか?5つの制作ポイントも紹介

image image
飲食店向けランディングページは、実際の料理やキャンペーンを意識したデザインにすることが最も重要です。特に、店舗の内装やキャンペーン中のテーマになっている食材のカラーを上手く使い、ユーザーが一目で『このお店に行ってみたい』と思えるランディングページを目指すのが良いでしょう。
池田直樹

飲食店向けランディングページ制作の相場・料金とは?

続いて、飲食店向けランディングページの制作にかかる相場について解説します。

飲食店の分野においてポピュラーな3タイプのランディングページの制作費用を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

短めなランディングページの場合

一般的な飲食店向けランディングページよりも少し短めのページを制作する際にかかる費用の相場はおよそ40~50万円です。

内訳にはパソコンページとスマホページ、問い合わせフォームが含まれており、記載できる情報量をA4用紙に換算すると約6枚分となります。

普通よりもやや短めですが、ランディングページとしての役割、すなわち訪問者に来店を促すだけの機能は充分に果たすことができるので、費用を少なく済ませたいという場合は40万円前後を目安に制作してみてください。

一般的なランディングページの場合

平均的なボリュームの飲食店向けランディングページの制作にかかる費用の相場はおよそ70~80万円となっています。

短めのランディングページと同じパソコンページとスマホページ、問い合わせフォームという内訳ですが、A4用紙換算で8枚分程度の情報を記載することが可能です。

より多くの情報を記載して来客数をアップさせたいという場合は70万円前後を目安に制作することをおすすめします。

ブランディング特化型のランディングページの場合

ブランディングに特化し、「デザイン面」や「おいしそうな写真」を強調したランディングページを制作する際にかかる費用の相場はおよそ100~120万円です。

内訳には上で紹介したものと同様にパソコンページとスマホページ、問い合わせフォームが含まれ、さらにオプションとして写真の選定が付帯します。

料理の写真は飲食店向けランディングページにおいてとても大切なポイントです。

写真の撮影までオプションとして付帯する場合もあるので、効率良く来客数をアップさせたいのであれば、ブランディング特化型ランディングページの制作を検討してみてください。

飲食店向けランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ここでは飲食店がランディングページを制作した後に併せて実施すべきマーケティング戦略について解説します。

施策が飲食店に適しているか否かを主題として説明していくので、ぜひ参考にしてください。

ホームページの一部分に採用

ランディングページとホームページは区別して制作・運用されることが一般的ですが、ホームページの一部分をランディングページとして設計すればホームページの訪問者をランディングページへとスムーズに移行させることが可能です。

たとえばホームページの一部で期間限定メニューを紹介するなど、広告から店舗全体情報への直接流入を想定とした施策として飲食業界でよく利用されている手法なので、ぜひ検討してみてください。

リスティング広告

ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される内容が変化するネット広告をリスティング広告と呼びます。

特定のキーワードに絞り込んでピンポイントで広告を打てばキーワードに関心の高いユーザーに対して広告を届けることができるので、リスティング広告は非常に効率の良いマーケティング戦略だといえるでしょう。

「エリア+宴会」「エリア+料理名」などサービスの内容に合わせてキーワードを柔軟に設定することが可能なので、飲食店との相性も抜群です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はアプリやWebサイトに表示されるネット広告の総称です。

リスティング広告と違ってターゲットをピンポイントに絞り込むことはできませんが、テキストだけでなく画像や動画を表示できるので料理のイメージが重要な飲食店と相性の良い施策だといえます。

またディスプレイ広告はユーザーの潜在的なニーズを刺激する役割があるので、ランディングページが完成したらぜひ併せて実施してみてはいかがでしょうか。

リターゲティング広告(バナー広告)

検索履歴などから逆算して過去にサイトを訪問したことのあるユーザーに向けてマーケティングする手法をリターゲティング広告と呼びます。

過去にサイトを訪問したユーザーはその店に関心を持っている可能性が高く、リターゲティング広告は効率的な施策だといえますが、一方で既に訪問したサイトの広告が何度も表示されることを快く思わないユーザーも存在します。

リターゲティング広告は飲食の分野と相性の良い施策ですが、実施する際は補助程度に留め、多用しすぎないように注意してください。

SNSマーケティング

インフルエンサーの影響力を活用してSNSで情報を拡散する手法をSNSマーケティングと呼びます。

SNSマーケティングは「情報が拡散されやすい」「ユーザー目線での訴求がしやすい」など口コミとよく似た性質があるので、本来口コミが主流の飲食店とは特に相性の良い施策だといえるでしょう。

多くの来客を見込める印象で炎上しやすいというデメリットもあるので、SNSマーケティングを実施する際は事前に専門の業者に相談しておくことをおすすめします。

コンテンツマーケティングについて

ユーザーにとって有益な情報を連続的に提供して成果率の向上に繋げる手法をコンテンツマーケティングと呼びます。

効果が出るまでに多少の期間を要しますが、一定の期間を経過するとなくなってしまう広告と違ってコンテンツマーケティングのために作成したコンテンツは資産としてネット上に蓄積されていきます。

店舗への来店を目的とする場合には適しませんが、通販など全国のユーザーを対象とするサービスを平行して実施しているのであればコンテンツマーケティングが高い効果を発揮するので、ぜひ検討してみてください。

【厳選ピックアップ】飲食店向けのランディングページ制作で参考になるサイト3選

最後に、飲食店向けランディングページを制作するにあたって参考にしたい3つのおすすめサイトを紹介します。

いずれもランディングページとして優れた設計のサイトなので、前述の重要な基本要素を照らし合わせながらご覧になってください。

JOYSOUND

最初に紹介するのはジョイサウンドの忘年会向けランディングページです。

ファーストビューの背景にシズル感溢れる料理写真をアニメ―ション表示させてサービスの具体的なイメージを伝えると同時に、ユーザーの食欲を刺激しています。

 

各種コース紹介の他、見積の計算表を設置するなど利便性を高めるための工夫も見て取れるので、ぜひ参考にしてください。

シャンシャンタン

こちらは厳密にいうと飲食店ではなく食品通販のランディングページですが、この記事で紹介した基本要素を押さえた飲食店向けランディングページの教科書的な設計であるためここでみなさんに紹介します。

写真をふんだんに使って商品イメージを強調していることに加え、メディアへの掲載実績やお客様の声をコンテンツとして活用してユーザーの不安を解消しています。

CVボタンの配置も見事なので、ランディングページを制作する前にぜひ細部までご覧になってみてください。

すき家 スタミナ祭り

こちらは有名飲食チェーンすき家が期間限定で打ち出しているスタミナ祭りのランディングページです。

商品のこだわりや特徴が端的に簡潔なテキストでまとめられているなど、上で紹介したLPと比べてシンプルなデザインながらランディングページとしての要点をしっかりと押さえた設計となっています。

記載している情報量もかなり短く抑えられているので、あまり予算をかけずにランディングページを制作したいという方はぜひ参考にしてみてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

飲食店においてランディングページはユーザーを来店へと誘導することを目的に制作されます。

ユーザーに来店を促すには、料理のイメージや来店するメリットを的確に伝えてサイトを訪問したユーザーの食欲を刺激することが有効ですが、その施策はさまざまなあり答えはひとつではありません。

ぜひこの記事を参考にして集客力の高い優れたランディングページを完成させてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーを店舗へ誘導する役割がある
・飲食店向けランディングページは料理のイメージが重要
・ランディングページの制作費用は40万円から120万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績