【ファッション・アパレル系】ランディングページを制作する7つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説【通販】

ランディングページとは訪問者を製品の購買や問い合わせに誘導することを目的としたWebページを指し、主に縦長の1ページのみで構成されます。

一般的なホームページは複数のページによって構成され、また恒常的に運用することを前提に制作されるものがほとんどですが、ランディングページの多くは期間限定で運用されるといった違いがあります。

この記事ではファッション・アパレル系ランディングページの役割と製作する上で押さえておきたい基本要素について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・ファッション・アパレル向けランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・ファッション・アパレル向け参考ランディングページ
目 次表示

ファッション・アパレル系ランディングページの役割って何?

ここではファッション・アパレル系ランディングページを制作する意味とその役割について解説します。

ランディングページとホームページの違いについても触れているのでぜひ参考にしてください。

①ユーザーを商品購入アクションへ誘導する役割

さまざまな情報を集約させているホームページと異なり、ランディングページには訪問者を購入や問い合わせへと誘導することに特化した目的のみを厳選して記載します。

すなわち、ユーザーを「商品を購入してもらう」「問い合わせしてもらう」などあらかじめ設定したゴールに導くことがランディングページに課せられたもっとも大きな役割だといえるでしょう。

あらかじめ設定したゴールはコンバージョンと呼ばれ、ランディングページに記載するべき情報はコンバージョンの種類によって異なります。

ファッション・アパレル系ランディングページのコンバージョンは「商品購入」への誘導がメインになるので、ランディングページを制作する際は訪問者に製品の購入を促すことを意識して設計すると良いでしょう。

②商品を使用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

ランディングページの訪問者をコンバージョンへと誘導するためには、ユーザーに購買意欲を持たせることが不可欠です。

ユーザーファッション・アパレル系の場合には「服飾の商品効果」「使用感」など、商品を使用するメリットがどれだけあるかを具体的に提示することで訪問者の購買意欲を効率的に刺激できるでしょう。

商品のメリットを伝えることもランディングページの重要な役割のひとつなので、ランディングページを制作する際はくれぐれも留意してください。

③営業トーク・雑誌などの広告代わりになる役割

上で紹介した「ユーザーを商品購入アクションへ誘導する」「商品を使用するメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらう」という役割はどちらもセールスマンの営業トークや雑誌・テレビCM等の広告と共通しています。

つまり、ランディングページはWeb上でセールスマンや広告の代わりに製品の売り上げを向上させる役割を担っているといえます。

ファッション・アパレル系の場合には「他社製品との違いを明確に紹介できるコンテンツ」「製品がいかに素晴らしいか」をセールスマンの代わりにアピールすれば、より成果率の高いランディングページに仕上がるでしょう。

ファッション・アパレル系のランディングページを作る時に重要な10個の基本要素

ここではファッション・アパレル系ランディングページを制作する上で大切な10個の基本要素について解説します。

いずれも成果率の高いランディングページを完成させるには不可欠な要素なので、ぜひ参考にしてください。

ファーストビューは商品イメージを想起しやすいかが最も重要

ランディングページは「ユーザーをコンバージョンへと誘導する」「商品のメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらう」役割があること以外にも、第一印象が売り上げを大きく左右するという点でセールスマンと共通しています。

サイトを訪問したユーザーが最初に目にする箇所をファーストビューと呼び、コンバージョンまでの誘導ボタンや実績・リピート率、商品の特徴を簡潔に示したキャッチコピーを適切に配置することで成果率のアップが期待できます。

ファッション・アパレル系ランディングページにおいて、商品名商品写真は特に大切な要素なので、必ずファーストビューに記載するようにしましょう。写真は実際にモデルが商品を着用しているものを利用するとより効果的です。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

先でも述べているようにランディングページはユーザーをコンバージョンへと誘導することを目的に制作されるWebページであるため、ランディングページには必ずなんらかのCV(=コンバージョン)コンテンツが付随します。

CVコンテンツにはさまざまなパターンが考えられますが、自社で展開したいキャンペーンを軸に設定するのが一般的です。

ファッション・アパレル系の場合は「送料無料」「クーポン券」といったキャンペーンを展開している企業が多いので参考にすると良いでしょう。

またコンバージョンの達成率を向上させるためには、ユーザーをCVコンテンツまで導くためのアクション動線は最初の設計で完結させようとせず、反響を見て適宜改善する必要があります。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

セット商法やWeb限定商法での販促も効果的

通販では製品を単発で売るばかりでなく他の製品とセットで販売することもありますが、この手法はファッション・アパレル系においても有効です。

セット商法でなくても、Web限定販売の商品の場合にはWeb限定である旨を記載するだけでもユーザーの購買意欲を刺激する効果があるので留意しておくと良いでしょう。

ASPなどの外部カートシステムを利用することも効果的なので、ランディングページにおすすすめの設置型ASPについて知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

ショッピングカートのみ設置型ASPおすすめ比較|ECサイト制作

お客様の声や成功体験談はコンテンツとして効果的

実際に商品を愛用しているお客様の声をコンテンツとして活用すれば、訪問者に商品のメリットを強い説得力で訴求することが可能です。

成功した体験談は「自分でもこんな風になれるのかな」とユーザーに具体的なイメージを促すことができるので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

ファッション・アパレル系であれば、お客様が笑顔で商品を着用している姿モニターインタビューなどを写真付きで掲載することでより高い効果が期待できます。

ユーザーへの問いかけ『お悩み訴求』

ユーザーのニーズや悩みを言語化してユーザーに問いかけ、「私にも当てはまる!」「自分の悩みと同じだ」と共感を植え付けることはコンバージョンの達成率を高める上で効果的なアプローチのひとつです。

ただしチグハグな問いかけをしてしまうとユーザーの共感を失うことに繋がる恐れもあるので、お悩み訴求をおこなう際には必ずターゲットの設定やペルソナをしっかりと作り込むようにしてください。

ファッション・アパレル系ランディングページであれば、たとえば「もっと手軽にアイロンがけしたい」「選択で丸洗いしたい」などターゲットの設定に沿って問いかけをおこなうと良いでしょう。

ランディングページの企画構成について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページ制作で最も重要な工程は企画構成(設計)|5つのポイントも解説

商品のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

「ファッション・アパレル系ランディングページの役割」の項目でも解説したように、ランディングページには「商品を使用するメリットがどれだけあるかをユーザーに知ってもらう」役割があります。

商品のこだわりは「商品を使用するメリット」に直結する要素であるため、ファッション系なら「衣類の設計」や「使用感」などを強みとして訴求したり権威付けとして強調したりすることで、ランディングページの効果を高められるでしょう。

ただし、お悩み訴求と同様に強調すべきポイントを誤ると逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。

メディアなどへの掲載実績なども紹介できればGood

ファーストビューの項目でも触れましたが、ランディングページの冒頭で実績を紹介することはコンバージョン率をアップさせる上で高い効果を発揮します。

実績を紹介するにあたっては売り上げ数やリピート率などの具体的な数字はもちろん、テレビやCM、雑誌などで取り上げられた実績は権威付けとしても大きな説得力を持っているので、そのような実績がある場合には積極的にアピールしていくと良いでしょう。

商品が選ばれる理由を紹介する

商品が選ばれる理由をユーザーに伝えることも、コンバージョン率を向上させる上で欠かせない大切な要素のひとつです。

上で紹介した「こだわりを強みとして訴求する」と似ているように思えるかもしれませんが、商品のこだわりが販売者目線の訴求であるのに対し、商品が選ばれる理由はユーザー目線の訴求なので、訪問者にとってはより説得力の高いコンテンツだといえます。

ファッション・アパレル系ランディングページにおいて説得力のある訴求ポイントの例として、「着心地の良さ」「継続して着用できる秘訣」などが挙げられます。

イメージを植え付けるために動画を組み込むの1つの選択肢

ファッション・アパレル系ランディングページでは製品の着用イメージをユーザーに伝えることができるかどうかでコンバージョンの達成率が大きく変わります。

着用イメージを写真で伝えるのも良いですが、動画を利用すればイメージをユーザーにより明確に伝えることができるので、可能であれページ内に動画のリンクを設置するなどして着用イメージの訴求をおこなうと良いでしょう。

ランディングページに動画を埋め込むメリットや注意点について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ランディングページに動画を埋め込むとCVRが上がる?|理由や埋め込む注意点について

よくある質問(Q&A)を入れて情報の過不足を調整する

ここまでに紹介した基本要素をすべて取り入れればランディングページに必要な情報はほとんど網羅できますが、訴求しきれなかった情報があった場合にはQ&A形式のよくある質問コーナーをページの終盤に盛り込んで、情報の過不足を調整しましょう。

伝えきれない情報の補足だけでなく、「購入後の流れ」「注文してから商品が届くまでの日数」など問い合わせの多い項目をひと目で解決できるように記載すれば利便性が大幅にアップするので、ランディングページを制作する際はぜひ実践してみてください。

image image
ファッション・アパレル系ランディングページは、商品購入の導線と同じぐらい『商品の写真』と『着用イメージ』が大切です。商品の写真はプロのカメラマンに依頼し、ユーザーが買いたくなるようなイメージを植え付けるのが最も効果的です。また、通販にはASPなどのカート型システムを導入し簡易的にページを作ることも可能です。詳しくは下記を参照してください。
ショッピングカートのみ設置型ASPおすすめ比較|ECサイト制作
池田直樹

ファッション・アパレル系ランディングページ制作の相場・料金とは?

ここではファッション・アパレル系ランディングページの制作にかかる費用とその相場について解説します。

一般的なランディングページより短いものからセールスコピー特化型のものまで、制作費用の相場をタイプ別に紹介してくので参考にしてください。

短めなランディングページの場合

訪問者をコンバージョンへと誘導するために必要な最低限の情報を厳選して記載したランディングページを制作する際にかかる費用の相場はおよそ40~50万円となっています。

記載できる情報量はA4用紙に換算して6枚程度と平均的なランディングページよりもやや少ないです。

しかしパソコン向けページとスマートフォン向けページ、問い合わせフォームという内訳が含まれているので、ユーザーに購買アクションを促す機能に問題はありません。

制作費用を抑えたいという場合には平均的なものよりやや短めのランディングページから制作してみることをおすすめします。

一般的なランディングページの場合

平均的な情報量を記載したランディングページを制作する際にかかる費用の相場はおよそ70~80万円です。

ページのボリュームはA4用紙に換算して8枚分程度となっているため上で紹介した短めのランディングページよりA4用紙2枚分ほど多くの情報を記載することが可能で、内訳にはパソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームが含まれます。

ランディングページに記載する情報量で迷ったときはA4用紙8枚分のボリュームを目安に制作してみてください。

セールスコピー特化型のランディングページの場合

プロのセールスコピーライターに訴求ポイントの整理やコンテンツ量の調整などを含めてランディングページの制作を依頼した場合にかかる費用の相場はおよそ100~120万円です。

内訳は上で紹介したランディングページと同様にパソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームとなっていますが、こちらにはセールスコピーライティングがオプションとして付帯します。

普通のランディングページでは物足りないという場合にはプロのセールスコピーライターに制作を依頼してみてはいかがでしょうか。

ランディングページ制作の料金と相場について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

LP 相場 用途
短めなLP 40~50万円 ・企業ページ
・期間限定キャンペーンなど
一般的なLP 70~80万円 ・健康食品系
・商品販売促進用など
セールスコピー特化型LP 100~120万円 ・セミナー集客
・通販ページ誘導など

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

ファッション・アパレル系ランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ここではランディングページを制作した後に併せて実施したいマーケティング戦略について解説します。

ファッション・アパレル系にその施策が適しているかどうかにも触れているので、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告

ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される内容が変化するネット広告をリスティング広告と呼びます。

たとえば「女性向け+ジャケット」といったように、特定のキーワードを検索したユーザーに対してピンポイントでマーケティングをおこなうことが可能であるため、ファッション・アパレル系にもぴったりのマーケティング戦略です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はWebサイトやアプリに表示されるネット広告の総称です。厳密には上で紹介したリスティング広告もネット広告に含まれますが、さまざまな相違点があるためここでは区別することとします。

リスティング広告と異なり不特定多数のユーザーをターゲットとしているため効率の面では劣りますが、ターゲットの潜在的なニーズを引き出す役割があるので、リスティング広告との違いをしっかりと理解した上で実施しましょう。

またディスプレイ広告はテキストしか表示できないリスティング広告と違って画像や動画を表示することが可能であるため、ファッション・アパレル系にも適した手法だといえます。

リターゲティング広告(バナー広告)

リターゲティング広告は1度サイトを訪問したユーザーを検索履歴などから逆算して自社サイトに再び誘導することを目的としたネット広告です。

自社サイトを訪れた経験のあるユーザーは製品に強い関心を持っている可能性が高く、何らかの理由でサイトから離脱した訪問者をランディングページに誘導するということはコンバージョンを達成する上で大きな意味を持っています。

ただしサイトを離脱したユーザーの一定数は製品に対する興味を既に失っており、そういったユーザーにしつこくマーケティングをおこなうことでネガティブな印象を与えてしまう恐れもあります。

リターゲィング広告を打つ際は多用しすぎないよう、くれぐれも気をつけてください。

SNS・インフルエンサーマーケティング

SNSで多くのフォロワーを擁するインフルエンサーの影響力を利用してマーケティングをおこなう手法をインフルエンサーマーケティングと呼びます。

インフルエンサーマーケティングはユーザーの視点での訴求がしやすく、また情報が拡散されやすいなどいわゆる「口コミ」に近い性質を持っているので、ファッション・アパレル系とは特に相性の良いマーケティング戦略のひとつだといえるでしょう。

ランディングページを制作したけれどイマイチ成果が振るわないという場合にはぜひ1度試してみることをおすすめします。

コンテンツマーケティングについて

「服をおしゃれに着こなすには?」「スーツを着るのはビジネスシーンのみ?」など、ユーザーにとって有益な情報を継続的に発信して最終的に商品の購入に繋げる手法をコンテンツマーケティングと呼びます。

ファッション・アパレル系の通販サイトは全国のユーザーが対象となるため、コンテンツマーケティングもインフルエンサーマーケティングと同じく、ファッション・アパレル系と特に相性の良いマーケティング戦略だといえるでしょう。

一定の成果を出せるようになるまでに少々時間はかかりますが、制作したコンテンツはサイトを運用し続ける限り資産としてWeb上に蓄積されていくので、単体ではなく他のマーケティング戦略と並行して実施することをおすすめします。

【厳選ピックアップ】ファッション・アパレル系のランディングページ制作で参考になるサイト3選

ここではファッション・アパレル系ランディングページを制作する上で参考になるおすすめのサイトをみなさんに紹介します。

いずれのサイトにもそれぞれ異なる特徴があるので、ランディングページを制作する前にぜひ目を通しておいてください。

FABRIC TOKYO OREDER SHIRT

FABRIC TOKYO OREDER SHIRTは男性向けオーダースーツを販売するランディングページです。

 

ホワイトを基調にブルーやグレイを効果的な割合で配置することで、男性社会人がビジネスシーンにおいて重視する清潔感を演出しています。

 

平均的なファッション・アパレル系ランディングページと比べてボリュームは控えめですが、その分ユーザーが必要とする情報のみを厳選して記載されているので、予算を抑えたいと考えている方にとっては大いに参考になるランディングページだといえます。

JKUSS

JKUSSは高級感あふれるゴージャスな雰囲気を前面に押し出したスイムウェアブランドです。全体のうち画像の占める割合が非常に多く、モデルの写真に費用を大きく割いたイメージ先行型のランディングページだといえるでしょう。

モデルの着用写真だけでなくお客様の着用写真を多数記載することでユーザー視点の訴求を効果的におこなっているなど、一見シンプルながら細やかな配慮が見受けられる点も見逃せないポイントです。

ファッション・アパレル系ランディングページにおける商品画像の重要性をよく表した設計となっているので、ぜひ参考にしてください。

フェリシモ ドラえもんコラボ

フェリシモという雑貨を主に取り扱うブランドと言わずと知れた国民的キャラクターであるドラえもんのコラボ企画のランディングページです。

ページ全体がアニメーションを施した背景と雲形の切り抜きによって構成されており、デザインの統一感と見やすさを高い次元で両立させることに成功しています。

デザインと利便性の両立という点でファッション・アパレル系ランディングページの理想形のひとつといっても過言ではない完成度の高い設計となっているので、ぜひ参考にしてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

ランディングページはサイトを訪問したユーザーを購買アクションへと誘導することを目的に運用されるWebページです。

この記事で紹介した基本要素をはじめ、ランディングページにはさまざまな施策が存在しますが商品やターゲットによってアプローチの方法は多様であり、答えは1つではありません。

ぜひこの記事を参考にして、優れたランディングページを制作してください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーをコンバージョンへと誘導する役割がある
・ファッション・アパレル系のランディングページは商品イメージが重要
・ランディングページの制作費用は40万円から120万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績