【ホテル・旅館向け】ホームページを制作する5つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説

ユーザーにとって有益な情報や制作サイドが伝えたい情報などさまざまな情報を集約させたWebサイトをホームページと呼びます。

この記事ではホテル・旅館向けホームページの役割と重要ポイントについて詳しく解説していきます。

ホームページはマーケティングを実施する上で避けて通れない重要度の高い施策なので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・ホテル・旅館向けホームページの役割
・ホームページ制作で重要なポイント
・ホームページ制作の費用相場
・ホームページ制作後のマーケティング戦略
・ホテル・旅館向け参考ホームページ
目 次表示
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のホームページ制作に携わってきました。
ホームページは、制作して終わりではなく、公開後の集客が必要になります。
我々はSEOに強いサイト設計とコンテンツ作りを強みに、公開後も検索エンジンから集客し続けるホームページをご提案できますので、集客にお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホテル・旅館におけるホームページの役割って何?

最初にホームページを制作する意味とその役割を紹介します。

ホテル・旅館向けホームページが制作される目的と背景についても解説していくので、ぜひ目を通してください。

①ホテル・旅館の認知度を上げる

ホテル・旅館向けホームページのもっとも重要な役割はホテル・旅館の知名度を上げることです。

このとき、ただ知名度を高めるのではなく、ホテル・旅館のイメージや立ち位置を明確にする、すなわちブランディングを同時に実施することが重要となります。

ホームページによるブランディングは中級者から上級者向けの施策だといえますが、ブランディングにをおこなうことによって集客効果を高める効果が期待できます。

ホテル・旅館向けホームページを制作する際はできるだけブランディングを強く意識するようにしてください。

②『どんな雰囲気のホテル・旅館なのか』をユーザーに知ってもらう

サイトを訪れたユーザーに「どんな雰囲気のホテル・旅館なのか」を知ってもらうことは、認知度の向上と並ぶ重要な役割です。

ホテル・旅館選びをするユーザーの大半は「じゃらん」に代表される口コミサイトの情報だけで宿泊施設を選ぶ傾向にありますが、一部のユーザーはそこから一歩踏み込んで、宿泊施設のホームページの情報を考慮した上で宿泊先を決定します。

そんなリテラシーの高いユーザーに選んでもらうためにも、ホームページでは積極的に施設の雰囲気をアピールしていきましょう。

③宿泊予約をするための問い合わせ先

インターネットが普及した現代において、ホテル・旅館向けホームページで予約システムを導入していないサイトはほぼ存在していません。

つまり、ホテル・旅館向けホームページは宿泊予約をするための問い合わせ窓口としての役割を担っているといえます。

予約システムはホテル・旅館向けホームページに欠かすことのできない大切なシステムなので、必ずサイト内で予約まで完結できるように設計しましょう。

ホテル・旅館向けのホームページを作る時に重要な5つのポイント

次に、ホテル・旅館向けホームページを制作する際に重要な5つの基本要素を紹介します。

どれも優れたホームページを完成させるためには欠かせない大切なコンテンツなので、ぜひ頭に入れておいてください。

①予約ページへの導線を意識したサイト設計を目指す

ホテル・旅館向けホームページが宿泊予約の問い合わせ窓口としての役割を担っていることは前章で述べたとおりです。

宿泊予約=問い合わせへとユーザーを誘導することは役割のひとつであると同時に、ホテル・旅館向けホームページのゴールであるといっても過言ではありません。

ホテル・旅館向けホームページを制作する際は必ず予約までの動線を意識しながらサイトの設計をおこなってください。

②ホテル・旅館の雰囲気を魅せる”バエる”写真も必要

ホテル・旅館向けホームページでは宿泊施設の雰囲気や魅力をユーザーに伝える写真の掲載が欠かせません。

写真の掲載なくしてサイトを訪問したユーザーに「どんな雰囲気のホテル・旅館なのか知ってもらう」ことは難しいため、まずはホテルや旅館の魅力をしっかりと把握し、施設の魅力が上手に伝わるような写真を掲載しましょう。

また最近ではSNSにおける口コミからユーザーの獲得に繋がるケースが増えています。写真はホームページだけでなくSNS上のマーケティングでも重要なコンテンツなので、できるだけ”バエる”写真を選定するように心がけてください。

ホテル・旅館向けホームページでは、地域ならではの名産品や旬の素材を使用した料理の写真を起用することをおすすめします。

③ホテル・旅館へのアクセスは正確にわかりやすく

ホテルや旅館はWebサービスと異なり、完全に実店舗でのサービスとなります。

そのため、ホテル・旅館向けホームページには地図情報や店舗までのアクセス案内の掲載が必須です。

自動車・電車・バスなどユーザーが宿泊施設を訪れる手段としてさまざまな交通機関が考えられるため、想定できるすべての交通機関に対応できるように情報を掲載してください。

正確にわかりやすく掲載することはもちろん、可能であればレンタカー会社やタクシー会社のホームページのURLや電話番号を掲載するなど、ユーザーの目線に立って設計することが重要です。

④宿泊プランへの誘導はわかりやすい場所に掲載する

宿泊プランはホテルや旅館における最大のアピールポイントです。

せっかくのアピールポイントをさらっと紹介してしまっては非常にもったいないので、たとえば客室の豪華さが売りのホテルであれば目玉となるプランを専用のページで紹介するなど、プランごとで異なる魅せ方を用意しましょう。

⑤口コミサイトとはしっかり差別化する

上でもかるく触れましたが、宿泊施設を探しているユーザーの多くが「じゃらん」などの口コミサイトを参考にしています。

口コミサイトと同じ情報を掲載するだけではホームページの効果が薄れてしまうので、口コミサイトに掲載しているホテル・旅館であっても、ホームページには口コミサイトとは差別化した情報を掲載するようにしてください。

具体的には、口コミサイトは集客用として施設の概要や宿泊プランを掲載し、ホームページには施設の魅力や客室の雰囲気などブランディングに特化した情報を掲載すると良いでしょう。

ホームページ制作で入れると良いオススメのコンテンツ

続いて、ホテル・旅館向けホームページに盛り込みたいおすすめコンテンツを紹介します。

前章が基本だとすれば本章は応用篇といえる内容になっているので、より良いホームページを目指す方はぜひ目をとおしてください。

周辺案内・名所紹介

ホテルや旅館の情報にプラスして盛り込みたいのが、施設の周辺にある名所や観光スポットの紹介です。

観光客相手へのアピールはもちろん、仮にユーザーのスケジュールがタイトだったとしても「近場だし少し足を伸ばして寄ってみようかな」と宿泊先選びの決め手になる可能性もあるので、余裕があればぜひ取り入れてみてください。

特に、ホテル・旅館から送迎バスを出している場合はユーザーにとってのメリットも多くなるため、積極的にアピールしていきましょう。

よくある質問(Q&A)

ホームページの利便性を高める上で大きな効果を発揮するコンテンツがQ&A形式の「よくある質問」です。

ユーザーの質問や問い合わせに回答するだけでなく、サイト内で訴求しきれなかった情報を紹介したり、強調しておきたい大事な情報に再度触れたりするなど、使い方次第でさまざまな効果が期待できます。

いずれにしろ、こちらが伝えたい情報やユーザーの知りたい情報がこれを読むだけでわかるよう簡潔に記載する必要があるので、よくある質問を盛り込む際は留意してください。

ホテル・旅館のこだわり

自社が独自でおこなっている取り組みや他社との違う点など、ホテル・旅館の強みやこだわりがあれば忘れずにサイト内でユーザーにアピールしてください。

また文章だけでは魅力が伝わりにくいため、可能なら併せて写真を掲載してユーザーに安心感を与えましょう。

宿泊情報以外のアナウンス

宴会や結婚式、貸し切りパーティーや貸し会議室など、宿泊以外のサービスを実施している場合はホームページでアナウンスしましょう。

応用篇とはいえ、これらの情報は集客や客単価のアップに大きく関わる超重要なコンテンツだといえます。

また宴会や結婚式、貸し会議室に関する情報を掲載する場合には、必ず会場の間取り図も盛り込むようにしてください。

多言語化対応

インバウンド政策の恩恵もあり、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増え続けています。

ホテルや旅館といった宿泊施設の分野でもその傾向を顕著に感じているのではないでしょうか。

日本語話者以外のユーザーにホテル・旅館の利用を促すには多言語対応が不可欠です。

施設の規模が大きくなるほどホームページの多言語化に対応している割合が多い傾向にあるので、多言語化を考えているのであればサイトの設計に取り掛かる前に大手業者のサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

image image
ホテル・旅館系のホームページ制作ではいかに自分たちの強みを的確に紹介するかが鍵になります。インバウンド需要が高まりつつある昨今、日本人以外のお客さんにも向けた施策やマーケティングを展開しているホテル・旅館ほど成果を残しているように見受けられます。
河内秀臣
ZERO式ホームページ制作はこちら

ホテル・旅館向けホームページ制作の相場・料金とは?

次に、ホテル・旅館向けホームページの制作にかかる費用と相場について解説します。

制作するホームページの規模にや構築システムによって費用相場は大きく変動するので、制作したいホームページの規模と照らし合わせながらご覧になってください。

小規模なホームページの場合

シンプルで簡易的なホームページの制作にかかる費用はおよそ50~100万円となります。

ページ数の目安は10ページ程度、難しいシステムの搭載はなく、問い合わせのメールを送信できる程度の簡易的なシステムのみを想定しています。

ホームページはもちろん、運営会社のコーポレートサイトも50~100万円前後の予算をみておけば制作が可能なので、検討してみてはいかがでしょうか。

中規模なホームページの場合

ページを増やしてブログの更新など自分たちで簡単な修正ができるような中程度の規模のホームページの制作費用は100万円以上が目安です。

ただし、ホテル・旅館向けホームページでは宿泊プランに比例してページ数が増えるため、場合によっては100万円を大きく上回る可能性があります

構築システムには問い合わせフォームに加えて予約システムとブログシステムが含まれるため、ホームページ上で予約まで完結させるにはうってつけの形式だといえるでしょう。

ホームページの種類 相場 用途
小規模なホームページ 50~100万円 ・単独店舗の事業者
・運営会社のコーポレートサイト
中規模なホームページ 100万円~ ・複数店舗の事業者
・HP上で予約まで完結させたい事業者

ホテル・旅館向けホームページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ここではホテル・旅館向けホームページを制作した後に併せて実施したいマーケティング戦略を紹介します。

ホテル・旅館の分野にその施策が適しているか否かを主題として解説していくので、ぜひ参考にしてください。

SNSマーケティング

FacebookやInstagramといったソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用したマーケティング戦略をSNSマーケティングと呼びます。

SNSマーケティングはユーザー目線での訴求がしやすく、情報が拡散されやすいなど口コミとよく似た性質を備えています。

口コミとの相性が良いホテル・旅館の分野はSNSマーケティングとも非常に相性が良いので、ぜひ実施を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、SNSマーケティングには炎上しやすいというデメリットがあるため、実施する前に専門の会社に相談しておくことをおすすめします。

リスティング広告

リスティング広告ではユーザーが検索するキーワードに反応して広告の内容が変わるため、キーワードで絞り込めば施設を利用する可能性の高いユーザーに対してピンポイントでマーケティングすることが可能です。

ホテル・旅館の分野でリスティング広告を実施する際は、たとえば「熱海+ホテル」などエリアで絞り込むことをおすすめします。

また宿泊以外のサービスを実施しているのであれば、結婚式、宴会、貸し会議室などサービスの内容に応じてキーワードの絞り込みをおこなうと良いでしょう。

SEO対策

SEO、すなわち検索エンジン最適化の対策はインターネット上でマーケティングをおこなうにあたって避けてとおることのできない重要な施策です。

SEO対策が不十分だとせっかく制作したホームページをたくさんの人に見てもらうことが難しくなってしまい、結果として成果率も振るわなくなってしまうので、ホームページを制作したら必ずSEO対策を実施してください。

上で紹介したリスティング広告と同様に、「伊豆+ホテル」「御殿場+結婚式」などエリアとサービスで絞り込んでSEO対策をおこなうと効果的です。

【厳選ピックアップ】ホテル・旅館向けのホームページ制作で参考になるサイト4選

最後にZEROラボが厳選したおすすめのホテル・旅館向けホームページを紹介します。

そのサイトのどこが特に優れているかという点に触れながら解説していくので、ホームページを制作する前にぜひ目をとおしておいてください。

熱海温泉 旅館立花

こちらは日本有数の温泉地として知られる熱海に拠を構える温泉旅館のホームページです。

デザインやレイアウトなど構成は非常にシンプルですが、写真をふんだんに掲載することで旅館の雰囲気を的確に伝えると同時に、サイト全体を華やかな印象に仕上げています。

プランごとに個別のページが用意されている他、予約への導線もしっかりと練られているなどホテル・旅館向けホームページとして堅実な設計のサイトだといえるでしょう。

強羅 花扇

こちらは箱根強羅に位置する温泉旅館のホームページです。

トップページのファーストビューに旅館の内外を紹介する長尺の動画を埋め込んで、旅館の雰囲気と魅力をサイトの訪問者に強くアピールすることに成功しています。

日本語の他に英語、フランス語、スペイン語、イタリア語という全5ヶ国語に対応しているなどインバウンド対策もばっちりなので、多言語化対応を検討している事業者の方はぜひ参考にしてみてください。

プリンスホテル・旅館 軽井沢ウエスト

こちらは大手業者であるプリンスホテル・旅館系列のホームページです。

宿泊はもちろん宴会や貸し会議室、ウェディングなど多岐にわたるサービスの情報を網羅した大規模なホームページとなっています。

宿泊プランの紹介や予約システムをはじめ、すべてのコンテンツがしっかりと作り込まれた完成度の高いサイトだといえるので、ぜひホームページ制作の参考にしてみてください。

9アワーズ 成田

こちらは成田空港内にあるカプセルホテルのホームページです。

カプセルホテルという施設のミニマルさを象徴するかのようなシンプルな構成が特徴的で、規模は小さいながらユーザーの求める情報が過不足なく掲載されています。

高いデザイン性を備えている他、英語表記にも対応した現代的なサイトデザインとなっているので、小規模なホームページの制作を検討している事業者の方はこちらのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ホームページを制作して自社の情報を的確にユーザーへ伝えよう

施設の周知やブランディング、宿泊予約の問い合わせ窓口など数多くの役割を担うホームページは、ホテル・旅館を運営するにあたってなくてはならない大切な存在です。

完成度の高いホームページを制作することは簡単ではありませんが、掲載コンテンツの取捨選択をおこなえばきっと優れたホームページを完成させることができるでしょう。

ホームページ制作の正解はひとつではないので、この記事を参考にしながら目的に則したホームページの完成を目指してください。

この記事のおさらいポイント

・ホテル・旅館向けホームページには施設の認知度を高める役割がある
・ホテル・旅館向けホームページでは予約までの導線を意識することが重要
・ホテル・旅館向けホームページの制作費用は50万円から数百万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる
WEBコンサルタントのご紹介
弊社は、上場企業も含め120社以上のホームページ制作に携わってきました。
ホームページは、制作して終わりではなく、公開後の集客が必要になります。
我々はSEOに強いサイト設計とコンテンツ作りを強みに、公開後も検索エンジンから集客し続けるホームページをご提案できますので、集客にお困りの方はお気軽にご相談ください!

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0869 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績