【エステ・リラク向け】ランディングページを制作する8つの重要ポイントと成果を出すためのコンテンツを徹底解説【サロン】

Webサイトのうち、問い合わせや商品の購買の向上を目的に制作されるものをランディングページと呼びます。

さまざまな情報を複数のページにわたって集約させたホームページと異なり、ランディングページは縦長1ページのみで構成される場合がほとんどであるため、記載する情報を厳選しなければならないという制約があります。

この記事ではエステ・リラク向けランディングページの役割と重要ポイントについて解説していくので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること

・エステ・リラク向けランディングページの役割
・ランディングページ制作で重要なポイント
・ランディングページ制作の費用相場
・ランディングページ制作後のマーケティング戦略
・エステ・リラク向け参考ランディングページ
目 次表示

エステ・リラク向けランディングページの役割って何?

最初に、エステ・リラク向けランディングページが担う役割について解説します。

ランディングページを制作する意味に加えて、ホームページとの違いにも触れているので参考にしてください。

①ユーザーを店舗へ誘導する役割

ランディングページはサイトを訪問したユーザーを「商品の購入」や「問い合わせ」などあらかじめ設定したゴールへと誘導することを目的に制作されます。

ここで設定するゴールは職種によってさまざまなパターンが考えられますが、エステ・リラク向けランディングページの場合には「店舗への誘導」をゴールとして設定するケースがほとんどです。

つまり、ユーザーを店舗へと誘導することがエステ・リラク向けランディングページの担う最大の役割だといえます。

②エステを利用する『メリット』がどれだけあるかをユーザーに知ってもらう役割

サイトを訪問したユーザーの興味を強く惹きつけなければ、ユーザーを店舗へと誘導することはできません。

ユーザーの興味を惹く方法はひとつではありませんが、エステを利用するメリットがどれだけあるかをアピールして訪問者の意欲を刺激すれば、結果として来客数の向上が期待できます。

このときメリットを漠然と羅列するのではなく、たとえば「実施中のキャンペーン」「割引セット」などできるだけ具体的に提示するとより効果的です。

③CMや雑誌などの広告に代わる役割

エステ・リラク向けランディングページにはエステを利用するメリットがどれだけあるかを伝えてユーザーを店舗へと誘導する役割があるという解説を読んで、「CMや広告の役割と似ているなあ」と感じた方も多いのはないでしょうか。

そのとおり、エステ・リラク向ランディングページはテレビCMや雑誌の広告に代わって来客数を増やす役割を担っています。

「実施中のキャンペーンを大々的に宣伝する」など集客力を高めるフックを作ることでより効率的な成果率の向上が期待できるので、ランディングページを制作する際はぜひ試してみてください。

エステ・リラク向けのランディングページを作る時に重要な8つの基本要素

次に、エステ・リラク向けランディングページを制作する際に取り入れるべき重要な基本要素について解説します。

来客数を向上させるためには欠かすことのできない大切なコンテンツばかりなので、ぜひ最後まで目を通してください。

ファーストビューにはエステの店舗の写真が必須

訪問者が最初に目にするファーストビューで興味を惹きつけなければ、ユーザーを店舗へと誘導することは困難だといえるでしょう。

店舗名店舗の特徴を簡潔に表したキャッチコピーコンバージョンまでの誘導ボタンなどファーストビューに盛り込むべきコンテンツは多数ありますが、エステ・リラクの分野でとりわけ重要なのが店舗の写真を掲載して店舗の雰囲気を伝えることです。

ファーストビューに盛り込める情報量には限りがありますが、可能であればリピート率や満足度といった店舗の実績をアピールしてユーザーの不安を解消すると良いでしょう。

ファーストビューでユーザーの関心を惹くキャッチコピーを作る方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【現役ライター監修】LPの問い合わせを増やすキャッチコピーとは?

CVコンテンツはキャンペーンの内容を意識して制作する

上で述べているように、ランディングページは問い合わせや店舗への誘導など、あらかじめ設定したゴールを達成するために運用されるWebサイトであるため、制作するにあたってまずはCVコンテンツを設定しておく必要があります。

CVコンテンツは自社で展開したいキャンペーンを軸に設定するのが鉄則であり、エステ・リラク向けランディングページにおける一例として「マッサージの割引クーポン」「無料カウンセリング」「期間限定キャンペーン」などが挙げられます。

またランディングページの集客力を高めるためにも、最初の設計で完成とせずに実際の反響を見ながらCVアクション動線を適宜改善していきましょう。

ランディングページを分析・改善する方法について知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

【CVRが2倍⁉︎】ヒートマップを使ったLPの分析・改善方法

メディアへの掲載実績なども権威付けになる

店舗への誘導を目的としたランディングページではテレビや雑誌といったメディアへの掲載実績はユーザーに安心感を与えるコンテンツとして高い効果が期待できます。

これはエステ・リラクの分野においても同様で、「雑誌に掲載された」「テレビ番組で取り上げられた」など紹介できる材料があれば可能な限り掲載するようにしてください。

お客様の声や感想レポートはコンテンツとして効果的

実際にエステを利用したお客様の感想も、メディアへの掲載実績と同様ユーザーに安心感を与えて来店を促すにあたって大きな効果を発揮するコンテンツです。

感想レポートはテキストだけでも問題はありませんが、お客様の写真を併せて掲載するか、もしくはコメントしている動画を埋め込むことでさらに説得力を高められます。

エステの場合にはお客様の声として「施術後のインタビュー」「初回体験の感想」などを掲載すると良いでしょう。

店舗のこだわりなどを強み訴求・権威付けとして強調する

先述のとおり、ユーザーを店舗へと誘導するためにはエステを利用するメリットがどれだけあるかをアピールすることが有効です。

しかしメリットを挙げ連ねるだけでは効果が薄いので、まずはエステを利用するユーザーのペルソナ像を設定し、ターゲットに刺さるような写真やコンテンツを厳選して掲載しましょう。

エステであれば「特殊なマッサージ器具を使った施術」「専門家によるカウンセリング」など、プラスアルファになるようなコンテンツを強みとして訴求することをおすすめします。

イメージを植え付けるために施術中の写真も有効

ファーストビューの項目でも解説しているとおり、エステ・リラク向けランディングページでは店内の写真を掲載して店舗の雰囲気をユーザーに伝えることが大切です。

店内写真に加えて「施術中の写真」を掲載することでユーザーが実際にサロンで施術を受けている姿をイメージしやすくなり、結果として集客力のさらなる向上が期待できます。

ツイッターやインスタグラムと連携すればより多くの画像をサイト内に埋め込むことができるので、可能であれば併せて実施してみてください。

スマホへの最適化も忘れずに

エステなど店舗系のランディングページは出先からスマホで検索して辿りつくケースが多い傾向にあります。

店舗の雰囲気やサービスがユーザーのニーズを満たしていても、閲覧性の悪さが原因で離脱して来客数に悪影響を及ぼす可能性があるので、ランディングページを制作する際は必ずスマホでの閲覧性を考慮しながら設計を進めるようにしましょう。

ランディングページをスマホ向けに最適化する際の注意点について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

なぜLPはスマホ向けに最適化する必要があるのか?5つの制作ポイントも紹介

【補足】美容製品など通販情報をLP内に盛り込む場合はリスクも考慮する

エステサロンの中には店舗の運営と美容製品の通販を並行して手掛けている業者も多く、店舗への誘導をゴールとして設定しているにもかかわらずサイト内に通販商品への購入リンクを記載しているランディングページがちらほらと散見されます。

1つのランディングページに2つ以上のゴールを設定するとユーザーの興味が分散し、本来であればコンバージョンするはずのユーザーが離脱する可能性が高まってしまいます。

集客力を損なわないためにも、通販の売り上げを向上させたいのであれば店舗とは別に通販用のランディングページを制作するなど、ページ内に複数のゴールを設定しないように注意してください。

image image
エステ・リラク向けランディングページは、サロンのイメージやキャンペーン情報、お得な情報などユーザーのメリットを的確に訴求することが重要です。特に、店舗の写真や、お客様が体験しているような写真のイメージは、ユーザーが『このお店にぜひ行ってみたい』と思えるようなものを起用し、コンテンツ力の高いランディングページを作りましょう。
池田直樹

エステ・リラク向けランディングページ制作の相場・料金とは?

続いて、エステ・リラク向けランディングページの制作にかかる費用の相場について解説します。

ランディングページを3つのタイプに分類してそれぞれの特徴と制作費用を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

短めなランディングページの場合

ユーザーを店舗へと誘導するために必要なコンテンツだけを厳選して盛り込んだシンプルなランディングページの制作にかかる費用の目安はおよそ40~50万円です。

A4用紙に換算して6枚分程度の情報を記載することが可能で、内訳はパソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームとなっています。

平均的なエステ・リラク向けランディングページと比べてやや短めですが比較的少ない予算で完成させられるので、制作費用を抑えたい場合にはA4用紙6枚分の情報量を目安に設計することをおすすめします。

一般的なランディングページの場合

エステ・リラク向けランディングページとして一般的なボリュームのランディングページを制作する際にかかる費用はおよそ70~80万円です。

パソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームと上で紹介した短めのランディングページと同じ内訳ですが、A4用紙8枚分程度の情報を記載できるので、情報量を増やして訴求力を高めるにはぴったりの形態だといえるでしょう。

ブランディング特化型のランディングページの場合

ブランディングに特化したランディングページの制作にかかる費用はおよそ100~120万円となります。

ブランディングとは「○○といえば○○」といったようにブランドのイメージを明確化して世間に定着させることを目的とする施策を指し、ランディングページにおいてもポピュラーな施策のひとつです。

多めの予算が必要となりますが、ブランディング特化型のランディングページではパソコン向けページとスマホ向けページ、問い合わせフォームに加え、写真の選定がオプションとして付帯します。

中には写真の撮影まで付帯するケースもあるため、高い費用対効果を備えた形態だといえるでしょう。

ランディングページ制作の料金と相場について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

【相場早見表あり】ランディングページ制作の料金と価格相場を解説

エステ・リラク向けランディングページを制作後に実施したいマーケティング戦略

ここではランディングページ制作後に併せて実施したいマーケティング戦略について紹介します。

エステ・リラクの分野にその施策が適しているかどうかに主眼を置いて解説するので参考にしてください。

ホームページの一部分に採用

冒頭で説明したように、ホームページとランディングページには明確な違いがありますが、ランディングページをホームページの一部として採用すれば、ホームページの訪問者をスムーズにランディングページへと誘導することができます。

主に広告から店舗全体情報へ直接流入を想定して実施される施策で、エステ・リラクの分野とも相性が良いので選択肢のひとつとして頭に入れておくと良いでしょう。

リスティング広告

検索したキーワードに応じて表示される内容が変化するネット広告をリスティング広告と呼びます。

店舗系のランディングページと併せて実施する場合には、たとえば「青山+エステ」といったようにエリアで絞り込むことで効率的なマーケティングが可能です。

ターゲットに対してピンポイントでマーケティングできるリスティング広告はエステ・リラクの分野と非常に相性が良い施策のひとつなので、ぜひ検討してみてください。

SNSマーケティング

インスタグラムやフェイスブックといったSNSを活用して情報を拡散するSNSマーケティングはエステ・リラクの分野と特に相性の良いマーケティング戦略です。

SNSマーケティングには「ユーザーの視点から訴求しやすい」「情報が拡散されやすい」など口コミに近い性質があり、ランディングページと組み合わせることで高い集客効果が期待できます。

一方でSNSマーケティングには炎上しやすいというデメリットがあるため、実施する際は事前に専門業者に相談し、炎上の対策をしておくことをおすすめします。

【厳選ピックアップ】エステ・リラク向けのランディングページ制作で参考になるサイト3選

最後に、エステ・リラク向けランディングページを制作するにあたって参考になる3つのおすすめサイトを紹介していきます。

どれも優れた設計のサイトなので、ランディングページ制作の参考にしてください。

毛穴専門サロン ウビクエ

こちらは毛穴専門サロンのランディングページです。

施術中の写真やメディアへの掲載実績、店舗のこだわりなどこの記事で解説した基本要素をしっかりと盛り込んだ正統派の店舗系ランディングページに仕上がっています。

施術の流れを写真付きで記載して施術のイメージを伝えるとともにユーザーの不安を解消しているなどプラスアルファの工夫も見て取れるので、ぜひ参考にしてください。

キレイサローネ

こちらは痩身エステがメインのエステサロンのランディングページです。

ファーストビューに施術中の写真と施術費用、実績を具体的な数字とともに掲載してユーザーの興味を惹きつけることに成功しています。

施術の流れやお客様の感想レポートを写真付きで掲載するなどコンテンツ力の高いランディングページとなっているので、ぜひ隅々まで目を通して設計のノウハウを学び取ってみてはいかがでしょうか。

VS28 スキンケアスタジオBALI

基礎化粧品会社直営を売りとしたスキンケアサロンのランディングページです。

ファーストビューにCVコンテンツとコンバージョンボタンを配置したセールス色の強い設計となっていますが、施術中の写真やスタッフの写真などの画像をふんだんに掲載することで、押しつけがましさを感じさせないつとめて自然な仕上がりとなっています。

こちらも店舗系のランディングページとしてはかなり堅実な設計だといえるので、ぜひランディングページ制作の参考にしてください。

ランディングページを制作して情報を的確にユーザーへ伝えよう

ランディングページはエステ・リラクの分野において集客数を向上させる有効な手段のひとつです。

優れたランディングページを完成させるための道筋には無限のバリエーションがあるといっても過言ではなく、答えはひとつではありません。

この記事には集客力の高いランディングページを完成させるために必要な情報がたくさん詰まっているので、ぜひランディングページ制作の参考にしてください。

この記事のおさらいポイント

・ランディングページにはユーザーを店舗へ誘導する役割がある
・エステ・リラク向けランディングページでは店舗や施術のイメージが重要
・ランディングページの制作費用は40万円から120万円が相場
・他のマーケティング戦略と組み合わせれば相乗効果が期待できる

WEB集客をご検討中の方へ 初回無料相談・お申込みはこちら

  • 03-3431-0399 受付時間10:00〜19:00(土日祝を除く)
  • 無料相談・お問合せはこちら無料相談・お問合せはこちら
  • 最速で成長したい人へ。世界が認める「売れるコンテンツ」をつくろう
  • 売れるシナリオを作れる人へ 求む! 幅広い事業を手掛けるWebマーケター!
  • ZERO式ランディングページ年間120ページの制作実績
  • ZERO式コンテンツマーケティング月間1200記事の制作実績